sportsnavi

2013年6月2日(日)

11R

2013年6月2日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第63回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

「前走はハイペースの上に包まれ気味。しかもこの馬は58キロを背負っていたからね。それでも僅差の4着なら悲観はしていない。ここまで予定通りの調整ができたし、動き・息の入りも上々で状態面は言うことナシ。東京のマイルはレースがしやすいし、自分のリズムで走れればチャンスはあると思う」(平田調教師)。 ◎前走は他馬より重い58キロを背負って僅差の4着。叩き3走目でGIを勝った舞台なら要注目の1頭。
「前走後はこのレースを目標に調整。追い切りは動く馬だけど、それにしてもいい時計が出たし、動きも良かった。マイルのペースに対応できるかどうかが課題だけど、左回りはコーナリングがスムーズだし、直線が長い東京も歓迎のクチ。持ち前の決め手を生かせる流れになれば」(梅田智之調教師)。 ◎今回が初のマイル戦だが折り合いを付け易い分、むしろ歓迎と言えそう。実績ではヒケを取らない馬。末脚を生かせる形なら。
「馬に気合いが入ったこともあり好時計が出ましたが、GIを考えれば軽過ぎるよりシッカリやった方がいいですから。この後にシッカリとケアすれば問題はありません。マイル戦は久々になりますがジョッキーは『折り合いの不安がないので大丈夫』と言っているので問題はありません。まだノビシロがある馬だし、この馬にもチャンスはあると見ています」(尾関調教師)。 ◎ベストは1400メートルまで。マイルは微妙に長く、相手も揃った。
「先週の時点では少し余裕を感じたので今日はビシッと追い切ったよ。この一追いで丁度良くなるんじゃないかな。切れるタイプではないので好位でロスのない立ち回りができれば可能性はあると思うよ」(清水英克調教師)。 ◎昨年の5着馬。一戦毎に調子を上げている今なら軽視は危険かも。
「あまり攻馬では動かない馬だけど、これだけ動けば上々でしょう。暖かくなるにつれて体が絞れてきたのも好材料。今回はブリンカーを着けていくのでその効果にも期待したいですね」(芝崎調教助手)。 ◎既に8歳。往時の勢いは薄れた感。
「調教は香港にいる時と同じパターン。息の入りはいいし、(遠征などの)疲労も順調に回復しています。昨年は初の左回り、外枠ということもあって力を出し切れませんでしたが、年齢と共に馬が成長してパワーアップ。今シーズンから着けているブリンカーで集中して走れるようになっています。ローテーションも理想的で、今年は楽しみです」(サイズ調教師)。 ◎昨年このレースで14着。能力は認めても前走がもう一つ。ガラリ一変までは?
「今日は馬の後ろで折り合う予定だったが行ってしまった。それは馬が戦闘モードに入ってしまったからだね。馬が成長して折り合い面も大分マシになってきたし、切れるタイプではないので、今の東京は合っていると思う。状態は言うことないし、昨年は春(安田記念2着)、秋(マイルCS2着)と悔しい思いをしたので是非ともタイトルを、と思っている」(矢作調教師)。 ◎元々が叩き良化型の馬だが前走は休み明けにもかかわらず快勝。その後はここを目標に調整されており、昨年2着のウップンを晴らすか。
「前走から間がないので追い切りは馬ナリ。前走の反動もなく馬は元気だよ。ただ、今回は強力な牡馬が相手。楽なレースはできないだろうが、ジックリ脚をタメる競馬をしてどこまでやれるかになるだろう。時計には対応できるのでその点は大丈夫」(水野調教師)。 ◎牝馬限定なら面白いが古馬の強力牡馬が相手では。
「前走の不利によるダメージはなく、馬は元気ですね。先週速いところをやったので今週は馬ナリですが、動きは良かったし、いい状態で臨めそうです。東京のマイルならジックリ乗れるし、タメれば切れる馬ですからね。小細工ナシの末脚勝負に徹すれば……の気持ちです」(三浦調教助手)。 ◎マイルは超久々。叩いた上積みは見込めるが、その点が課題になりそう。
「前走後は放牧に出し、帰厩後はここを目標に調整。今日の追い切りは馬が燃え過ぎないようにと考えてCWで。騎乗した鞍上も『馬は落ち着いていた』と言ってくれたので問題はありません。今回は初コース、久々のマイル戦と未知な部分もありますが、自在性があって折り合いも付く馬。この馬の力を出し切れば結果は付いてくると思います」(安田調教師)。 ◎約2年半振りのマイル戦。前走、出負けして差し切った内容から距離に不安はないと思うが、東京は初コース。その点がどう出るかだろう。
「来日してから環境に慣れるのが早かったし、中間の調整も順調です。年とともに成長が見られ、素質が開花したと言えますね。流れに応じた競馬ができ、距離も守備範囲。前走で手応えを感じましたし、力を出し切ればチャンスはあると思います」(ソー調教助手)。 ◎日本の高速馬場に対応できるかどうか……。当日少しでもクッションが効く馬場なら。
「短期放牧を挟みこのレースを目標に。今週はブリンカーを着けて追い切りましたが、仕掛けてからの反応が良かったし、動きも合格。初のマイル戦になりますが、東京は得意なコースですし、ラストも切れる脚を使う馬。当日の体が510キロを切っていればここでも、と思っています」(橋本調教助手)。 ◎強敵相手に戦ってきた経験は大きいが、今回は初のマイル戦。流れに対応できるかどうかがポイント。
「相変わらず追い切りは動くね。年齢を感じさせない動きだよ。ただ、ここ2戦が自分の形に持ち込めず惨敗。年齢的にズブさが出てきているのかも。先週から坂路1本を2本に増やし、調整パターンを変えているし、色々と変化を持たせてもいる。良馬場ではどうかと思うが、馬場が渋化してハナに行けるようなら……と思っているんだけど」(西園調教師)。 ◎近2走がハナにも行けず。やはり年齢的な衰えは否めないか。
「追い切りに乗った福永騎手が『乗り易い馬』と言っていたし、手替わりは問題ないよ。今週はラスト重点の追い切りだったけど、いい伸びを見せてくれたし、状態面は安定。古馬との対戦は楽ではないけど、斤量差を生かして頑張って欲しいね。道悪は苦にしないので重でも大丈夫」(西園調教師)。 ◎3歳馬では一昨年のリアルインパクトが勝っている。ただ、その時と比べて今年の方がレベルは高く、よほどのことがないと勝ち負けまでは……。
「前走から中2週、輸送もあるので今週はジョッキーに乗ってもらって感触を確かめる程度。状態はキープできています。東京のマイルは2戦2勝。根性があるので牡馬相手でもヒケは取らないと思うし、決め手勝負の形にならなければ……と思っています」(友道調教師)。 ◎牝馬ではアパパネ、ドナウブルー、マルセリーナなどが挑戦したがことごとく敗れた。ウオッカ級のレベルでないと厳しい一戦。
「前走後も順調に乗り込んできたし、最終追いの動きも上々。叩いた上積みもあるからね。ここにきて精神的な成長が見られるし、馬が自信を付けてきている。(除外になっていたが)出走できたことは何より嬉しいし、その運を味方に頑張って欲しいね」(大久保龍志調教師)。 ◎重賞戦線で差のない戦いを演じてきた馬。マイルもOKで東京も問題ナシ。
「今日の追い切りは実戦同様、渋太かったし、追ってからシッカリ伸びていた。体付き自体は変わっていないけど、目に見えない部分で成長しているのかもしれない。距離が延びるのは歓迎だし、グランプリボスとはまた違った面で楽しみがあるね」(矢作調教師)。 ◎距離が延びる点はプラス。牡馬にしてはガサがなく、58キロの斤量がどう出るかがカギ。
「今日は最後までシッカリ追い切ったが、動き・時計共に上々だったと思うよ。前走は折り合い重視の競馬で7着だったけど、着順ほど負けてないからね。それに馬場が悪かったこともあったし。当日の馬場状態がカギだけど良馬場でできれば見直せると思っている」(西園調教師)。 ◎昨年9着。今年は叩き2戦目でここを目標のローテーション。前走は馬場が悪かったこともあり伸びを欠いた印象。パンパンの良馬場なら見直す手も。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。