2013年4月28日(日)

11R

2013年4月28日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第147回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

「放牧を挟み、ここを目標に仕上げてきたので状態面は問題ナシ。ここにきて馬が本格化してきた感があるし、体に芯が一本入ってきた気がする。距離は問題ないし、京都の外回りは相性がいい舞台。頑張って欲しいね」(田代調教助手)。 ◎菊花賞3着から距離に不安はナシ。ただ、以後がもう一つ伸び悩み気味。力勝負になった際はややパンチ不足の感も。
「併せ馬では遅れをとったが、時計的には動いているし、動きそのものも悪くはないからね。ただ、今回は相手が相手。あくまでもチャレンジャーの立場。次に繋がる競馬ができれば」(村山調教師)。 ◎準オープンを勝っていきなりこの相手では。
「先週速いところをやってあるので今週はラストの伸ばす程度。いい伸び脚でしたよ。体調に関しては言うことないし、何より折り合いの不安がなく、スタミナが豊富で長距離では安定して走りますからね。今回は良績がある京都に替わるし、前走で付けられた差を少しでも縮めることができれば……と思っています」(安達調教師)。 ◎芝に路線を変更してから1、3、1、2着。しかもスタミナ十分で折り合いの不安もない。決め手も鋭く、展開不問でラストは伸びる。ここも上位喰い込みは十分ありそう。
「ここまでシッカリ負荷をかけてこられたし、追い切りの反応も良かったですよ。9歳とは思えぬほど馬は元気だし、いい状態で出走できます。とは言っても年齢的に瞬発力勝負や高速決着ではどうかという面はありますが、この距離ならジックリ乗れるし問題ないと思います。相手は揃っていますが、ヒケは取らないと見ています」(橋本調教助手)。 ◎昨年春の天皇賞が4着。ただ、衰えはないとはいえ、既に9歳。大幅な上積みは……。
「併せ馬の動きが良かったし、ここにきて体付きにもシャープさが戻ってきた。今回も途中からマクリ気味に上がっていって出し抜けを計る競馬を、と思っているんだ。それがいい方に出てくれるようなら見せ場は作れるんじゃないかな」(国枝調教師)。 ◎一叩きの効果は見込めても、早10歳。大望を望むのは酷かも。
「最後まで真っすぐ走っていたし、フットワークも良かったですね。体もできているので何も不安な点はありませんよ。体にメリハリが出てきて、バランスも良くなってきているのは何より。折り合いが付くので距離は問題ないし、強敵はいますが、脚質的にうちの馬は前で競馬をすることになると思います。その違いを武器に……と思っているんですけどね」(戸田調教師)。 ◎父系から距離は問題ナシ。ダービーでゴールドシップに先着した実績があり、以後は対戦なし。今回、打倒ゴールドシップの可能性を秘める唯一の存在かも。
「この馬は心肺機能が高く、距離は全く問題ないし、長くいい脚を使うことができるからね。切れるタイプではないけど、京都の坂の下りを利用してロングスパートをかけ、この相手にどこまで太刀打ちできるかだろう」(梅田智之調教師)。 ◎スタミナは前走で証明済み。切れないが長くいい脚を使う馬。直線でしぶとさを生かせるようなら。
「前走後も順調だし、今日の追い切りも馬がリラックスして、いいフォームで走っていたからね。デキは過去にGIを勝った時と同じくらいと見ていいと思う。いい筋肉が付いてきたし、ストライドも大きくなって風格も出てきたからね。あとはこの馬のレースさえすれば結果は自ずと付いてくると思う」(須貝調教師)。 ◎予定通りのローテーションでデキもアップ。実績もさることながら、仕掛けてからの反応の良さも抜群。折り合いにも不安はなく、順当なら勝ち負け。
「あまり調教で動く馬ではないが、馬場を考えればよく動いた方じゃないかな。体付きも良くなってきたしね。あとは道中うまく折り合いを付けて行けさえすれば……の気持ちは持っている」(松田博資調教師)。 ◎叩き2戦目の効果は見込めるが、今回は相手が相手で。
「自分が思っていた以上に時計が速かったし、動きも良かったよ。元々が叩き良化型だから、上積みは十分見込める。距離面に関しては問題ないので、この相手にどこまでやれるか、その点だけだろうね」(荒川調教師)。 ◎この距離は未知。それに相手も揃った感じで。
「体が余り絞り切れないので今日も最後までシッカリ追い切った。着順こそもう一つだけど、最後はこの馬なりに脚は使っているからね。長距離は得意だし、持ち前のしぶとさを生かせるようなら」(野中調教師)。 ◎衰えはないとは言え、以前の勢いは薄れた感じ。
「このところずっと状態はいいんですよ。追い切りの動きも良かったですしね。前走のように外から被されずに競馬ができればあのくらいは走れる馬。スタミナは豊富なので距離は問題ないし、今回も前走同様、思い切った競馬で上位争いに喰い込みたいと思っています」(池江調教師)。 ◎前走に復調の兆し。とは言え、既に7歳。ガラリ一変までは望めず、掲示板くらいなら。
「今回はいつもより長めの調教をしました。飼い葉の食いもよく、状態はいいですね。昨年のジャパンカップは不利があってあの結果でしたからね。距離の延長は問題ないし、輸送にも慣れている馬。スムーズな競馬ができればここでも楽しみです」(ジョーンズ攻め馬手)。 ◎ドバイWCの2着馬。昨年のジャパンカップは8着だが、その後の香港ヴァーズでジャガーメイルを破っている。ジャパンカップの成績は鵜呑みにしない方がいいかも。
「ラストは甘くなったけど全体の時計は速かったし、前走より上向いていることは確か。スパッとは切れないけどジリジリ長くいい脚を使うので長距離は合うと思う。ただ相手が揃っているからね」(増井調教助手)。 ◎ここは相手が相手で。
「ここにきて完全に一皮剥けた感がある。状態面も今までで一番いいと思うし、胸を張って出せるデキだよ。確かに今回は今まで以上に相手は強いけど、距離面を味方に頑張って欲しいね」(渋田調教助手)。 ◎好位で器用に立ち回れる馬。ただ一線級相手にどこまでやれるか……。相手関係がカギ。
「追い切りの動きは良かったし、時計も上々。いい雰囲気に仕上がりましたよ。今は力を付けているし、昨年とは違うからね。近走が安定した走りをしてくれているし、距離も問題ナシ。あとは自分のリズムで走れるようなら」(田所調教師)。 ◎GIIIなら通用するが、GIでは家賃が高いかも。
「今週はラスト重点だがいい動き。元々、スタミナはあると思っていたが、今回は更に距離が延びるからね。その点は未知だが、うまく折り合いを付け、尚且つロスのない立ち回りをしてどこまで詰め寄れるかだろうね」(音無調教師)。 ◎久々にこの馬らしさを見せた前走。母系から距離は持ちそうだが、今回は相手が揃い過ぎた感も。
「状態面は言うことナシ。絶好調と言えるね。ここにきていい筋肉が付いてきたし、心肺機能が高く、スタミナもあるので距離も問題ないからね。相手は揃ったが、立ち回り一つでは……と思っているんだけどね」(平間調教助手)。 ◎順調に使える点は好材料。それなりにラストは堅実。距離も問題なく、混戦になれば出番も。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。