IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年12月22日(日)

10R

2013年12月22日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第58回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

「前走後は放牧に出したが、帰厩後は順調そのもの。今日の追い切りもラスト1ハロンの伸びが良かったし、動きも合格。天皇賞は元々右へモタれる面があり、外に張るので乗りにくかったけど、右回りの中山はスムーズに走れるからね。そのぶん競馬はしやすくなると思う。あとはこの馬の走りができれば」(池江調教師)。 ◎前走が負け過ぎな点は気懸かりだが、良績がある右回りに替わる点は大きなプラス。多少でも時計を要するようなら、なおいいか。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができたし、最終追い切りも動かない馬にしては動いたし、気合の乗りも上々。今度は得意の中山に替わるし、時計を要する馬場も苦にしないタイプ。相手は強いけど一泡吹かせるくらいのレースを期待したいね」(相沢調教師)。 ◎さすがにGIに入ると力不足は否めず。得意の中山でどこまで。
「結果如何で有馬記念を使う予定にしていたが、その前走が強い勝ち方。今日の追い切りは少し時計が速過ぎたけど、まだ手応えに余裕があったし、本当にいい動きだったと思う。立ち回りが上手なので中山も問題ないし、距離も大丈夫。強い馬が揃った今回は挑戦者の立場だけど、楽しみは持っている」(平田調教師)。 ◎休み明け初戦の金鯱賞を快勝。叩いた上積みは見込めるが、今回は相手が相手。楽な戦いには。
「最終追い切りは予定より速くなった分、少しお疲れ気味といった感じだったが、動きが良かったし、GIを使うのだからこのくらいやっておかないとね。これで態勢は整ったと見ていい。幸い、前走の反動も今のところ見られないし、思った以上に良くなっている。滑る馬場以外なら問題ないし、復活を思わせる走りを期待している」(中山調教助手)。 ◎約1年半振りの金鯱賞で3着と善戦。超久々を考えれば誉められる内容。叩き2戦目で体も絞れるハズ。3歳時はオルフェーヴルのNo.2だった存在。軽視は危険か。
「もう少しやっても良かったけど、ラスト1ハロンの伸びは良かったし、デキは前走以上と言っていいかも。前走が今までにない競馬で勝ってくれたし、相手は強くなるけどデキの良さで何とか上位に食い込みたいですね」(安達調教師)。 ◎念願の重賞制覇を遂げ、勢いに乗じての参戦だが、もう少し距離が欲しいことと、相手関係が強化される点がどうか。
「帰国後は放牧に出してリフレッシュ。いい体で帰ってきたよ。最終追い切りは少し掛かった分、上がりを要したけど、合格点を与えられる動きだった。先週より今週と一追い毎に良くなってきている。この馬の走りさえできればチャンスは十分あると思うよ」(池江調教師)。 ◎3歳牝馬に千切られた凱旋門賞。少々不満は残るが力は示した。往時の勢いはどうかと思うが、実績上位は明らかで有終の美を飾りたい一戦。
「馬場が悪かったのでポリコースで追い切った。時計・動き共に良かったね。前走は少し余裕があったかもしれないが、出が悪くて位置を取りにいった分、ラストの伸びを欠いたんだと思う。ダメージはないし、コースも大丈夫。相手が揃っているので大きなことは言えないけど、次に繋がる競馬をして欲しいね」(南井調教師)。 ◎朝日CCから中1週。きついローテーションでの参戦に加え、相手も揃った。
「前走のダメージもなく順調そのもの。今日の追い切りはラスト馬ナリだけど、いい伸びだったからね。中山の2500メートルはマイラーでもこなせる舞台。それに以前より折り合いに進境が窺えるから。伸び盛りの今ならこの相手でも楽しみはあるよ」(池江調教師)。 ◎休ませた効果で馬体が成長。ただ、今回はGIで相手が強化されるし、重賞未勝利で通用するほど甘くないと見たが。
「前2戦はこの馬としては気配が大人しい感じだったけど、叩き3戦目で馬にやる気が戻ってきた感じ。心身共にシッカリしてきた点もプラス材料。ただ、中山は今まであまり結果が出ていないので、リズムよく走ってくれるようなら……と思っている」(藤沢和雄調教師)。 ◎昨年はアルゼンチン共和国杯を勝っての参戦だが、今年はアルゼンチン共和国杯(3着)からJC(6着)を使っての挑戦。人気先行型の印象があり、入着候補の評価。
「1週前もやっているから今週はラスト重点。今日は馬場が悪かったけど、重心の低い走りでブレずに走っていたからね。今の中山は時計がかかっているし、2勝を上げているコース。荒れた馬場は苦にしないので流れが向けば可能性はあると見ている」(梅田智之調教師)。 ◎勝ち馬はともかく、比較的メンバーに恵まれたJC。それでも僅差の4着なら悪くない。中山は得意で、今回も見せ場以上は。
「この時計にしてはラストもシッカリしていたし、動きは合格じゃないかな。前走でオープンでもやれるメドを立ててくれたし、相手なりに走るタイプだけど、今回はGIで相手が相手だからね。正直、どこまでやれるかだろうね」(村山調教師)。 ◎明らかに相手が揃った印象。
「前走から中1週になるし、輸送もあるので追い切りは控え目。それでも状態はキープできているからね。いつも言うように、この馬は折り合いが全て。鞍上のM.デムーロ騎手の手腕に期待したい一戦だね」(福島調教師)。 ◎相手が強く、スローが予想されるだけに……。
「冬場に調子を上げる馬らしく体調は上向いている。追い切りはそれ程動くという馬ではないのでこれで十分。中山のこの舞台は実績があるし、この馬らしさが出てきた今回は更に楽しみが出てきたね」(池江調教師)。 ◎冬場に調子を上げるタイプだが、明らかに往時の勢いは薄れた感。
「ジャパンCは気性的なものが出たのか全く走ってなかった。能力はあんなものじゃないからね。今日は前に馬を置いて間を割ってくる調教スタイルをとったけど、抜け出した後の様子を見る限り満足がいく動きだった。周りを気にする面と抜け出すとフワッとすることを考えて今回は深いブリンカーを装着。これはジョッキーと相談の上で決めたこと。今日の走りを本番でしてくれれば結果は付いてくると思う」(須貝調教師)。 ◎瞬発力勝負なるとイマイチ厳しいが、力の要る馬場でスタミナ勝負の形なら出番はある。当日の時計、馬場状態を見極めて狙いたい。
「前走は他馬と接触して気負ったため、スムーズさを欠いて少差の9着。惜しい競馬でしたね。追い切りの動きは良かったし、体調に関しては何も言うことはありません。今回は実績がある中山に替わるし、昨年より力も付けているので楽しみです」(三浦調教助手)。 ◎コース巧者だがGIではもう一つの感は否めず。
「昨年と違って今年は体調が下降ではなく上向きで出られるからね。体に張りが出てトモに筋肉が付いてきていい頃のデキに戻ってきている。追い切りの動きが良かったし、元々の能力が高い馬。この秋一番のデキで臨めるだけにチャンスはあると見ているんだ」(池江調教師)。 ◎JCはアワヤのシーン。復調気配が窺えたと見たいが、既に7歳。一変するとは考えにくく、過信は……。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。