2014年3月29日(土)

11R

2014年3月29日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第62回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「近走は思った通り芝で結果を出してくれている。ここにきて体質が強化してきたことが今の充実振りに出ている感じ。さすがに今回は手強い相手がいるけど、今の勢いなら差のないレースができるのでは……と思っている」(萩原調教師)。 ◎昇級戦で別定戦では。
「今日は単走で追い切ったが動きは良かった。体重自体に変化はないが、中身が詰まって締まりが出てきているからね。距離はこなすと思うし、相手は強いが順調に使ってきている強味を生かし切れば」(松田博資調教師)。 ◎菊花賞4着。前走の重賞で向正面一気の捲くり勝ち。伸び盛りの馬でここでも警戒は必要。
「休養が長くなってしまったし、もう10歳ですからね。動き自体悪くはないけど、まずは1度叩いてからかもしれませんね」(橋本調教助手)。 ◎既に10歳。上がり目となると?も。
「近走が状態は悪くないのに結果が出ない。目先を変えて芝を使ってみるが、この相手にどこまでやれるかだろうね」(国枝調教師)。 ◎ダートから再度芝に。ただ、近走内容から上位までは?
「今回は骨折明けで長期ブランク明けの一戦だからね。いい頃に比べるとまだ8分程度といった感じだから。いきなりからとなると……」(国枝調教師)。 ◎良績ある中山だが、久々+この相手では。
「先週速いところを済ませてあるので、今週は馬ナリの調整。放牧を挟んでの一戦だけど、仕上がりはいいからね。今回も前走のような競馬ができれば楽しみだよ」(岡田調教師)。 ◎力を付けてはいるが、一線級が相手ではやや厳しいかも。ただ、連対の可能性はある。
「香港遠征後は放牧。この中間も順調に調整ができたし、仕上がりは悪くないですよ。中山にも実績があるし、楽しみ」(北村調教助手)。 ◎鉄砲は利くタイプ。距離もOKでここなら可能性も。
「放牧から帰厩後はジックリ乗り込んできた。一追い毎に良くなってきたし、休養前とほぼ同じくらいの体付きで出られると思う。ここなら力は上位だし、本番に向けて恥ずかしくない結果で臨みたいと思っている」(斎藤調教助手)。 ◎GIホースで実績は上位。あとは仕上がり状態だけ。
「追い切りの動きはマズマズかな。まだいい頃に比べると物足りない感じはあるけど、良化中であることは間違い無いから」(兼武調教助手)。 ◎一度叩いた効果でどこまで。
「金鯱賞の時より調整がウンと楽。ここまで予定通りの調整ができたし、最終追いも上々。コース・距離共に実績があるし、いい形で本番に臨みたいね」(中山調教助手)。 ◎大柄な割に鉄砲はOK。過去戦ってきた相手からここならチャンスも。
「休養効果で馬体が成長したし、動きにも迫力が出てきたからね。放牧明けでも乗り込みは足りているし、ここでもどんな競馬をしてくれるか楽しみだよ」(松永康利調教師)。 ◎ポン駆けは利くが、今回は相手関係がカギに。
「前走後は放牧を挟みここに。リフレッシュの効果は十分見られるし、トモがシッカリしてきた点もプラス。相手は強くなるけどロスのない立ち回りができれば」(和田正道調教師)。 ◎昨夏から力を付けている1頭。ただ、昇級戦がイキナリ重賞では。
「前走後は放牧に。帰厩後は順調にきているし、仕上がり早の馬で態勢は整っているから。体に重量感が出てきたし、再度ブリンカーを着けての出走。馬込みで脚をタメルことができれば」(兼武調教助手)。 ◎前走で復調気配を示した。一昨年の有馬記念2着馬で力は上位。ただ、叩いた方がいいタイプかも……。
「放牧明けになるが仕上がりは悪くない。ノドの方も今は問題ないからね。ただ、大柄な馬で中山がどうかという面はあるけど、昨年6着の時よりは動けるのでは」(橋田調教師)。 ◎初挑戦の重賞で即2着。相手は前走より強いが、軽視は危険。
「先週も速いところをやってあるし、今週の動きも悪くなかったからね。コース・距離ともに問題はないし、この馬向きの流れになってくれれば」(小島太調教師)。 ◎重賞になるともうワンパンチが欲しい印象。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。