2014年2月17日(月)

11R

2014年2月17日(月) | 1回東京4日 | 15:45発走

第64回東京新聞杯(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「ここまで順調に使ってきてきているし、状態面に関しては変わりはありません。短距離では忙しい感じがあるので今回はマイル戦に使うことにしましたが、何かキッカケを掴めればと思っています」(野見山調教助手)。 ◎既に8歳。上がり目は望み薄で。
「前走後は放牧に出しましたが、早めに帰厩してここに備えました。1週延びたけどサラッと追った動きが良かったし、いい状態で出られますよ。最近は母系のマイラー色が強く出てきているので、この距離はピッタリ。この相手でも楽しみ」(藤沢和雄調教師)。 ◎東京のマイルがベストで、舞台は絶好。重賞ではスプリングS4着と函館記念4着が最高で、もう一押しといった感も、この条件なら軽視までは。
「休み明けになるけど長めを乗ってきているし、休養前と変わらない状態で出走できるよ。ここにきて折り合い面に進境が窺えるので、相手は揃っているが頑張って欲しいね」(松田博資調教師) ◎この相手では正直、厳しいか。
「追い切りの動きが良かったし、出走できることになったので参戦。今回は初のマイル戦がどうかと思うけど、今回も自分の競馬に徹するだけ。マイペースで行けるようなら」(村山調教師)。 ◎ここでは正直、相手が揃った印象。
「1週延びたとはいえ、輸送があったワケではないから影響はないですよ。仕上がり状態はいいですし、今は落ち着きが出ていい雰囲気。流れに乗った競馬もできるようになっていますからね。今回は牡馬の強敵相手と楽なレースではないけれど、持ち前の瞬発力を生かして頑張って欲しいですね」(橋本調教助手)。 ◎今回は相手が相手で楽な競馬とは。
「予定していたレースを除外されたが、その分シッカリ乗り込めたし、仕上がりは万全。体も戻っているしね。雪で1週延びたけど古馬でもあり、あまり影響はないからね。年齢的な衰えはないので2年前のように前で流れに乗った競馬ができればここでも差のないレースができると思っている」(西園調教師)。 ◎得意の中山を除外されたことは痛かった。衰えはないだろうが、1年余りの休養明けで東京のマイルでは。
「前走後は放牧でリフレッシュ。ここまで入念に乗り込んできたし、仕上がり状態は悪くないと思います。雪で1週延びたけど状態面に変動はないのでその点は大丈夫。ただ、今回は牡馬混合で57キロを背負いますからね。休み明けでもあるし、その点がどうかだけどいいスタートを切って欲しいと思っているんですが……」(田中清隆調教師)。 ◎連対10割のマイル、実績ある東京だが牝馬の割には叩いた方がいいタイプ?! 無視はできない反面、過信も……。
「昨秋は疲れがピーク。放牧で立て直した効果で今はスッカリ回復。冬場にしては体も絞れてきているし、いい状態で臨めそうです。1週延びた影響もないし、マイルの適性は高い馬。自分のリズムで走れるようなら」(藤沢和雄調教師)。 ◎距離は歓迎。それでも明けて8歳。更なる上積みとなると……。
「中止で1週延びたけどシッカリ追い切りました。体調面はいいですよ。冬場は走る馬ですし、マイルも安田記念5着から問題ないと思います。鉄砲が利く馬で東京も得意ですからね。目標の高松宮記念に繋がる競馬を期待したいですね」(尾関調教師)。 ◎マイルは問題ないとは言え、ベストは1400メートル。ただ、安田記念5着の成績から軽視までは危険か。鉄砲は問題ナシ。
「前走後は放牧で立て直しを図ることに。帰厩後は順調に乗り込んできているが、中止で1週延びたことで調整が難しくなったからね。体重こそ減っているけど、できれば先週使いたかったよ。それでも実績は上位なので、能力に期待を……と思っているんだけど」(梅田智之調教師)。 ◎ロードカナロアを脅かした安田記念(クビ差2着)。折り合いの苦労がない距離でGIIIならアッサリのシーンも。
「血統面とコースを考えてマイル戦を選んだことが正解でした。前走後はここを目標の調整。追い切りの動きも良かったし、今が充実期に入った感じがありますね。ただ、凄く状態が良かっただけに中止で延びた点は正直痛かったですが、ここで結果を出せるようならGIも視野に入ってくると思う。頑張って欲しいですね」(松田調教助手)。 ◎金杯はルメール騎手の好騎乗で初重賞制覇。良績ある東京、マイルで今回も善戦は可能。
「一度輸送してどうかと思ったが、テンションも下がらずいい動きだったよ。当初からここを目標にしていたので仕上がりはいいし、相性がいい東京。取り合えず今回は舌を縛っていく予定。是非、良馬場でやりたいね」(橋口調教師)。 ◎ベストの舞台で昨年の覇者でもある。今回、57キロを克服できれば連覇も。
「先週やってあるので、今週は馬ナリでサッと。1週延びたけど体調はキープできていますからね。ここにきて心身共に成長していますし、前走騎乗のリスポリ騎手が、騎乗後にマイル戦に、と言うことでここを目標にしてきました。朝日杯FS2着からスピード負けはしませんし、マイルへの適性は高いハズ。楽しみにしています」(藤沢和雄調教師)。 ◎昨秋の天皇賞で5着とようやく復調気配。久々のマイルがどうかも、侮れない存在に。
「先週の時点では少し余裕があったので、1週延びてもう一本追えたのは良かったかも。連続輸送で体が絞れる点もプラスに出ると思うしね。ここにきて折り合いにも進境が窺えるのでマイル戦も克服できると思うし、得意の東京。初のオープン相手になるけど楽しみはありますよ」(寺井調教助手)。 ◎3戦3勝の東京。ただ、今回はさすがに相手が揃った感。
「再輸送の競馬になるので今日は軽くラストを伸ばす追い切り。幸い、飼い葉食いが良く、ダメージは見られないので状態面の不安はないと見ています。以前より落ち着きが出てきたし、今回は良績があるマイル戦。次が楽しみになる結果を出して欲しいと思っています」(友道調教師)。 ◎牡馬の強敵相手では厳しかったか。近走がもう一つピリッとしないが、得意の東京・距離で変わる可能性も。
「中止による輸送のダメージはないので大丈夫。ここにきて大分いい頃の感じに戻ってきたし、馬場が渋る点もこの馬にはプラス材料だと思うよ」(池江調教師)。 ◎毎回ソコソコまでは来るが、もう一押しが利かない印象。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。