IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年2月23日(日)

11R

2014年2月23日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第31回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

「前走がもう1本追い切りが欲しい状態で勝ってくれましたからね。叩いて更に良くなっていますよ。ダートに切り替えてから堅実に走ってくれていますし、相手は強くなりますが、まだ底を見せていない感があります。どこまでやれるか楽しみはありますよ」(池江調教師)。 ◎一息と思われた前走を快勝。ダートに切り替えてから安定した成績を収めているが、今回はさすがに相手が強いか。
「前走を使ったダメージはなく、今日の追い切りの動きも悪くなかったですよ。先々はGIにいける素材だと思っていた馬だから、メンバーが揃っている今回でも恥ずかしくない競馬をしてくれるのでは……と思っています」(石坂調教師)。 ◎武蔵野Sでベルシャザールに0.1秒差の3着。更にパワーアップが見込め、ここでも要注意。
「前走後はここを目標に調整してきたので状態面は言うことありません。追い切りの動きも良かったですしね。そうはいっても今回は歴戦の強豪が相手ですからね。とても大きなことは言えませんが、今のデキの良さと勢いをもってしてどこまで戦えるかを見てみたいと思っています。先に繋がる競馬をしてくれれば」(中竹調教師)。 ◎近走が安定した走り。ただ、今回は相手が相手。定量戦では。
「前走後は厩舎で調整。コンスタントに使っているので大きな上積みはないけど順調そのものだよ。8歳になるけどまだまだ元気だしね。地方のパワーを要する馬場より軽い中央の馬場の方が合うと思うし、マイルは少し忙しいかもしれないけど、昨年のこのレースが直線、前が開かずに3着と走っているので大丈だと思う。この馬向きの流れになるようなら」(佐藤正雄調教師)。 ◎GIに手の届く位置にいるが勝ち運がない点が気になる。ただ、明けて8歳でも衰えはなく、今回も崩れることはないだろう。
「追い切りの動きは相変わらずいいね。前走は58キロも応えたし、やはりこの馬は逃げた方が良さそう。現に逃げた時に結果を出しているしね。今回はハナにこだわる競馬をするつもりだし、マイペースで行けるようなら」(西園調教師)。 ◎4歳で58キロは厳しかった。行ってこそのタイプで今回は積極策でどこまで。
「前走が絶好調と言えるデキだったけど、今回も同じ状態をキープできているのでその点は大丈夫。追い切りはラスト重点だけど、体はできているのでこれで十分。マイル戦に関しても芝のアーリントンC(GIII)を勝っているので大丈だと思う。この馬の持ち味を発揮できればここでも楽しみだね」(浅見調教助手)。 ◎地力アップは認めるが、相手関係とこの距離が微妙。
「前走で左回りも克服してくれたし、順当勝ちとはいえ内容的にも良かったと思うよ。今日の追い切りの動きを見ると一昨年のJCダートを勝った時に戻ったような走りだったし、いい状態で臨めるよ。先行力もスピードもあるのでマイルにも対応できると思うし、好結果を期待したいね」(大橋調教師)。 ◎実績は上位の部類。初の東京+マイル戦に対応できるかどうか、その一点だろう。
「今日は最後までシッカリ追えたし、動きも悪くなかったから。中間は降雪の影響で乗れない時もあったが、まずは順調に調整ができたので大丈夫。マイル戦、ジョッキーも初になるけど、新鮮な気持ちで乗れる分、いいんじゃないかな。あとは末脚を生かせる流れになってくれれば」(相沢調教師)。 ◎相変わらず末は堅実。1800メートルがベストで、今回はマイルに対応できるかどうかがポイント。
「休み明けを叩いた効果は十分見られますね。追い切りの動きは良かったし、元気一杯です。前走は直線でなかなか前が開かず、脚を余す形になりましたから。相手は揃いますがスムーズな競馬ができれば、と思っています」(橋田調教師)。 ◎根岸Sは5着とはいえ少差。マイルは歓迎も相手関係は更に厳しくなる点がどうか。
「今日は強いパートナーを相手に併せ馬をしたけど、いい動きだったし、馬場を考えれば時計も上々といえるよ。マイルは初めてになるけど、掛かる馬ではないので大丈夫と見ているんだが、その点は鞍上が考えてくれるのでは……。前走とは違った結果を出してくれることを期待したいね」(加用調教師)。 ◎意外に脆かった前走。中央のダート巧者に交じると簡単にはいかないかのかも。距離延長も微妙で。
「調教駆けする馬を前に置いての形ですがこれだけの時計が出れば上等ですし、いい追い切りができたと思います。間隔は開きましたがそれは勝ちを意識してのこと。馬が逞しくなっているし、ジョッキーの手替わりも問題ありませんから。大目標(ドバイWC)に向けていいスタートを、と思っています」(松田国英調教師)。 ◎ダート路線に切り替えてから4着以下ナシ。GIまで制して今ではダートのトップクラスに。当該舞台で武蔵野Sを勝っている点も強味。久々がどうかだけ。
「前走は出負けしたうえに仕掛けると行ってしまいましたかね。あれでは最後が甘くなってしまっても仕方ありません。一度叩いた上積みは見込めますし、距離が延びる点も問題ありません。JCダートで善戦したことを考えればここでも、と思っています」(鮫島調教師)。 ◎1ハロン延長はプラス。あとは力関係だけ。
「休み明けの2戦が物足りない内容だけど、使いつつ状態は上向いています。坂路からコース追いに切り替えた効果も出てきています。とはいえ、今回は相手が相手ですからね。どこまでやれるか……でしょうね」(鹿屋調教助手)。 ◎交流重賞勝ち以降の2戦がややカベを感じる内容。相手も強化で。
「前走は久々だったし、前に行った組に厳しい流れになってしまいましたからね。一度叩いた上積みは見込めますし、この舞台を得意にしている馬。8歳になりますがまだ衰えはないという姿を見せて欲しいですね」(池江調教師)。 ◎得意の東京だが既に8歳。叩かれた上積みは見込めても、上位争いまでは。
「今日の追い切りは時計もいいけどラスト1ハロンが余力十分に12秒2。状態は絶好と言ってもいいんじゃないかな。昨年3着の時はソラを使ったことで、それを教訓に後ろから差す競馬を教えてきたし、やるべきことは全てやってきたからね。いいメンバーが揃ったけど、ここもクリアして欲しいね」(西浦調教師)。 ◎使い込めば使い込むほどいいタイプ。距離・コース共に問題なく、使っている強味を生かせば。
「追い切りはいつも通りですが、動きは悪くないですよ。明けて8歳になりますが前走の末脚を見るとまだ衰えは感じません。今回は相手が強化される点と、マイルに延びる点がどうかですが、末脚が生きる流れになるようなら……と思っています」(藤沢則雄調教師)。 ◎前2走ともに最速の末脚。衰えは全く見られない。今回も展開の助けがあれば。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。