2012年12月9日(日)

11R

2012年12月9日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第64回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

「放牧の効果で馬にいい筋肉が付いてきたことは何より。前走は負けはしたけど中身の濃い2着だったし、悲観はしていない。距離延長はプラスだし、更にパワーアップした今なら、この相手でも期待は大きいね」(須貝調教師)。 ◎久々、初の当日輸送を克服して2着。1800メートルの新馬で勝っており、マイルは全く問題ナシ。叩き2走目で上積みも見込めそう。
「今週は坂路でラスト重点の追い切り。前走後も順調に調整できています。前走で馬込みに入っての競馬も経験できたし、あの経験が今回に生きれば、と思っているんです。それに外回りのマイルは競馬がしやすいと思うので、あとはうまく折り合って行ければ」(浅見調教助手)。 ◎前走は伸びずバテずの5着。ただ、スピードはあるので好位で流れに乗った競馬ができれば。
「この中間もしっかり飼い葉を食べているので、いい筋肉が付いて逞しくなってきたよ。前に馬を置いて、末脚を温存して競馬ができればマイルでも問題はないと思うし、その点はジョッキーも分かってくれていると思うからね」(佐藤正雄調教師)。 ◎少し行きたがる面があるのでマイルがどうかも、折り合いが付けば十分勝負になる馬。
「中1週になるので追い切りは控え目だがこれで十分。少し他馬を気にする面があるので、揉まれない位置で競馬ができることが理想。相手は揃っているが今の力でどこまでやれるかを試してみたいね」(飯田明弘調教師)。 ◎キャリア1戦でこの相手では。
「今日はオーバーワークを避けるため、2歳の新馬と併せることにした。馬場が悪かったこともあるが、時計的にもこれで丁度良かったと思う。コース替わりはいいと思うし、2走前の“ききょうS”のようにうまく折り合って抜け出す競馬ができれば、と思っている」(加用調教師)。 ◎前走は出負けしたことで位置取りが悪くなっての敗戦。発馬を決めて流れに乗った競馬ができれば巻き返しは可能。
「前走も2着馬がきたらもう一伸びしてくれたように、まだ奥を感じさせる強い競馬だった。ここまではしっかり調整ができたし、いい状態で出走できるのは何より。このメンバーに入っても実績は一番だと思うし、再度牝馬限定のマイル戦。期待に応えられる結果を出したいね」(須貝調教師)。 ◎最内を通ったとはいえ、豪快に差し切った前走が強かった。この舞台も経験済みで、ここでも好勝負に。
「先週速いところをやっているので、今週は併せ馬でサッと流す程度。それでも時計、動き共によかったので状態面の問題はナシ。この馬は自在性がある上に、前で競馬ができるので、それをフルに生かせればと思っている。距離も問題ないしね」(田所秀孝調教師)。 ◎スローに持ち込んで逃げ切った前走。今回は坂がある阪神、マイルで自分のリズムで走れるかどうか。
「前走後は放牧に。その後は早めに栗東入りして環境にも慣れたし、中間も順調に調整ができている。今週の動きもよかったしね。前2走の勝ち方が高く評価できる内容だし、まだ完成の域には達していないとはいえ、この相手でも期待は持っている」(加藤征弘調教師)。 ◎出遅れた前走が後方一気の差し切り勝ち。久々に加え、小柄な牝馬で長距離輸送が課題になりそうだが、それらをクリアできれば。
「未勝利を勝ったばかりだが、一戦毎に馬が成長しているし、落ち着きが出てきているのも好材料。先々を期待している馬だし、確かに相手は揃ったけど色気を持っての遠征。決め手勝負の形になるようなら……と思っている」(国枝調教師)。 ◎ゲートに課題。スムーズに流れに乗った競馬ができれば見せ場は作れそうだが。
「小さな馬だがあれでもまだ余裕がある体付き。それでも初戦が最速の末脚で差し切り勝ち。しかも2着馬を離していたからね。当日は体が減ると思うけど、それは絞れたモノと見ていいと思う。この相手でも、とは思っているんだけどね」(鹿戸雄一調教師)。 ◎出遅れて早めに追い上げ、ラストもしっかりと内容は評価できるが、初の長距離輸送、キャリアを考えると上位までは……。
「前走後は放牧に。帰厩後はこのレースを目標に仕上げてきたし、一追い毎によくなってきている。距離延長はプラスだと思うし、相手は揃ったけど、ここでどんな競馬をしてくれるか、楽しみはもっているよ」(山内調教師)。 ◎今回は久々、当日輸送、距離延長と条件が厳しく苦戦か。
「今日は馬場が悪かったわりには時計も速かったし、動きも良かったよ。一戦毎に馬が逞しくなっているし、今回は初の右回りになるけど、その点も問題ナシ。道中、うまくハミを外していけば距離も問題ないと思うし、ハナにこだわらなくても競馬はできると思う」(松元調教師)。 ◎前に行く馬に苦しい流れを踏ん張って4着。体の成長も窺え、再度前々で渋太さを生かせれば。
「馬場が悪かったにもかかわらず、今日は併せた古馬に先着。しっかりした脚取りだったし、時計も優秀。前走が描いていたレースとは全く違ってチグハグなレースになってしまったけど、スムーズな競馬ができれば変わっても……と思っている」(山内調教師)。 ◎前走は久々で太めに加え、出負けではあの敗戦も仕方なし。距離は問題ないので発馬が五分なら一概に軽視は……。
「2週に渡って長めからビシッと追い切って態勢は整ったよ。前2走が牡馬相手に善戦と力のあるところを見せてくれているし、今回は相手が揃ったとはいえ、牝馬同士の一戦だからね。全く抵抗できないとは思っていないし、持てる能力を出し切れば見せ場以上も……と思っているんだ」(鈴木孝志調教師)。 ◎新潟2歳Sを5着、前走が暮のラジオNIKKEI杯2歳Sでも有力視されるキズナの3着。一概に軽視までは。
「早い時期からここを目標に置いていた馬。馬に落ち着きが出てきて、だいぶ大人になってきたよ。追い切りの動きもよかったし、レースでは位置取りにこだわらず、折り合いに重点を置いた競馬をしてもらうつもり。思惑通りの競馬ができれば、この相手でも……と思っている」(松田博資調教師)。 ◎前走はスンナリ先手を取って一杯一杯に逃げ込む。ただ今回は相手が揃った感があり、楽に行けるかどうか……。
「追い切りの動きはよかったね。前走は初めて砂を被る競馬で気の悪さを出してしまったが、本来はスピードがあって競馬センスがいい馬。条件は楽ではないと思うけど、ここでどんな競馬をしてくれるか楽しみは持っている」(西園調教師)。 ◎距離延長、相手強化を考えると上位までは。
「栗東に早めに入厩した効果で飼い葉食いがよく、いい体付きになっている。先週速いところをやっているので、今週は馬ナリだけど、動きもよかったからね。相手は揃ったけど、適度に時計を要するようなら」(加藤征弘調教師)。 ◎ここ一連の成績からは上位争いまでは?
「さすがに前走好走の反動は見られたけど、その後はしっかりケアができたので、疲れも取れて状態面に問題はないですよ。今週の追い切りの動きもよかったしね。まだ完成途上だけど、能力は高い馬。脚をタメる競馬で頑張って欲しいですね」(手塚調教師)。 ◎前走は勝ち馬を上回る末脚で大外を通って僅差の2着。牝馬にしては大柄でスケールも大きく、外回りも歓迎。ゲートが五分なら差し切りまであるか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。