sportsnavi

2013年1月13日(日)

11R

2013年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45発走

第60回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

「帰厩して日は浅いけど放牧先でシッカリ乗り込んできたので問題はないよ。最終追い切りの動きも良かったからね。どんな流れにも対応できると思うし、この相手なら十分やれると見ているんだけどね」(平間調教助手)。 ◎左巧者ということで、当初は東京の白富士Sを目標にしていた馬。右回りでもダメということはないが、予定を前倒ししての一戦。当日の体重等に注意したい。
「ハンデが魅力なのでここに挑戦することに。折り合いに不安がないので距離は問題ないと思うが、オープンでは過去に結果が出ていないからね。ハンデを味方に現状でどこまでやれるかを見てみたい一戦」(渋田調教助手)。 ◎重賞ではワンパンチ足りないかもしれないが、ハンデ差を生かせば見せ場は。
「前走は復調途上のデキだったが見せ場十分のレース振り。この中間も順調に調整できたし、今日の追い切りもラスト重点とはいえ、いい伸び脚。デキは更に良くなっているし、ハンデも手頃。好レースを期待したいね」(大賀調教助手)。 ◎前走に復調の兆し。京都、距離共にピッタリでそろそろ警戒が必要。
「この中間は放牧に出さず厩舎で調整。順調に乗り込んできたのでいい状態でレースに臨めると思う。ハンデは重いけど持ち味である差し脚を生かせる流れになれば……の気持ちは持っているから」(荒川調教師)。 ◎2走前に京都大賞典を勝った時と同じ舞台。ハンデは楽ではないがその分、前走より相手関係は楽。見直しが必要。
「今日はラスト重点だけどいい動きだったよ。脚質に幅が出てきたし、馬が本当に充実してきている。距離は問題ないし、54キロのハンデなら格上挑戦でもやれると思うけどね」(高島調教助手)。 ◎昇級初戦の前走でいきなり僅差の2着。今回はオープン挑戦で条件は楽ではないが、ハンデ差とデキの良さで喰い込む余地も。
「前走が6着とはいっても差は僅かだからね。仕掛けどころ一つでもっと上を狙えたと思うよ。距離に関しても不安はないし、ハンデも据え置きの54キロなら善戦できると見ているんだけど」(南井調教師)。 ◎前走は昇級初戦で6着でも差は0.2秒と少差。今回が3度目の重賞挑戦で慣れも見込めそう。距離も掛かる馬ではなく問題なさそう。
「前走を使った反動もなく順調にきている。距離的にもこのくらいの方が合うと思うし、京都に替わる点もプラス材料。あとは課題の折り合いさえ付けば、と言ったところじゃないかな」(飯田明弘調教師)。 ◎行きたがる気性を考えると、前走は距離が長過ぎたかも。この距離は守備範囲でマイペースの競馬ができれば可能性はある。
「状態の良さと軽ハンデを考えて自己条件を回避して敢えて格上のここに挑戦することにした。展開に注文が付く馬だが、もし単騎逃げを打てるようなら可能性はあると見ている」(西浦調教師)。
「前走は少し仕掛けのタイミングが遅れた感じで脚を余した格好。前走後は厩舎でシッカリ調整できているのでいい状態で出走できるよ。まだトモに緩いところはあるが、京都の下りを利用して惰性をつけて行く競馬ができれば」(笹田調教師)。 ◎休養明け2走がもう一つだが、今回は良績がある京都。差し脚が決まる流れになるようなら。
「連闘の疲れはなく状態はキープできている。前走は展開と外を回るロスが応えたが、今回は相手が相手。軽ハンデを生かしてどこまでやれるかじゃないかな」(梅田智之調教師)。 ◎万葉Sは後方のまま全く見せ場ナシ。太目もあったのでこの連闘は問題ないと思うが、重賞では荷が重いか。
「前走を叩いて状態面はアップ。形の上では格上挑戦になるけど、元々重賞を使っていた馬だからね。自分のリズムで走れないと、という課題はあるものの、素質を秘めた馬。この相手でもどこまでやれるかという楽しみは持っている」(清山調教助手)。 ◎弥生賞5着、京都新聞杯3着の実績がある馬。53キロのハンデなら可能性はある。
「前走は余裕残りの体付きにしてはよく走ってくれたと思うよ。それを考えると本当に力を付けているんだと感じるね。今回は格上挑戦になるけど、叩いた上積みとハンデ差を生かせば善戦の余地はあると見ているんだ」(福島調教師)。 ◎元々準オープンにいた馬で前走の3着はなんら不思議ではないが、格上挑戦の今回はハンデ差を考慮しても勝ち負けまでは。
「鼻出血とはいっても外傷性のモノだから問題はないよ。テンションが上がり易い馬なので輸送距離が短い京都に替わる点は大きなプラス。重賞挑戦になるけど堅実に走るタイプなのでそれ程差はないと思っている」(兼武調教助手)。 ◎外傷性鼻出血で競走能力には影響ナシ。元は重賞で好走歴がある馬。ここでも十分通用していい。
「前走後は放牧でリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきたし、いい状態で臨めるよ。前走は下が悪かったけど最後までシッカリ伸びてくれたし、良馬場なら更にやれたと思う。今回はコース・距離共にベストの条件。ハンデも手頃。良馬場条件に勝ち負けを期待している」(中竹調教師)。 ◎馬場が悪かったわりには好内容の前走。京都では未だ4着以下がない馬。距離もOKで良馬場なら好勝負か。
「前走はこの馬には可哀相な流れ。それでも最後はシッカリ伸びてくれたからね。それなりに収穫はあったと思う。体質が強くなり使い減りしなくなっているし、状態もキープ。癖がなく乗り易い馬で手替わりも問題ナシ。距離にも融通は利くのでその点も大丈夫だと思う。牡馬相手になるけど今のデキなら……の気持ちはあるよ」(清山調教助手)。 ◎前走は行った行ったの競馬で前に有利な展開。それでもシッカリ差して3着なら上々。牡馬相手、初距離でもハンデ差生かせば。
「久々になるけどシッカリ調教を積んできているので仕上がりは悪くないよ。毎週ジョッキーが騎乗して調教をつけてくれるので、その点も好材料だと思う。息はできているので距離は持つと思うし、あとはこの相手でどこまでやれるかだけ」(中川調教助手)。 ◎近走がもう一つ。久々も割引で狙い目は薄い。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。