競馬 - プロキオンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年7月7日(日)

11R

2013年7月7日(日) | 3回中京4日 | 15:35発走

第18回プロキオンステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

「今日はラストの伸びが良かったね。調子の波が少ない馬で体調はキープできている。小回りの地方より広くてコーナーが緩い中央の方が競馬をしやすいと思うし、フェブラリーS4着くらい走れば……と思っている」(服部調教師)。 ◎7歳でもフェブラリーSで4着。ダノンカモンには先着している。距離も得意で今回も軽視はできない。
「当週にやると馬がカリカリしてくるので1週前にビシッとやって、今週は馬ナリの調整。動きは先週より良くなっていますよ。7歳とは思えぬほど活気があるし、今が充実期と言えるくらい元気です。メンバーを見渡してもヒケを取るとは思わないし、いい競馬になると見ています」(藤沢則雄調教師)。 ◎再度ダートに。距離云々は関係無く、展開が嵌るかどうかだけ。
「追い切りの感じは悪くはなかったけど、これだけ長く休んでいた馬だからね。やることはやってきたので太目感もないけど、まずは一叩きというのが本音だよ」(小西調教師)。 ◎2年7か月振りの一戦。実績は威張れる馬だが、超久々のわりに速い追い切りが少なく一度は様子見が妥当か。
「今日の追い切りは折り合いが付いていたし、動きも良かったからね。態勢は整ったと言ってもいいと思う。ただ休み明けということもあって馬に少し気負いが見られるからね。当日に落ち着いているようなら」(安藤調教助手)。 ◎武蔵野Sでダノンカモン、アドマイヤロイヤルに先着。気性的にポン駆けは利くタイプ。この距離は連対を外しておらず、上位争いは必至か。
「前走後に短期放牧を挟んだが、ここを目標に順調に乗り込んできたからね。仕上がりは上々だよ。少し乗り難しいところのある馬だが、鞍上(四位騎手)が上手に乗ってくれているからね。左回りは得意だし、再度1400メートル。昨年(2着)以上の結果を、と思っている」(橋田調教師)。 ◎重賞で上位争いの実績。距離も守備範囲で今回も可能性は十分。
「コンスタントに使っているが、使う毎に調子は上向き。元は中央のオープンに所属していた馬だけど、今回は重賞で相手も揃っているからね。今のデキの良さでどこまでやれるかだろうね」(佐藤茂調教師)。 ◎中央のこのメンバーが相手では……。
「CWだと馬場入りを嫌がるので今日はポリトラックで追い切りました。攻めは地味なのでこの程度で十分でしょう。実戦タイプの馬ですし、斤量が56キロになる点もプラス材料。相手は揃っていますが、楽しみはありますよ」(二宮調教助手)。 ◎アドマイヤロイヤル、ガンジスなど先着を許した相手がいる点は気になるが、叩き2走目の上積みと56キロなら……。
「前走後は在厩調整。今週の動きが良かったし、態勢は整ったと見ています。中京のこの舞台は昨夏にレコード勝ちをしているようにピッタリですからね。このメンバーに入ってもヒケは取らないと思うので、是非、いい結果をと思っています」(松田調教助手)。 ◎中京にも良績。アドマイヤロイヤルとの対戦では分が悪いものの、同斤量なら差ナシ。
「2週に渡りいい動き。ここにきて大分力を付けてきているし、安定して走れるようになってきたよ。距離短縮はプラス材料だし、相手は揃っているけど楽しみの方が大きいね」(橋田調教師)。 ◎距離はベスト。左回りも得意でここでも上位争いに。
「放牧から帰厩後は天保山Sを使う予定もあったが、鉄砲駆けするタイプということで、このレース一本に絞って調整してきた。先週、今週と動きは絶好だし、状態は万全だよ。2、3走前の内容から重賞でもやれるメドは付いているし、左回りのこの距離もピッタリ。楽しみにしている」(野中調教師)。 ◎アドマイヤサガス、エアウルフには過去先着。鉄砲はOKで距離もベスト。
「当初予定していた平安Sを捻挫で自重。以後はプール調整を交えて入念に調整をしてきました。乗り込みの量は足りていると思いますが、何分にもブランクが長いですからね。まずは一度使ってからでしょう」(野田調教助手)。 ◎長期休養明け、しかも9歳。まずは叩いてからか。
「前走が期待外れだったが、手前を替えなかったことが原因だと思う。今週の追い切りはスムーズに手前を替えていたし、動きも良かったから状態はキープできていると見ていいと思う。重賞でも通用する力はあると思うし、改めて見直したい一戦」(高木調教師)。 ◎欅Sで1番人気。期待外れの結果だったが、適度に時計を要する馬場なら見直せるかも。
「前走が強い競馬だったね。この距離は少し短い気もするけど、奥手の血統で力を付けている時期だからね。再度前走の脚を使えるようなら……と思っているんだ」(松田博資調教師)。 ◎この距離は久々だが過去、1戦1勝。流れに対応できれば。
「追い切りの動きはマズマズ。毛艶も良くなってきたし、左回りはスムーズですからね。それに距離もピッタリ。年齢的な衰えは全くないし、何とかタイトルを取らせて上げたいですね」(池江調教師)。 ◎56キロは何より。距離短縮も問題なく、ここでも上位争いの1頭。
「一戦毎に力を付けているし、今週の動きも良かった。今回は相手が相手で楽観はしていないが、前がやり合う展開になるようなら出番があっても……と思っている」(大根田調教師)。 ◎ようやく準オープン勝ち。相手なりに走るとは言え、オープンでも重賞メンバーが相手では。
「使いつつ状態が戻りつつあるけど、昨年このレースを勝った時と比べると物足りなさは感じるね。今回も自分の競馬に徹するだけだが、どこまでやれるかだろうね」(天間調教師)。 ◎昨年の覇者。昨年も休み明けだったが、今年の方が少々長い休み明け。その点がどう出るかだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。