IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年2月4日(土)

11R

2012年2月4日(土) | 1回小倉7日 | 15:25発走

第46回小倉大賞典(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

「状態はいい意味で平行線といった感じ。今回は牡馬が相手になる点がどうかだが、小倉との相性のよさに期待したいね」(藤原英昭調教師)。 ◎牡馬混合がどうかだけ。ハンデ差を武器に流れが向けば食い込みもあるか。
「この中間も順調そのもの。追い切りの動きも悪くなかったしね。距離短縮は問題ないし、ハンデもOK。あとはこの馬向きの流れになるかどうかだけ」(中川調教助手)。 ◎重賞ではもう一押しが利かない感じ。
「追い切りの動きは悪くなかったし、徐々に復調気配は感じるよ。小倉は良績があるし、上手く展開が嵌ってくれれば」(猿橋調教助手)。 ◎小回りでも問題ナシ。距離もOKで末脚を生かせる流れになれば。
「この中間はシッカリ追い切っているし、状態面は問題ないよ。このところ結果は出ていないが、相性がいい小倉。軽ハンデを武器に前進を期待したい」(日吉調教師)。 ◎5勝中3勝が小倉と相性は抜群。近走不振も51キロなら見せ場は作れるかも。
「決して状態は悪くないのに結果が出ない。レースで自分から走るのを止めてしまっている感じだね。今回は馬具を工夫して臨むのでその効果が出るようなら」(中川調教助手)。 ◎実力馬だが一連の成績からまだ狙い目は立たない。
「この中間はハードに追い切って体に締まりが出てきた。叩いた効果は見られるし、前々で渋太さを生かせる競馬ができれば、と思っている」(岩元調教師)。 ◎この距離は守備範囲。叩いた分の上積みは見込めるが一変まではどうか。
「前走が実に渋太かったし、控えても競馬はできるが、この馬はやはり逃げた方がいいね。状態は最近の中では一番いいし、馬場が悪くならなければやれると見ている」(坂口正則調教師)。 ◎前走もよく粘っていた。平坦替わりはプラス。前々で自分のリズムを守ることができれば残り目アリ。
「使いたいレースを使えずにきているせいで、気の悪さが出てきている感じ。それにこの馬は夏場の方が走る傾向があるので、その点もどうか」(喜多調教助手)。 ◎一叩きしたが、ガラリ一変はムリ。冬場も割引。
「先週速いところをやっているので、今週は気合をつける程度。今回が叩き3戦目で得意の小倉。今度はやれると思いますよ」(和田調教助手)。 ◎小倉は何よりのコース。ハンデがよほど重くならなければ好走は可能。
「逃げてこその馬。自分の形にさえ持ち込めば簡単にはバテないし、今回も自分の競馬に徹してどこまで頑張れるかだよ」(南井調教師)。 ◎逃げてこそのタイプ。今回も展開が全て。
「追い切りは遅れたが実戦タイプだから気にはしていない。前走のダメージはないし、状態面は問題ナシ。改めて期待したいね」(松田博資調教師)。 ◎前走落馬のダメージはなさそう。ただ休み休みでまだ本調子には一息かも。
「追い切りはシッカリやったし、状態はキープできている。小回りのこの距離はピッタリだと思うし、トップハンデのこの斤量は仕方がないし、クリアしてくれれば」(宮調教師)。 ◎コースOK。力は上位で後はハンデがどの程度になるかどうかだけ。
「今日は調教駆けする馬と併せて先着と動きは良かったよ。今の荒れた馬場も気にならないし、スムーズな競馬ができればここでも差はないと思うよ」(本田調教師)。 ◎良化がスロー。小倉も初で今回も様子見か。
「動きは良かったよ。前走でも少差の5着と走っているし、元々が重賞を勝っている馬だからね。ここでもやれると思うし、是非、結果を出して欲しい」(加用調教師)。 ◎平坦・小回りは合うが、近走は最後の詰めがもう一つの印象だが、展開次第で連下ならあるかも。
「年齢的に上積みは望めないが、まだ衰えてはいないと思う。距離延長はプラスだし、ハンデ差を生かして頑張って欲しいね」(梅内調教師)。 ◎明けて11歳。さすがにもう上がり目は望めそうにないか。
「前走はテンから出して行ったし、あの結果は仕方ないね。追い切りの動きは良かったし、ジワッと行く競馬をすればここでもやれると思うけどね」(佐々木晶三調教師)。 ◎初の重賞挑戦だった前走はいつもより早めの競馬で伸びを欠いたか。小倉にも良績あり、オープン2戦目で一押しは可能。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。