2013年5月26日(日)

10R

2013年5月26日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第80回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

「悔いが残るのは嫌なのでジョッキーにはシッカリやってとの指示。ラストはいい伸びを見せてくれたし、仕上がりに関しては何の不満もないですよ。やるべきことは全てやったし、あとは腹をくくって騎手に託すだけだね」(佐々木晶三調教師)。 ◎長くいい脚を使う馬で、コースはピッタリ。うまく馬群を捌ければ差し切りも十分。
「体の方は既に仕上がっているので、今週は上がりだけの追い切りは予定通り。時計は遅かったけど動きは良かったからね。ここまでいいと思うことは全てやったし、悔いのないレースを、と思っている」(藤沢和雄調教師)。 ◎能力は確かだが行きたがる面があり、道中の折り合いがカギを握りそう。
「今日は併せ馬でシッカリ追い切ったがいい動きだったね。芝の長丁場はこの馬に合っているし、今回も逃げるかどうかはジョッキーの判断に委ねることに。癖は知り尽くしているので、その点は大丈夫。あとはこの馬のリズムで走れれば」(堀井調教師)。 ◎前走はスローに落としてまんまと粘り込んだが、今回は楽な展開は望めそうにない。
「先週シッカリやってあるので今週は流す程度。金曜日に東京に輸送して土曜の朝に馬場に入れる予定をしている。万全の態勢で臨むよ。距離に関しては未知だが、色々な課題をクリアしてきた馬だからね。ここでも楽しみは持っている」(日吉調教師)。 ◎まだ行きたがる面は解消されておらず、この距離は長い印象も。
「今日は思った通りの追い切りができたし、動きも良かったので満足しています。前走で折り合い重視の競馬をしたことが今回に繋がれば、大駆けがあっても不思議はないと思っています」(木原調教師)。 ◎前走は出負け。とはいえ、出して行けば掛かる面がある馬。距離延長は割引かも。
「前走後はダービーまで間隔があることから疲れを取ることに専念。その後は順調に乗り込めたので状態は持ち直している。2週に渡っていい動きをしてくれたし、ジリジリと脚を使うタイプなので東京は合うハズ。折り合いさえ付けば距離もこなせると思うので」(池江調教師)。 ◎近走の内容から特に強調材料は見当らず。
「前走後もいい感じでここまできている。一戦毎に馬がシッカリしてきて成長を感じるし、馬体増が示すように体に実が入ってきている。最終追いも良かったし、相手は強くなるけど楽しみは持っている」(国枝調教師)。 ◎前に有利な流れだった前走。レース自体が平凡で、レベル的に今年の青葉賞はあまり高く評価できないかも。
「前走と同じように1週前に追い切り、当週は速い時計は必要ないのでこの程度で十分です。予定していた通りの時計でしたし、動きも言うことはありません。一戦毎に馬が進化しているのが分りますし、成長もしています。プレッシャーは感じますが、やるべきことはやりましたし、いい状態でジョッキーにバトンタッチできると思っていますから」(田中剛調教師)。 ◎折り合いに不安がないので距離延長は問題ないはず。成績も頭一つ抜けており、コース経験があることも心強い。
「前走はハミを噛んだ分の差が出た感じですね。この中間はジョッキーに乗ってもらい、調教のパターンを工夫しての調整。大分乗り易く、コントロールが利くようになったとのこと。距離は問題ないと思うし、折り合いの難しさを出しながらもここまで強敵相手に善戦してきた馬。能力を出し切りさえすれば……と思っています」(岸本調教助手)。 ◎掛かる気性は完全解消とは言えない分、まだ全幅の信頼はできないが、流れが速くなり、脚をタメる競馬ができれば好勝負に。
「ここまで順調に調整ができたし、今日の追い切りも悪くなかった。体付きもいいし、力を出せる仕上がりだよ。課題の距離だけど、ここまで堅実に走ってきたし、力も付けていると思うので……。デキの良さを生かして何とか、と思っているんだけど」(南井調教師)。 ◎皐月賞はこの馬なりに脚を使ったが、血統的にこの距離は長いかも。
「この中間は馬の後ろで我慢させる形の追い切りを。思い通りの調教ができているし、前走でもスムーズに折り合えていましたからね。本番でも折り合いさえ付けば距離も問題ないと思います。状態はいいので楽しみはありますよ」(花田調教助手)。 ◎レースのパターンが決まっていない印象。ここ一連の成績からガラリ一変は望み薄で。
「ここまでずっと使ってきているので今週は流す程度。状態はいい意味で平行線。距離は問題ないと思うが、今回は相手が相手だからね。楽な競馬は望めそうにないかも。ただ、父・メイショウサムソンの代表として頑張って欲しいね」(杉浦調教師)。 ◎前走は展開に恵まれて?の逃げ切り。このメンバー相手で即通用とは。
「前走後の反動が少なかったのでここに。中間も順調ですし、今日の追い切りもラスト重点とはいえいい伸びでしたからね。課題の距離ですが、この馬は折り合いに問題はないので走らせ方一つでクリアできると思っています」(畠山吉宏調教師)。 ◎GI馬とはいえ、初の長距離。掛かるタイプではないが、その点は多少の割引も。
「減った体が戻りつつあることからオーバーワークを避ける程度の調整だが、思った通りのいい併せ馬ができたと思う。この後輸送で体が減らなければ力は出せると思うし、長くいい脚を使うのでこの舞台も合うと思う」(音無調教師)。 ◎体が回復傾向にある点はプラス。ただ、一線級相手ではワンパンチ不足。
「中2週、しかも前走のNHKマイルで激しい競馬をした後なので強い調教は必要ありませんからね。むしろ状態面では前走を上回っているかも。競馬のセンスがいいし、母系からも距離はこなせると見ています」(藤沢和雄調教師)。 ◎相性がいい東京。ただ、マイルを使った後のこの距離がどう出るか……。
「前走後の回復が早かったのでダービーに挑戦することにしました。追い切りの動きが良かったし、状態面に問題はありません。この馬は切れるというより、追ってバテないしぶとさが武器。それだけにこの舞台は合うと思います。この相手でも持ち味を出し切れば……の気持ちはありますね」(吉村調教師)。 ◎長距離では安定した走り。成績的には地味だが、先行力もあり混戦になれば出番も。
「前走は久々ということもあり、馬が力んで走っていましたが一度使ったことでガス抜きはできたと思う。叩いて体も良くなっているし、馬に落ち着きが出てきたのも好材料でしょう。あとは枠なりの競馬をしてくれれば」(藤沢和雄調教師)。 ◎久々を叩いた上積みは見込める。コース替わりもプラスで、力関係がどうかだけ。
「前走は突然の乗り替わりもありましたが、流れも厳しかったね。さすがに反動はありましたが、シッカリとケアができたし、今は持ち直しています。今日の動きも悪くなかったし、気分良く走らせれば距離も持つハズ。あとはトビがキレイなので是非、良馬場で」(岩元調教師)。 ◎前走が負け過ぎ。一変は望めず。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。