2013年10月13日(日)

11R

2013年10月13日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第18回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「今回はGIなのでシッカリ追い切りました。思った以上に時計が速かったし、飼い喰いも旺盛で状態はいいですね。今回はコーナーが4回の内回りコースがどう出るかですが、素質は高い馬。この相手でもどこまでやれるか楽しみはありますよ」(大久保龍志調教師)。 ◎4戦3勝と能力を秘める。中2週のローテーションだが、馬体をキープできていれば。
「追い切りは予定通り。この中間は馬体維持を重点に調整してきたので、体はフックラしているし、いい意味で変わりなくきている。内回りがどうかという課題はあるけど、それは鞍上の手腕に期待」(内田調教助手)。 ◎馬場に助けられた面もあるが、芝に替わり3連対。器用さがないので内回りがどうかだが、少しでも時計を要せば。
「先週、坂路で速いところをやってあるので今週はラスト重点。今は心身の充実が見られるし、能力も高い馬。自在性があるのでどんな競馬でもできるからね。内回りのこの舞台もピッタリだと思う」(藤岡健一調教師)。 ◎オークス6着。叩き2戦目の上積みが見込めるし、先行できる点もプラス。
「今日の追い切りは持ったままでラストまでシッカリ。前走より確実に上向いている。前走は道悪で嫌気をさしたようで、レース後はすぐ息が入ったように走っていないからね。今回はブリンカーを着けていく予定だし、能力から巻き返しがあっても……と思っている」(須貝調教師)。 ◎馬体が回復していたのは好材料。ただ、馬場が悪かったとはいえ、見せ場さえ作れなかった内容には不満が残る。
「もう一つ成長度に不満があったけど、前走を快勝してくれたように大分馬が変わってきたね。今日の追い切りも気分よさそうに走っていたし、状態は更にアップ。相手は揃ったけど、気分を損ねず、自分のリズムで走れれば」(杉浦調教師)。 ◎マイペースとはいえ鮮やかな逃げ切り。今回もリズムよく走れれば。
「思い通りの調整ができたし、ここにきて更に成長が窺える。確かに相手は揃っているが、今は馬に勢いがあるからね。馬場を問わず期待をしている」(田代調教助手)。 ◎馬体増は成長の証。脚質的に内回りの2000メートルは有利とは言えないが、展開が嵌れば。
「先週速いところをやったし、今週はラストを伸ばす追い切りだけどこれで十分。切れ味勝負の馬だから前走は道悪が痛かったし、それに少し体に余裕もあったからね。一度叩いて体に締まりが出てきたし、レースセンスもある馬。良馬場でできれば」(兼武調教助手)。 ◎大幅な馬体増。悪い材料ではないが一気に増え過ぎた点と久々でしかも道悪が応えたことが敗因か。叩き2戦目で良馬場なら見直しが必要か。
「今日の追い切りは最後まで脚取りがシッカリ。前走はテンに仕掛けていった分甘くなったけど、今回は無理にポジションを取りに行かず、自分のリズムで走らせたいと思っている」(鮫島調教師)。 ◎小柄な牝馬で上がり目は?相手も揃った感。
「久々、道悪で1000メートル通過が58秒2。あのハイペースではバテて当然。それでも勝ち馬から1秒と負けてないからね。この中間も順調そのものだし、叩いた上積みも見込める。距離は問題ないし、器用な立ち回りができるので内回りもOK。3戦3勝の京都なら巻き返せると見ている」(中山調教助手)。 ◎道悪が応えたか。過去に京都は3戦3勝。坂がある中京、阪神は3敗を考えると直線平坦の京都は大歓迎。前走だけで見限りは危険か。
「予定していた紫苑Sを体調が整わずに回避。その後はシッカリ乗り込み、ここ2週の追い切りで態勢は整ったと見ている。器用な立ち回りができるので、内回りも大丈夫。楽しみはあるよ」(尾関調教師)。 ◎ブッツケで本番。輸送等も含め、プラス材料とは言えないだろう。
「今日は2歳馬をパートナーにしてメリハリのある追い切りをした。いい動きだったし、状態面は合格。前走で見せたように勝負根性がこの馬の武器。落ち着きもあるし、金曜入厩で土曜にスクーリングをする効果が出るようなら……」(菊沢調教師)。 ◎距離は歓迎。小回りも経験済みで、展開次第では。
「美浦にいた時は増えていた体が輸送で減ってしまったし、道悪も応えたからね。帰厩後はシッカリ飼い葉を食べているので体の方は戻っている。状態面に不安はないので、今度は是非、良馬場で競馬をしたいね」(堀調教師)。 ◎輸送もあっただろうが、馬体減は嫌な材料。良馬場なら違うと思うが、どこまで体が回復しているかがカギ。
「前走は道悪もあっただろうが、久々も影響したのでは……。叩いてここは予定通りだし、春の成績から立ち回り一つでは、と思っているんだけどね」(田代調教助手)。 ◎馬体増は好材料。ただ、前走が負け過ぎで一変までは。
「追い切りは馬ナリだけど、軽快な動きだったし、体も引き締まって前走以上の状態。ゲートの出が遅いので今回もテンに置かれるかもしれないけど、その点を改善するより持ち味である“切れ”に磨きをかけることに心掛けたんだ。あとはこの馬のリズムで走り切れば期待できると思うよ」(松田調教助手)。 ◎久々の前走を快勝。馬体増も好材料で内回りでも前がやり合えば差し切り濃厚。
「追い切りは前半が速かったのでラストは時計がかかったけど馬ナリだからね。これで十分だよ。この馬はテンのスピードがあるので行くことになると思う。うまく我慢が利いてくれれば……とは思っているけど距離は微妙かも」(中野調教師)。 ◎ベストは短距離のダート?この舞台はやや疑問。
「この中間も馬に落ち着きがあるし、調整も予定通りにできたからね。最終追いも理想通りで、動きも本当に良かったよ。状態面は明らかに前走以上だし、あとは自分のリズムで走ることさえできれば期待はできるんじゃないか」(飯田明弘調教師)。 ◎久々、道悪、外外を回るコース損などが絡み合っての敗戦。あとは好枠を引き、前崩れの形になれば。
「前走の競馬が復調を思わせる内容。使った後もテンションが上がらず、落ち着きがあるのは何より。付くべきところに筋肉が付いてきたし、馬体の成長も窺える。リラックスしてレースに臨めれば……」(須貝調教師)。 ◎最後の一踏ん張りが利かず掲示板を逃したが、幾らか復調気配が窺えた。良馬場なら少しは楽しめそうだが。
「追い切りの動きは前走以上。前走は道悪のせいか、いつもの行きっぷりではなかったからね。良馬場条件だけど、自分のリズムで走り、力を出し切れるようなら」(中川調教助手)。 ◎距離延長はプラスだが、末一手で安定感はイマイチ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。