2013年2月24日(日)

11R

2013年2月24日(日) | 1回阪神2日 | 15:35発走

第57回阪急杯(GIII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「阪神Cからあまり日がないので、今回は放牧に出さずこっちで調整をすることにした。中間は順調そのものだし、今回はベストといえる舞台。本番前の一戦で多少余裕はあるが、そこに繋がる競馬を期待している」(大久保洋吉調教師)。 ◎阪神は走る馬。冬場にも良績があり、今回も要注目。
「今日はラスト重点の追い切りだけど、よく伸びていたし、状態は確実に上向いているよ。前走、勝負どころでの反応が鈍かったのは体に余裕があったため。今回はシッカリ追って体も絞れてきたから。いい雰囲気になっている今回は楽しみだね」(中尾調教師)。 ◎前走に復調気配。昨年の覇者でもあり、打倒ロードカナロアの最有力候補か。
「日曜日の時点でほぼ仕上がっていたので、今日は気持ちを乗せる調整。状態に関してなら前走以上と言ってもいいと思うよ。今は単なるスピードを生かすだけの馬ではなくなっているので、距離は問題ないと思う。この距離のスペシャリストが揃っているけど、まず負けられない一戦だよ」(安田翔伍調教助手)。 ◎入念な乗り込みで、ここを目標に順調な仕上がり。鉄砲は利くし、馬格から初の58キロでも問題はなさそう。
「前走は展開が向いたとはいえ、見せ場は十分。自分の形に持ち込めれば実に渋太いね。この舞台には実績があるし、開幕週の馬場もプラス。今回も自分のレースができるようなら」(浅見調教助手)。 ◎行ってこその馬で今回も同型との兼ね合いだけ。当該舞台の阪神牝馬Sでマルセリーナを破った馬、流れ一つでは。
「前走は外から来られて位置取りが悪くなってしまったが、最後はいい脚を使ってくれたからね。内容的には評価できると思っている。今回は流れに応じた競馬をする予定なので、あとは馬込みを上手に捌くことができれば」(鮫島調教師)。 ◎時として出負けする馬でアテにはできないが、嵌ればいい決め脚を持っている。展開一つで。
「追い切りは少し遅かったし、まだ体に余裕を感じるので前日に少しやるかも。前走がモタレて全く競馬にならなかったが、あれがこの馬の能力じゃないからね。放牧で立て直した今回、改めて見直したい」(橋口調教師)。 ◎ゲートに課題を残すが、破壊力はなかなか。阪神は得意で発馬を決めて流れに乗れれば。
「前走は道悪が敗因だと思う。馬が嫌気を出して全く走っていなかったからね。前走後はリフレッシュに専念してその効果も十分見られるし、鉄砲も利く馬。距離は問題ないので最後まで集中して走ってくれれば」(須貝調教師)。 ◎ベストは1200メートルだが、マイルでも勝った実績があり、距離は守備範囲。今回は相手関係のみ。
「飼い喰いが安定して思い通りに調整ができるし、1200メートルを使ったことで馬がピリッとしてきた。状態面は言うことないが、今回は相手が揃っていることも確か。今回で引退の予定なので頑張って欲しいが……」(小島太調教師)。 ◎前走も着順ほど負けていないが、阪神はもう一つ実績がなく、上位は?
「前走は展開が向かなかった割には頑張っていると思うし、最近は折り合いにも進境が見られるので距離延長は問題ないと思うよ。脚質的に展開の助けは必要だと思うけど、末脚を生かせる流れになるようなら」(浅見調教助手)。 ◎一番弾けるのが1200メートル。この距離は微妙で……。
「ここにきて精神面の成長が見られるし、馬が充実してきた感じ。今回は早目(金曜)に京都に入厩して、土・日と馬場入りをして万全を期すつもり。この距離でレコード勝ちした実績があるし、重賞でもどこまでやれるか楽しみ」(萩原調教師)。 ◎目下3連勝と勢いはこの馬が一番。相手関係がどうかだが、立ち回りの上手さを生かせば侮れない存在に。
「前走は全く走っていないのでダメージはないよ。状態面は悪くないし、年齢的な衰えも感じない。今回はベストの距離だし、ブリンカーの効果で集中して走ってくれるようなら」(矢作調教師)。 ◎8歳でも衰えた感はない。阪神Cを4着の内容から、一概に軽視は……。
「放牧から帰厩後も順調に調整できたし、今日の追い切りも思い通りの時計。動きも良かったし、態勢は整ったと見ていいと思う。リフレッシュの効果は十分見られるし、本番(高松宮記念)に向けていいスタートを切って欲しい」(石坂調教師)。 ◎比較的ポン駆けは利くタイプ。GIを4着の実績があり、セントウルSではロードカナロアを破っている馬。距離は融通が利くので問題ナシ。
「いい頃に比べると追い切りの動きが少し物足りなかった。いい時は仕掛けてからの反応が素早いんだ。今回はベストの距離だけど、今回に関してはこの馬の地力に期待といった感じかな」(杉浦調教師)。 ◎ここ一連の内容がもう一つで強調し辛いが、展開面や枠順に恵まれなかった側面も。末一手の脚質で展開が全てだが、嵌ればまだ見限れない面もある。
「追い切りの遅れは、追いかけてのものなので問題はないですよ。右回りでも追い切りではモタレないんだが実戦ではモタレるので、今回はハミを交換して臨む予定。その効果が出てくれるようなら」(宗像調教師)。 ◎距離はベストと言えるが、左巧者で右回りの阪神は割引か。
「先週速い時計をマークしているので今週はこれで十分。前走も着順ほど負けていないし、今回はオープン特別を勝った時と同じ舞台。それを考えれば距離延長はプラスだと思う」(西園調教師)。 ◎やや底割れした感もある近走から大望は?
「近走がもう一つ結果が出ていないので、放牧に出して立て直しを図りました。帰厩後は順調に調整ができたし、大分いい頃の雰囲気に戻っています。脚質的に展開に左右される面はあるけど、決め手を生かせる流れになれば……と思っています」(松永幹夫調教師)。 ◎前走は出負け。近走は不満続きの内容だが、一昨年に3着したこのレース。流れが向くようなら。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。