IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月30日(日)

11R

2014年3月30日(日) | 3回中山2日 | 15:30発走

第21回マーチステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:小雨 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) ハンデ | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

「前走は流れが向かなかった。この斤量はギリギリ我慢が利くと思うし、得意の舞台。この馬向きの流れになってくれれば」(相沢調教師)。 ◎追い込みタイプの割に中山は堅実。あとはハンデ次第か。
「除外続きで太めの前走が2着と好走。中山には良績はありませんが、55キロで出られるし、前で渋太さを生かせるようなら楽しみですね」(友道調教師)。 ◎徐々にオープンの流れに慣れてきている。叩き2戦目で絞れてくれば……。
「再度平地に戻してみる。障害の効果もあるだろうし、相手は揃っているが、どこまでやれるかその点に期待をかけてみたいね」(鈴木康弘調教師)。 ◎出戻り後のオープン特別が案外。一変は?
「ダートでの追い切りの動きが悪くなかったので、初のダートでも問題はないと思います。休み明けを叩いた効果もあるし、能力通りの競馬なら……と思っています」(三浦調教助手)。 ◎初ダート。芝での実績は認めるが、このメンバーで即通用するかとなると?符も。押さえまでか。
「前走は加速が付いてからが速かったね。一戦毎に体がシッカリしてきたし、まだダートでは底を見せていない馬。重賞で相手は強くなるけど楽しみの方が大きいね」(大竹調教師)。 ◎久々+昇級戦でいきなり勝利。キャリアからノビシロは十分でここも要注目。
「長期のブランク明けだし、初ダート。まずは1度叩いてからになるだろうね」(戸田調教師)。 ◎条件が厳しい今回は様子見が妥当か。
「初ダートになるけど調教で動く馬だし、パワーもあるので問題はないと思う。相手は揃っているが、55キロのハンデを生かして頑張って欲しいね」(岩元調教師)。 ◎初ダートでこの相手では……。
「放牧明けだが仕上がりは悪くないよ。今回は昇級戦で重賞と条件は厳しいけど、コース相性とハンデ差を武器に一つでも上を、と思っている」(早川調教助手)。 ◎中山との相性は抜群。今回は相手関係がカギ。
「放牧明けですがいい状態で出走できますよ。昨秋のこの舞台でいい勝ち方をしているし、近走を離れて変わり身に期待したいですね」(辻野調教助手)。 ◎叩いた方がいいタイプだが、中山でベルシャザールを破った経験あり。無視はできず。
「斤量は許容範囲。立ち回りが上手な馬だし、自分のリズムで走れればこの相手でも十分上位争いができると思っている」(野中調教師)。 ◎ジャパンDダービーでクリソライトの2着。前走で特別勝ちと力を付けている。コース替わりOKでここも有力視。
「1度叩いて体に締まりが出てきたし、追い切りの動きも良かったからね。あとは前々でスムーズな競馬ができれば……かな」(崎山調教師)。 ◎叩き2戦目で息は持つはず。あとは前でスムーズな競馬ができるかどうか。
「前走は厳しい流れを我慢して5着と善戦。ここにきて力を付けているし、相手は揃ったけど流れに乗った競馬ができれば差のない競馬ができるのでは……と思っている」(高橋義忠調教師)。 ◎ジワジワ力を付けている。オープン初挑戦で5着なら悪くなく、ハンデ次第で。
「前2走が案外の結果だが、2走前の金沢で腰を痛めたことが響いたのかも。その後はジックリ立て直したし、復調ムード。力は上位だし、今回は近走のようなことはないと思うので楽しみ」(音無調教師)。 ◎実績は上位だが前2走が負け過ぎ。中間の状態とハンデに注意したい。
「前走後は放牧を挟んでここに。順調に乗り込み、仕上がりは悪くないからね。今回は55キロで出られるし、前進を見込んでいる」(相沢調教師)。 ◎近走内容から強調材料が見当らず。
「マイル戦は自分のリズムで走れないね。今回はコーナー4回の中山1800メートル。得意の舞台に替わるし、巻き返しを期待している」(中竹調教師)。 ◎前残りの前走、一瞬見せ場も12着に後退。相手関係が楽になる今回は見直す手も。
「使いつつ状態は上向いています。昨年のこのレースが58キロで2着。今回も同じ斤量での出走ですからね。発馬を決めてスムーズな競馬ができれば」(兼武調教助手)。 ◎昨年の2着馬。ただ、ここ2戦の内容から一頃のデキにはもう一つかも。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。