2013年1月5日(土)

11R

2013年1月5日(土) | 1回京都1日 | 15:45発走

第51回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

「馬場状態を考慮すれば動きは良かったと思う。前走は勝負どころで外を回されるロスが痛かったけど、スムーズな競馬ができれば十分見直せると思っている」(大久保龍志調教師)。 ◎昨年2着だが脚質的にどうしても展開に左右される。ここも前がやり合う形になれば、とは思うが57キロのハンデは厳しいかも。
「前走はジョッキーが本当にうまく乗ってくれたよ。この中間は前走の状態をキープできるように調整してきたので、いいコンディションで出走できると思う。切れ味勝負ならヒケは取らないので、再度前走のような競馬ができれば」(佐々木晶三調教師)。 ◎今回はベストのマイル。前走で牡馬を一蹴したことから混合でも問題ナシ。55キロは許容範囲と見たが。
「昨年末もシッカリ乗り込んだし、状態面は明らかに良くなっている。1800メートルよりマイルの方がレースをしやすいことは確かだし、あとは自分のリズムで走れれば巻き返しは可能だと思う」(清山調教助手)。 ◎久々を叩いてガス抜きはできた。ハンデは厳しいが2走前の中京記念(58キロで3着)くらい走れれば。
「これだけ動けば言うことないね。前走は正直ビックリするような末脚。アワヤのシーンを作ったからね。坂路中心に切り替えたことがよかったのかも。前走でキッカケは掴めたと思うし、やる気が戻ってきた今なら前走の再現も可能だと見ている」(西園調教師)。 ◎前走がもの凄い末脚。あの一戦だけでは信用し切れないが、あれがキッカケになっていれば。
「前走は少し間隔が開いたぶん、体が立派だったかも。一度使った効果は十分見られるし、動きもガラッと変わったよ。切れないけど長くいい脚を使う馬。それをフルに生かせる形の競馬ができれば」(佐々木晶三調教師)。 ◎前走は出負けして位置取りが後ろすぎたことが痛かった。ある程度前で渋太さを生かせる形なら。
「この中間は十分乗り込んでいるので仕上がりはいいよ。中山より直線が長い京都の外回りの方がいいと思うし、マイルも試してみたかったので、ここを使うことにした。初のマイルでどんな競馬をしてくれるか楽しみにしている」(石坂調教師)。 ◎初のマイルでも外回りコースなら問題ないか。鉄砲もOKで、あとは57キロのハンデを克服できれば。
「この中間もシッカリやっているので状態はいいね。前走は動きたい時に動けなかったことが最後まで応えた感じ。得意の京都に替わる点はプラスだし、スムーズな競馬ができれば」(田代調教助手)。 ◎オープン特別ならやれそうだが、重賞ではもうワンパンチが欲しい印象。
「この中間も障害練習を取り入れての調整。前走でようやくノドの手術をした効果が出てくれたよ。前走の反動も回復したし、今回走ってくれれば本物と言えるだろうね」(千田調教師)。 ◎前走は展開に恵まれたことは確かだが、時計は優秀。ここも再度スンナリ行けるようなら開幕馬場で侮れない面も。
「馬場状態を考えればよく動いたと思うよ。今回はマイル戦になるけど、以前ほど行きたがる面はマシになっているからね。54キロのハンデは有り難いし、うまく折り合いが付くようなら……と思っている」(橋口調教師)。 ◎この距離は微妙に長いが、ゲートを決めて流れに乗れれば可能性も。
「前走がそれなりにラストは差を詰めてきたし、脚は見せてくれたからね。状態面も転厩してから今回が一番いいデキになっている。コース適性もあるし、54キロのハンデも魅力でもう一押しを期待したいね」(伊藤圭三調教師)。 ◎既に9歳。近走の成績から一変は望み薄。
「牝馬限定とはいえ、久々のレースでアッサリ勝つのだから能力は高いね。幸い前走の反動もないし、この中間の動きも上々。今回は牡馬混合で手強くなるが、54キロのハンデは魅力だし、この馬の素質に期待したい」(松山康久調教師)。 ◎牝馬でも実績は十分。コースも距離も言うことなく、54キロなら怖い存在に。
「前走後も歩様に硬さはないし、いい状態をキープしている。前走の競馬に復調を感じるし、マイルの方が更に持ち味を生かせる馬。あとは自分のリズムで先行できれば」(三浦調教助手)。 ◎同型の出方次第だが、先手を取れるようなら粘り込みを注意したい。
「この中間はテンションが上がらないように調整してきた。落ち着きがあれば前走くらいは走っていい馬なんだ。今回は昇級戦だがオープンの方が競馬しやすいと思うし、マイルまでなら我慢は利くと思う。メドの立つ競馬を期待したいね」(河内調教師)。 ◎1800メートルで勝ち鞍があるので距離は問題ナシ。ただ、相手関係を考えると上位までは?
「京都牝馬Sを予定していたが、思った以上に動き・仕上がりがいいので金杯に。追い切りは上がり重点だがこれで十分。コース・距離ともにいうことはないけど、55キロで牡馬混合。ラストの地力勝負になった時にそれがどう出るかだろう」(坂口正則調教師)。 ◎追い切りの本数がやや不足気味か? 牡馬混合で55キロは見込まれたが、得意のマイルなら一概に無視までは……。
「前走が惨敗とはいえ、大きく負けているワケではないからね。それに最後も追えないシーンがあったし……。少しずつだが復調の気配は感じるし、得意の舞台で変わらないかと思っているんだけどね」(白井調教師)。 ◎明けて9歳。さすがに往時の勢いは失せた感じ。
「既に仕上がっているので今週は単走でラスト重点。いい状態をキープしているし、昨年以上にパワーアップもしている。テン乗りになるけど、癖がある馬ではないので大丈夫。脚をタメた方がいい馬だから、今回も直線勝負の競馬で好結果を期待している」(池江調教師)。 ◎ハンデは見込まれたが、叩き3走目で今回は走り頃。京都・距離共に良く、末脚を生かせる展開なら。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。