2014年6月8日(日)

11R

2014年6月8日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第64回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:小雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

「元々素質があることは分かっていたけど、それにしても前走が強かったね。改めてこの馬の能力を再認識したよ。幸い、使った後も足元の不安は心配ないし、中2週でも体調は良好。前走でスピードにも対応できることを証明したし、マイルでも問題はないと思う。ここでどんな走りを見せてくれるか楽しみにしている」(平田調教師)。 ◎驚異的なレコード勝ちで復活をアピール。札幌2歳S、スプリングSの覇者が芝に戻して本領発揮だ。初のマイルでもスピードの裏付けは十分。
「前走後は短期放牧に。帰厩後も順調に調整ができたし、今日の追い切りもいつも通り。前走のように2番手からの競馬をすれば渋太い馬。年齢的な衰えはないし、高速決着になれば尚いいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎8歳でも元気。得意の東京で再度……と思うが、今回は相手が更に強化。過信は。
「先々週、先週も好時計をマークしたけど、今週の動きも本当に良かったね。動きに迫力が戻ってきた印象があるよ。ハナにはこだわらないが、ある程度前で競馬をするつもり。相手は強くなるけど、馬場でも少し渋ってくれるようなら楽しみだね」(平田調教師)。 ◎前走で復調気配を見せたが、GIIIで相手にも恵まれた感。今回走れば本物だが……。
「追い切りの動きは良かったし、ここにきて毛ヅヤも良くなってきています。去年の春当時と比べても状態面は上向いているし、復調気配にあることは確かです。調教コースを替えたことで気持ちの切り替えができると思うし、これがいい結果を生んでくれれば」(堀調教師)。 ◎3年前の3歳時にこのレースを制覇。昨秋に復調を見せたものの、前2走が案外。信頼性に欠ける印象。
「前走後は放牧には出さず、ここを目標に調整してきました。先週も併せ馬で負荷をかけているので、今週はラストを重点の調整。マイル戦に切り替えてから思った以上にいい結果が出ているし、相手は揃いますが鞍上の手腕に期待したいですね」(高田調教助手)。 ◎マイルは堅実。時計も短縮しており、高速決着にも対応できるようになっている。GIで相手は揃うが、一概に無視までは。
「来日後も順調です。今週の追い切りはいつも通り。状態はいいですね。過去2回も状態は良かったのに結果を出せませんでしたが、今シーズンは例年よりレース数を使っていないので、それがいい方に出てくれれば……と思っています」(サイズ調教師)。 ◎今年で3回目の挑戦。過去2回が14、11着と振るわず、明けて7歳になった今では一変も望み薄。
「前走は自分の時計だけは走っていたし、コース取りの差が出た感じかな。前走後も順調に調整ができたし、フレッシュな状態をキープできている。今回は牡馬の強豪が相手で楽なレースは望めそうにないけど、この馬が一番得意にしている舞台。何とか上位を目指して頑張って欲しいね」(田中清隆調教師)。 ◎今回はGIでも牡馬混合。楽な戦いになるかどうか。
「中3週なので単走で追い切った。最後はフラフラになってしまったけど、時計が速かったし(水曜日の一番時計)前走時よりも状態は上向きだよ。初の古馬との対戦になるけど4キロの斤量差があるからね。あとはスタートを決めてスンナリ行ければ」(音無調教師)。 ◎3歳馬で54キロで出られる点はプラスだが、初の古馬一線級との対戦。甘くはないかも……。
「前走後は放牧に。帰厩後も順調に調整できたし、先週ビシッと追ってあるので、今週はラスト重点でしたがいい時計をマーク。状態はいいですよ。馬は元気一杯だし、良績がある東京のマイル戦。まだまだヒケは取らないと見ています」(大久保龍志調教師)。 ◎昨年の3着馬。鉄砲は利く馬で衰えも見られず。
「先週、今週と王者の風格を感じさせるいい動きをしてくれました。思っていた以上に時計が速いのはそれだけ状態がいいということ。久々の騎乗になる柴田(善臣騎手)君も、前回より成長していることにビックリするんじゃないかな。今は世界中から注目される立場。日本のファンの前でいいパフォーマンスを見せられたらいいと思っています」(須貝調教師)。 ◎ドバイDFを6馬身差の圧勝。今までの詰めの甘さが嘘のよう。マイルにも実績があり、首位争い。
「この中間は放牧には出さず厩舎で調整。体が硬いので強い調教をやると疲れが残ってしまう馬。前走は普通の調教ができなかったが、今回はうまく調整できたからね。その点で状態は前走時より間違いなく上向き。まだ昨年のデキには一息だけど、この後のケアでどこまで戻せるかだろうね」(梅田智之調教師)。 ◎復調に手間取っているが、ようやくこの馬らしさが戻ったようだ。マイルはむしろ歓迎で、昨年2着の鬱憤を晴らすか。
「阪急杯(3月2日)から始動の予定で一旦帰厩したが、調教中に骨折したため再放牧に。その後はここを目標に調整。今週は折り合いを確かめてもらう調教で時計はたいしたことないけど、追う毎に良くなっているから。あとは久々がどう出るかだろうね」(矢作調教師)。 ◎近走内容から往時の勢いは薄れた印象で。
「今日はもっとスパッと抜けると思っていたけど……。それでも息の入りはいいし、真面目に走っていない感じなのかも。それでも実戦で走ってくれればいいからね。ここにきて素質が開花してきたし、まだ底を見せていない魅力がある馬。この相手でも楽しみだね」(藤原英昭調教師)。 ◎初重賞の前走でイキナリ2着。マイルは堅実でコース替わりもOK。勢いがあるので警戒は必要。
「前走は直線で他馬と接触する不利がありながらも怯まずに好走。時計も速かったし、内容のあるレースだったと思います。先週、今週といい動きをしてくれたし、東京のマイル戦もこの馬にはピッタリ。叩いた上積みも見込める今回は好レースができると思います」(橋口調教師)。 ◎舞台設定はいうことないが、GIではやや心もとない。崩れはないと思うが、勝ち切るまでは……。
「3週に渡ってシッカリ追い切り、仕上がりに関しては言うことナシ。東京コースは良績があるし、間隔を開けた時に結果が出ているからね。マイルCSの時よりメンバーは揃ったけど、ここで何とかキッカケを掴んで欲しいね」(西園調教師)。 ◎距離、条件を色々試しているが結果が出ない現状で。
「今日はノビノビと気分良く走れていたのは何より。時計云々よりそれが重要。左回りに関しては当時と今とでは馬の成長度が違うからね。先入観をもって判断するのは可哀相だと思う。馬が完成した今なら問題はないと思っているので、東京でもいいパフォ-マンスを見せられると思う」(藤原英昭調教師)。 ◎久々は問題ナシ。距離の変動はマイルCSで立証済み。ただ東京2走、新潟2走がいずれも凡走。左回りがどうかの不安はある。
「前走後は放牧に。帰厩後は順調に調整ができたし、2週に渡りいい追い切りができました。決して完調とはいえなかった前走(中間にフレグモーネ)があの勝ち方。順調さでは前走を上回っています。体は更に増えていると思いますが、それは筋肉が付いてきて一回り成長したからで問題ありません。メンバーは揃いますが楽しみですね」(兼武調教助手)。 ◎素質馬がようやく復調。前走レコード勝ちの反動もなく、今回も好勝負に。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。