2014年11月30日(日)

11R

2014年11月30日(日) | 5回東京9日 | 15:55発走

第34回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 |

「前走後は放牧でリフレッシュ。遠征から帰ってきてからのダメージがなかったので放牧先ですぐに乗り込めましたからね。いい感じで帰厩してきました。1週前の坂路では時計がかかったけど動きは悪くなかったし、日曜日の動きも体をシッカリ使えていたように本来の走りになってきましたから。今週は馬場が重かったことで時計は遅かったけど心配ありません。強い相手との対戦になりますが、昨年天皇賞を勝ったコース。距離は問題ないと思うので改めて見直したいですね」(須貝調教師)。 ◎凱旋門賞は59.5キロを背負っての一戦。8着でも仕方ないところか。遠征帰りの一戦で仕上がり具合がポイントになるが、前回のドバイ遠征時とはやや違う印象も。
「本国でシッカリ調教を積んできたので状態は100%と言っていいでしょう。(追い切りを控えたのは)リフレッシュさせることに重点を置いたためです。闘争心が豊富なことがこの馬のいいところ。できれば内めの枠が当たって欲しいし、雨が降ってくれれば尚いいですね」(カルヴァロ調教師)。 ◎凱旋門賞は18着と惨敗したが、その後のGI(バイエルン大賞典)を快勝しての来日。2戦2勝(共にGI)の鞍上、得意の距離でスピード決着に対応できれば怖い1頭。
「先週、併せ馬をやっているので、今日は単走で負荷をかけました。馬場が重かったことで時計は速くないけど、ここまで順調に調整できたことが一番。3連覇を目指してやってきたことで、状態は今までで最高と言えると思います。このレースがラストランになるかもしれませんが、今のデキなら昨年以上の走りが見せられると思っています」(石坂調教師)。 ◎今年勝てばジャパンC3連覇。昨年と全く同じローテーションでの参戦。まだ衰えは感じられず、今年も有力候補。
「前走はスタートで立ち遅れたし、気持ちが乗り過ぎて折り合いも欠いていましたからね。幸いダメージはなく、回復が早かった点は何よりでした。追い切りに騎乗した福永騎手も“前走時よりラストの伸びが違う と言ってくれましたし、体の使い方も良くなっています。馬場は問わないのであとはスムーズに折り合いさえ付けば」(辻野調教助手)。 ◎前走は久々でテンションが高く出負け。道中も掛かり気味で力を出せず終い。一叩きしてガス抜きができた今回、無視までは。
「レース間隔は詰まっているけど疲れもなく順調です。調教はそれ程動く馬ではないのでこれで十分でしょう。最近は安定して走ってくれているし、この相手に自力勝負で勝ち負けになるとは思えないけど、内めの枠を引いて展開の助けとロスのない立ち回りができれば、と思っています」(加藤敬二調教師)。 ◎さすがにここに入ると格負けの感。
「やれることは全てやってきたし、馬体も細くない。追い切りもシッカリやれたのでこのまま無事にレースを迎えられればいいと思う。多少の冬毛は時季が時季だから。馬に落ち着きがあるのもいいし、東京は能力を発揮しやすい舞台。53キロで出られるのもプラス材料だよ」(松田博資調教師)。 ◎凱旋門賞は日本馬で最先着。初の海外遠征後の一戦がどうなのか、その点が大きなポイントだが長めを入念に乗られ、心配はなさそう。53キロで出られる点も魅力。
「東京競馬場に移動してからすぐに環境に慣れましたし、落ち着きがあって体調はいいですよ。乗り易くて折り合いの不安がないことがこの馬の長所です。東京競馬場の馬場や速い時計にも対応できる馬ですし、真ん中辺りの枠を引けて中団より少し前くらいで競馬をしたいと思っています」(ピアース調教師)。 ◎過去GIはジャマイカハンデで1勝。以後の成績から判断するとこの相手では荷が重いかも。
「前走は直線で外に出せず不完全燃焼といったレースでしたが、復調を感じさせるレースだったと思います。先週、今週とジョッキーに騎乗してもらいましたが、ジョッキーもいい感触を得たようですからね。前走以上のデキで臨めると思います。折り合いに不安がないので距離延長はむしろ歓迎ですし、昨年2着した時と同じ舞台ですからね。期待したいですね」(辻野調教助手)。 ◎昨年の2着馬。昨年は秋4戦目がこのレースだったが、今年は叩き2戦目。ガラリ一変までとなるとどうか。
「前走後の疲れが抜けるのが早かったですし、ここまですこぶる順調にきています。今日はいつも通りの追い切りができましたし、反応も良かったですからね。前走は先頭に立つのが早かったですがよく頑張ってくれたし、距離もダービーで経験済み。今回は乗り慣れた鞍上の騎乗ですし、この馬の持ち味を出してくれれば、と思っています」(栗田博憲調教師)。 ◎最有力路線の天皇賞組。古馬相手も今回が2戦目、得意の東京、55キロの斤量。距離もOK。前走は早め先頭で馬が遊んだための3着。最後まで集中すれば。
「前走は内に入れず前にカベを作れなかったことで力んで走っていたし、外を回らされるコースロスもあったからね。枠順に尽きると思いますよ。今週の追い切りは思った以上に動いたし、手応えは相手の方が良かったけどいい併せ馬ができたと思います。前走がこの馬の実力だと思っていないし、ダービーを勝った舞台で再度あの走りができるようなら……と思っています」(橋口調教師)。 ◎菊花賞は前にカベを作れずやや掛かり気味。おまけに外々を回らされるコースロスも。ダービーを勝った舞台、菊花賞で負けた馬の活躍が見られるこのレース。見直しが必要。
「年齢的なものなのか好調時に比べると動きに物足りなさはありますが、1度使ったことで体に張りが出てきたことは確かですね。スタミナがあるので距離は問題ありませんし、東京コースも合っている馬。あとは当日に気持ちが入ってくれれば」(池江調教師)。 ◎過去3年間、このレースは2、6、3着。今年は6着の時と似たローテーションで上位争いまでは?
「今日は馬場が重かったですからね。時計的にこの程度でも十分だと思います。ここまで順調に調整ができたし、体調面はいいです。相手が揃っているので大きなことは言えませんが、デキの良さでどこまでやれるか……でしょうね」(南井調教師)。 ◎ここではさすがに楽な競馬は望めそうになく、上位は?
「今日は予定通りの追い切りができました。仕掛けてからの反応も良かったですよ。天皇賞は直線で少し窮屈になるシーンがあったし、力を出し切っていなかったですから。更に相手は揃いますが今のデキの良さでどこまでやれるか……、改めて見てみたいですね」(小島太調教師)。 ◎GIではまだ家賃が高すぎる印象。
「前走後は爪を痛めたので放牧に。帰厩後は順調に調整ができたし、今日の併せ馬の動きも良かったですからね。いい状態で出走できます。相手は揃いますが頑張って欲しいですね」(村山調教師)。 ◎ここでは明らかに力不足。
「元々調教は動く馬ではないので、これだけ動けば問題ありません。前走時と同じようにいい状態をキープできています。今回は前走以上に強い相手がいますが、再度前走のような脚を使ってくれればヒケは取らないと思います。今回も頑張って欲しいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎初重賞制覇がGIの天皇賞。素晴らしい末脚を発揮したが今回は距離延長であの脚が再度使えるかどうかがカギ。
「今日は馬場が悪かったけどそれを苦にせずいい動きをしてくれましたね。前走の敗因が正直分りませんが、レース後にすぐ息が入ったように力を出し切っていなかったことは確かでしょう。ストライドが大きいいので瞬発力勝負になるとどうかですが、他馬より早めに動く競馬を……と思っています」(戸田調教師)。 ◎天皇賞が負け過ぎの印象。距離は問題ないが、一変までとなると……。
「前走を叩いて体の硬さが取れてきたし、間違いなく体調は上向いていると思います。このメンバー相手にどこまでやれるかだと思いますが、復調が窺える今のデキなら以前の成績以上に走れると思います」(矢作調教師)。 ◎叩き2走目になるが近走の成績から強調材料に乏しい感あり。
「追い切りの動きが非常に良かったし、パフォーマンスが上がってきて状態に関しては今がピークと言っていいかもしれません。戦法に付いては考え中ですが、恐らく最後に追い込む形になると思います」(マニング騎手)。 ◎昨年のアイルランドダービー馬。ただ、それ以降は勝ち星がなく、速い時計の決着にもやや不安が残る。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。