競馬 - 関西テレビ放送賞ローズステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年9月15日(日)

11R

2013年9月15日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第31回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 |

「追い切りは少しゴチャ付いてしまったけど、いい動きだったし、前向きな気持ちも出ていました。春に比べて体がフックラしてきたし、筋肉も付いて大分成長してきたことは何よりです。最後は確実に脚を使う馬だし、ロスのない立ち回りができれば……と思っています」(角居調教師)。 ◎器用な脚はないが、切れは抜群。前に有利な馬場がどう出るかだけ。
「前走後はこのレースを目標に調整してきた。思い通りのメニューを消化できたし、いい状態で臨めるよ。成長の跡が窺えるし、トモがシッカリしてきて追い切りでも動くようになってきている。秘めた能力は高い馬だし、ここでも楽しみ」(田代調教助手)。 ◎500万を勝ったばかりだが、能力は秘めた馬。重賞でいきなりは?だが見せ場くらいは。
「前走は久々で初の古馬相手。しかも洋芝だったからね。今週の追い切りに騎乗した和田騎手が“体に芯が入ってきた”と言ってくれたように、今は充実してきた感があるし、ここで何とかいい結果を、と思っている」(大久保龍志調教師)。 ◎春はクラシック戦線でそれなりに活躍した馬。叩き2戦目の今回、注意は必要か。
「先週速いところをやったので、今週は馬ナリだったけどいい動きだったね。馬に落ち着きが出て、精神面の成長が窺えるし、春に見られた自分から止めようとする面を出さなければ見直せるハズ」(須貝調教師)。 ◎一戦毎の馬体減りが影響したのか、春は尻すぼみ。立て直した効果が出るようなら。
「夏を無事に過ごせたのは何より。春とガラッと変わった印象はないけど精神面の成長は窺えるね。今週は輸送もあるし、追い切りはラスト重点だけどいい動きだったし、輸送さえこなせば力は出せると思う。能力さえ出し切れば勝負になると思うよ」(橋本調教助手)。 ◎鉄砲は利くタイプ。1勝馬でも実績は上位で、ここも要注目。
「前走は体調面(中間熱発)もあったし、初の古馬相手だったからね。その後は順調に調整ができたし、状態面は問題ナシ。ノビノビ走れる阪神で改めて見直したいと思う」(牧田調教師)。 ◎距離を延ばして良さが出た馬。開幕2週目でこの距離は少々不向きかも。
「春当時は飼い喰いが細く、調整に苦労したけど、夏を越して大分体が成長してきたよ。ジョッキーも調教に騎乗して感触を掴んでくれているし、今のデキでどれだけやれるか、楽しみにしているんだ」(兼武調教助手)。 ◎馬体の成長が課題の馬。逞しさが出てきているようなら。
「春先は展開、位置取りなどチグハグな競馬が続いて結果が出なかった感じ。前走後は放牧に出して充電。その効果で馬体も成長したし、精神面でも大人になってきているからね。本番に向けて是非ともいい競馬を……と思っている」(須貝調教師)。 ◎2歳女王の面影が見られなかった今春のクラシック。休ませたことがいい方に出ればまだ見限れない。
「前走の敗因が不可解だけど、折り合えた点に収穫はあったかな。追い切りの動きはいいし、叩いた上積みもあるからね。フローラS3着くらい走ればここでも差はないと見ているんだけど」(千田調教師)。 ◎470キロあった体が前走も460キロ台。まだ戻り切ったと言えず大望は。
「放牧から帰厩してからは中身の濃い調整ができたし、完璧とは言えないまでも走れる態勢には仕上がりました。体型的に短距離からマイル向きの印象があるので、今回は距離適性を見極める意味での一戦になると思います」(安田調教師)。 ◎オークスは馬体減りが応えたか。夏場を休養に充て、立て直した効果が出れば好戦可能。
「前走後は放牧に。帰厩後、ガレていた体が大分戻ってきたので、前走と同じくらいの体重で出られると思う。距離は問題ないけど、相手が強化されるからね。どこまでやれるかになるだろうね」(武調教助手)。 ◎函館で500万勝ち。今回は牝馬同士とはいえ、相手が揃った感。
「前走は久々の上に昇級初戦、しかもあの馬場で終始ノメり通しでは、あの結果でも仕方がなかったと思う。叩いた上積みは見込めるが本格化はまだ先だし、現時点でどこまで戦えるかを見てみたいね」(大久保龍志調教師)。 ◎叩き2戦目でも今回は相手が相手で。
「前走の敗因は道悪に尽きるね。夏を越して力を付けていることは間違いないし、相手は揃ったけど、良馬場でもう一度見直したいと思っている」(西浦調教師)。 ◎2走前に未勝利を勝ったばかり。重賞では荷が重い。
「前走後はこのレースを目標に調整してきました。ただ、今回は相手が揃っていますからね。自分のリズムで走れればとは思っていますが、正直、今回が今後に向けての試金石の一戦と言えそうです」(加山調教助手)。 ◎古馬相手に戦ってきたことは大きな武器。あとは自分の競馬ができるかどうかだけ。
「状態は言うことナシ。決して道悪が上手な馬とは言えないのに、前走が強い勝ち方。それだけ力を付けているということだろう。良馬場での時計勝負では何とも言えないが、立ち回りの上手さで頑張って欲しい」(松水調教助手)。 ◎前走で芝向きは明らかに。ただ、速い時計の裏付けがなく、相手も揃った感。
「先週理想の併せ馬ができたし、今週は単走だけど素軽い動きで状態、仕上がりに関しては何も言うことはないね。夏を越して体が大きく成長。恐らく10キロから増えていると思うが、これは成長分。ハナにこだわる馬ではないし、器用に立ち回れることがこの馬の武器。この相手でも楽しみの方が大きいね」(中山調教助手)。 ◎2度の敗戦は敗因がハッキリ。それ以外の3戦は全て快勝と能力は確か。先行できる点も有利。
「前走後は放牧に。帰厩後はここを目標に調整してきた。オークスはやはり距離が影響したことを考えれば、この距離はいいと思う。競馬のセンスがあってどんな競馬もできる馬。この相手でも楽しみ」(田代調教助手)。 ◎小柄な馬だがレースは上手。成長次第では。
「今週はラストを伸ばす追い切り。先週より追ってからの反応がよくなりましたね。夏を越して馬体が増え、メンタル面の成長も窺えます。仕上がりに関しては何も問題はないので、本番に向けていいスタートを切って欲しいと思っています」(飯田明弘調教師)。 ◎実績はここなら上位。距離、コース共に問題なく、鉄砲もOK。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。