競馬 - 皐月賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年4月14日(日)

11R

2013年4月14日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第73回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

「先週ビシッとやったので、今週はこの程度でも……と、思っていたら時計が遅過ぎたかもしれません。様子を見て金曜日にもう一度やるかもしれないけどね。乗り難しい面はあるけど、ジョッキーも2度目の騎乗になるし、共同通信杯の時のように折り合いさえ付けば」(木原調教師)。 ◎前走は出負けが応えたか。ただ、この馬も行きたがる傾向があり、折り合いに不安を残す。
「先週長目からやっているので今週はこれで十分。前走は間隔が開いていたこともあって反応がもう一つだったが、一度叩いたことで体が絞れてきたからね。競馬が上手な馬だから中山のこの舞台でも問題はないし、この相手でも楽しみは持っている」(領家調教師)。 ◎久々を一叩きした上積みは見込めるが、今回は更に相手が強化。上位までは?
「先週やってあるし、今日はそれ程やる予定もなかったので、これで十分だろう。使う毎に力を付けてきているし、中山よりは東京向きといった感じはあるが、ここでもチャンスはあると思う。いい結果を出してダービーに向かいたいね」(松田博資調教師)。 ◎いい決め脚を持っている。ただ器用さに欠ける印象で、中山の内回りがどうか。課題はその点に尽きるか。
「先週速いところをやってあるので、今日は感触を確める程度。状態面は変わりなくきている。欲を言えばもう少し距離があった方がいいと思うし、少しでも下が渋ってくれれば有難いんだけどね。とにかく、今回も前々の競馬でどこまでやれるかだろうね」(宮本調教師)。 ◎今回も前で競馬をすることになりそうだが、有力馬が掛かる不安があり、楽な展開に持ち込めるかどうか。
「先週CWで7ハロンからビッシリやったので、今週は坂路でラスト重点。ここまでは順調の一言だよ。ただ、この馬の兄弟は揃って距離にカベがあったからね。今回は更に1ハロン距離が延びるし、その点が……。今回はチャレンジャーの気持ちでレースに臨むつもり」(南井調教師)。 ◎4着以下が1度もない堅実派。ただ、前走でもゴール前で脚が上がり気味だったことを考えると、この距離は1ハロン長い感も。
「以前より馬に落ち着きが出て、イレ込みがマシになったことで安定して走れるようになってきた。前走でも地力勝負であそこまで頑張ったし、決してフロックとは思っていない。馬は元気一杯だし、中山には良績もある。流れに乗って持ち前の渋太さを生かせるようなら」(岩元調教師)。 ◎豊富なキャリアが大きな武器。ただ、前走が有力馬の凡走に助けられた感もあり、見せ場は作れても上位争いまでとなると……。
「先週やってあるので、今週は折り合いを付けることを重点にラストを軽く伸ばすスタイルの調整をしました。日を追う毎に成長が見られるし、体調面も言うことナシ。競馬が上手な馬だし、前走の競馬を見る限り距離の延長も問題ないと思います。力さえ出し切れば結果は出せると見ています」(田中剛調教師)。 ◎目下3連勝。前走で初の1800メートルを克服。あと1ハロンの延長がどう出るかが微妙だが、好位で器用に立ち回れる脚質は有利。内回りの2000メートルなら我慢が利くかも。
「この中間も順調に調整ができたし、今日の追い切りでも馬の後ろでシッカリ折り合いが付いていたからね。それを考えれば距離が延びても問題はないと思うよ。スピードがあるので恐らく前で競馬をすることになると思うけど、中山コースなら何とか押し切れても……と思っているんだけどね」(増井調教助手)。 ◎まだマイルまでしか経験がない点は気になる材料。前で流れに乗れる脚質は有利だが、課題は距離に対応できるかどうかだけ。マイラー色が強い感じも……。
「前走はスタートがよすぎて逃げる形になり、自分のリズムで走れなかったし、間隔が開いていたことも影響したかもしれません。この中間は体を維持することを重点の調整をしてきましたが、最終追いは多少力味が見られたものの、反応が良かったし、馬もリラックスしていたので問題はないでしょう。あとは馬体を維持できていれば」(橋本調教助手)。 ◎休み休みで今回が4戦目。順調に使える点は強調できるが相手が相手で。
「前走後も順調に調整ができたし、今日は時計こそ地味だったけど馬場が悪かったことを考えれば悪くない動きだったよ。ここにきて毛ヅヤが良くなってきたし、状態が上向いてきていることは確か。切れ味勝負ではどうかと思うけど、上がりを要する様なら」(寺島調教助手)。 ◎今回も主導権を主張するか。同型との兼ね合いがポイントになりそう。
「馬場状態が悪かった割にはよく動いたし、馬の状態はかなり良くなっているよ。ただ、ここまでがダートで勝ち上がってきた馬だからね。芝のGIでどこまでやれるかになるんじゃないかな」(佐藤調教助手)。 ◎正直、相手が強いし芝替わりもプラスとは……。
「前走後は放牧に。向こうでも乗っていたし、帰厩後も順調に乗り込めたので仕上がりはいいですね。ただ、ここまでがずっと単走での追い切りだったので、今週は併せ馬でやることに。気負いも見られず、いい追い切りができましたからね。いい枠順を引けたと思うし、是非、雪辱をと思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎エピファネイア同様、折り合いに課題。能力はここでも上位と言えるが、その点をクリアできるかどうかにかかっていそう。
「前走は折り合いを欠いたことが全て。前走から中2週の競馬だし、追い切りはこれで十分。距離はむしろこのくらいあった方がいいタイプだと思うし、マイポジションを取ってスムーズに流れに乗った競馬ができれば、と思っている」(池江調教師)。 ◎距離は克服できそうだが相手関係を考えると上位までは。
「前走で折り合いを欠いたこともあり、この中間はタメを作ることを重点に置いた調整をしてきました。今週は本番を控えた週ということもあり、気持ちを乗せるために馬の間を割って出る調教スタイルを取りましたが、動きが良かったし、その成果も見られましたからね。課題の折り合いさえ付けば、結果は自ずと付いてくると思うので楽しみにしています」(角居調教師)。 ◎前走は折り合いを欠いたことが全て。まだ信頼感に欠ける嫌いはあるものの、あの一戦だけで評価を下げることは危険。乗り慣れた福永騎手で改めて。
「中間は思い通りの調整ができたことで体の線がシャープになってきたし、馬体にも実が入ってきたよ。最終追いの動きも文句なかったしね。鞍上の意の侭に動く素直さがあるし、スイッチのオン、オフができる点がこの馬のセールスポイント。今まで牡馬のクラシックに縁がなかったけど、この馬で何とかチャンスを、と思っている」(国枝調教師)。 ◎有力馬が折り合いを欠いたことによる利はあったが、折り合いに難がない点は何より有利。4戦3勝の実績は伊達ではなく、今回も要注目。
「前走は距離が少し忙しかったかもしれませんね。この中間も順調だし、追い切りの動きも悪くなかったので状態はキープできていると思います。末脚が武器の馬なのでどうしても後ろからの競馬に。うまく馬群を捌けるようなら……と思っています。ただ距離が1ハロン延びる点は何よりなので、その点はプラスに出ると思いますね」(宗像調教師)。 ◎前走は出負けして流れに乗れず。それでも最速の末脚で4着に迫った内容は評価できる。2戦2勝の舞台になれば見直しが必要かも。
「先週の時点で仕上がっていたので、今週はラストを伸ばす程度。それでもいい調整ができたと思うよ。前走が収穫のあるレース内容だったし、相手は揃うけど持ち前の先行力と立ち回りの上手さは中山コースでは大きな武器になると思う。どこまでやれるか楽しみは持っている」(日吉調教師)。 ◎前走で距離不安を払拭した点は大きい。あとは相手関係のみ。
「今日は時計的にも動いたし、いい追い切りができたよ。ここにきて馬に落ち着きが出てきたし、折り合い面も大分スムーズになってきたからね。距離はギリギリといった感じだけど、前走の競馬が今回に結び付くようなら……」(福島調教師)。 ◎好位で折り合えた点は評価できるが、今回は相手が揃った感アリ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。