IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年9月2日(日)

11R

2012年9月2日(日) | 2回小倉12日 | 15:35発走

第32回小倉2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3000、1200、750、450、300万円 |

「一度叩いた上積みは大きいよ。今回は芝に替わるけど軽い走りをするので、問題はないと思うけどね。今後の選択肢が広がるような競馬を、と思っている」(河北調教助手)。 ◎ダートで初戦勝ち。馬場を考えても走破時計は速く、芝でもスピード負けはしない印象はある。
「この中間も順調そのもの。前走はハナに行けなかったが、先手を取れれば見直せると思う。今回はメンコを着けていく予定」(鈴木孝志調教師)。 ◎やはりスピード決着になるとやや分が悪い印象。
「馬場が悪い時間帯でこれだけ動けば上々だよ。勝ち時計は平凡だけど、それは流れ一つで変わるもの。今回も楽しみを持っての挑戦だよ」(南井調教師)。 ◎時計は地味だが上積みを感じる体付きでの勝利。叩いた効果が見込める今回は、ここでも無視はできない。
「今日はラスト重点の追い切り。馬体は小柄だが動きに迫力があるし、いい勝負根性をしている。叩いた上積みも見込めるので」(清水久詞調教師)。 ◎初戦で仕上がっていたので上積みは? 時計も平凡で。
「追い切りの動きは言うことナシ。レースの流れは問わないし、上積みも十分。ここも先々への通過点にして欲しいと思っている」(西園調教師)。 ◎スピードの違いで逃げ切った初戦。ここ一本の調整で、仕上がりは上々と見たが、逃げ争いの形にならなければ。
「連闘でも疲れはなく順調。叩いて気合い乗りがよくなったし、前走の時計も悪くなかったからね。ここでも、の気持ち」(山本調教助手)。 ◎連闘で挑戦。ただ今回は相手関係がかなり厳しく、上位争いまでは?
「まだ若さはあるが、並ぶと根性を剥き出しにするタイプ。道中フラフラする面はあるけど、真っすぐ走ってくれればここでも」(田所調教助手)。 ◎2戦目で変わったが、今回は連闘。相手に恵まれた前走とはかなり状況は違うだけに……。
「中1週なので追い切りはラスト重点。前向きさが出てきたし、デキは前走以上。今回も末脚勝負の形になると思うが、嵌れば」(木野調教助手)。 ◎小柄な馬で中1週での輸送は気になる材料。ただ決め脚は鋭い物があり、馬体維持なら。
「ここ2週に渡っていい動き。小柄な体を大きく見せているように体調は文句ナシ。飼い葉もシッカリ食べているし、厩舎ゆかりの血筋。是非、好結果を」(清山調教助手)。 ◎この距離ならまだスピードで押し切れそう。滞在の利と、再度54キロもプラス材料。競りこまれず、道中がスムーズなら。
「今日はシッカリ追い切ったし、余裕を持った前走時よりは間違いなく上向き。それだけ今回の方が動けるはずだし、この相手でもどこまでやれるか楽しみの方が大きいね」(小坂騎手)。 ◎後手を挽回して、早め先頭の形から押し切った前走。勝ち内容がよく、時計は地味でも無視は危険か。
「攻めは単走でラスト重点だが動きは良かった。レース経験の豊富さは混戦になればなるほど大きな武器になると思う。揉まれる競馬も我慢できそうだし、期待は持っている」(西園調教師)。 ◎時計は馬場を考えれば立派。小柄な馬で馬体維持が最大のポイントだが、維持できていればキャリアを武器に。
「追い切りは最後の反応が上々。馬体も減らずいい状態をキープしている。初戦は時計はともかく、勝ち内容がよかったからね。ここもレースセンスのよさに期待したい」(領家調教師)。 ◎仕上がっていたので、あまり上り目はどうか。時計も地味で。
「間隔を開けたのは予定通り。ここにきて馬に実が入ってきたし、芝も走れる血統。控えても競馬はできるし、ここも楽しみ」(飯田明弘調教師)。 ◎前走がダートとはいえ大楽勝。走破時計も優秀だ。芝は未知だが、能力は通用する。
「連闘・輸送でオープン特別を使ったので、疲れを取ることを重点に調整。今週はラスト重点だが、疲れも取れて持ち直している。あとは差し脚を生かせる展開になれば」(湯窪調教助手)。 ◎フェニックス賞は出負けしたことも痛かったが、勝った馬には力負けの3着。ただゲートが五分ならまだ見限れないが。
「この中間も手控えずにシッカリ追い切ってきた。状態は更に上向いているし、時計短縮も可能。遊びながら勝った前走内容から楽しみ」(鈴木孝志調教師)。 ◎安定した取り口で初戦勝ち。ただ時計は平凡で。
「先週やっているので、今週は反応を確かめる程度。初戦は外に逃げ加減だったがよく我慢したし、あとは極端に速い決着にならなければ」(上籠調教助手)。 ◎馬場が悪かった分、時計は地味なのは仕方がないが、少頭数にも恵まれた感があり過信は……。
「前走はレース中に外傷する不利でも最後まで頑張ってくれた。ソエもだいぶ良くなったし、輸送もOK。先行力を生かし頑張って欲しい」(鈴木調教助手)。 ◎テンの速さはなかなか。ローテーションはハードだが、馬体維持なら問題なさそう。ただ、強力な同型の存在は気になる材料。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。