IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年11月10日(日)

11R

2013年11月10日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第38回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

「追い切りは動く馬ですが、それにしても今日の動きは抜群でしたね。小回り向きの印象はありますが、昨年のこのレースで5着と走っているし、問題はないと思います。前2走は牡馬の一線級が相手。今回は牝馬同士の戦いですからね。手応えは持っています」(松田調教助手)。 ◎ここ一連の成績からガラリ一変は望み薄か。
「ここまで順調に使ってきているので大幅な上積みはどうかと思いますが、高いレベルで安定しています。以前に比べトモにボリュームが出てきた事も何より。あとはこの馬のリズムを崩すことなく運べればこのメンバーでもヒケは取らないと見ています」(松田調教助手)。 ◎上り馬には違いないが、さすがに今回は相手が揃った。見せ場は作れそうだが連対、まではどうか。
「前走後の回復が早かったので、中間は思い通りの調整ができました。以前に比べて心身ともに充実しているし、逞しさも出てきました。距離の延長、外回りに替わる点もプラス材料だし、古馬相手でも楽しみはありますよ」(飯田明弘調教師)。 ◎長距離は安定している。立ち回りも上手になっており、馬体が成長している点も評価できる。
「追い切りは予定通り。体調はいいよ。前走の競馬に復調の気配を感じたし、週末の雨予報もこの馬には有り難い。相手は揃ってるが、久々にこの馬の“らしさ”を見せて欲しいね」(小島太調教師)。 ◎近走内容から上位までは?
「前走は今までで一番いい体付きに見えたが、今も同じ状態をキープできているし、充実著しいね。折り合いの不安はないし、自在性があるのもこの馬の武器。デキが良ければGIは勝てる馬。今年はそれなりの手応えを持って臨むよ」(田中清隆調教師)。 ◎一時の不振から脱却。オークス3着から距離は問題なく、引き続き注目。
「何度も栗東に来ているので環境にはすぐ慣れました。先週やってあるので今週はラスト重点ですが、いい動きだったし体調に問題はありません。あとはレースでリラックスして走ることができれば」(加藤調教助手)。 ◎いま一つ精彩を欠いているが、まだ見切りをつけるには速いか。穴の1頭に。
「前走は未勝利より遅いペース。あれではあの脚を使っても届かないよ。相変わらずデキはいいし、今回は行く馬がいる。距離延長、外回り共にいいと思うし、巻き返しに期待したいね」(佐々木晶三調教師)。 ◎GIIIレベルなら通用もGIに入るとやや厳しい。
「追い切りの動きは良かったよ。例年の同時期に比べ今年は毛艶がいいし、体調面は問題ナシ。牝馬同士の一戦なら距離云々は関係ないし、立ち回り一つでは」(松田博資調教師)。 ◎輸送距離が近い京都はプラス。ただ、もうワンパンチがない印象で。
「前走を一度使ったことで馬に落ち着きが出てきた点は何より。今日の追い切りは折り合いが付いていたし、動きも良かったので満足しています。今の4歳世代では強いと思うし、その代表として好勝負をして欲しいと思っています」(友道調教師)。 ◎久々、余裕残しで牡馬相手では8着でも仕方ない。牝馬限定の一戦、叩き2走目なら。
「今日は丁度いい具合の追い切りができました。使い込んでいますが、疲れどころか益々元気ですよ。腰がシッカリしてきたことで本格化の兆しも見られます。あとは自分の競馬をしてどこまで粘れるかでしょう」(服部調教助手)。 ◎パワーアップもあるが、近走はやや展開に恵まれた感も。今回も同型の出方一つだが、再度マイペースなら。
「今日は坂路でラスト重点だけどいい伸び脚だったね。今回は相手が揃っているし、胸を借りる立場だけど、デキの良さを生かしてどこまで戦えるかを見てみたいと思っています」(岡田調教師)。 ◎格上挑戦。相手が揃った感。
「今日はフワフワするところも見せず、シッカリ走ってくれましたね。前走は枠なりの競馬で距離のロスが大きかったことも応えました。短期放牧明けですがシッカリ乗り込んだし、距離延長も歓迎。外回りに替わり末脚を生かせる流れになるようなら」(牧田調教師)。 ◎重賞レースでは苦戦の連続で。
「前走は上がりの速い競馬になってしまって着順は悪かったけど、着差は僅か。それを考えれば悲観材料とは思っていません。この中間も順調だし、週末は雨予報も出ています。昨年同様、一雨降ってくれるようなら」(三浦調教助手)。 ◎馬場が渋っての出番があればか。
「元々追い切りは走らない馬ですが、今日はよく動いたと思います。前走はいつもより早く動いて勝ちに行く競馬をしてくれたけど、結果はともかく角、それは今回に繋がるのではないかと思っています。今回は外回りに替わるし、改めて期待したいですね」(松田調教助手)。 ◎内回りより外回りがいいことは確か。ラストは確実で距離延長もOK。
「時計は平凡だけど動きに余裕があったし、前向きさも出てきたよ。前走はスローペースで競馬にならなかったけど、ダメージはないし、ある程度流れてくれてそれなりの位置で競馬ができれば……と思っているんだ」(鹿戸雄一調教師)。 ◎叩き2戦目の上積みを見込んでも相手が相手で。
「追い切りの動きは良かったし、雰囲気もいいですね。状態は前走より上向いていると言ってもいいでしょう。今回は距離延長、外回りと条件は替わりますがその点は大丈夫。ハナにはこだわらないので自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(田面木調教助手)。 ◎今回も同型との兼ね合い一つ。
「追い切りの動きが良かったし、一戦毎に馬体の成長も窺えます。前走の勝ち方が強かったし、能力を感じる馬ですよ。相手は揃いましたが現時点でこの相手にどこまで戦えるかを見てみたいですね」(木村調教師)。 ◎条件を勝ったがまだ準オープンの身。ここでは。
「前走が強い勝ち方ですが、余裕を持っての内容でしたからダメージはありません。春当時より飼い喰いが安定してきたし、体の使い方もよくなってきたことが大きいですね。競馬のセンスがいい馬だし、舞台設定もいいと思います。この相手でも楽しみはありますよ」(松田調教助手)。 ◎条件を連勝して準オープン入り。血統的にはまだ伸びそうな器で一概に軽視は。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。