2012年12月2日(日)

11R

2012年12月2日(日) | 5回阪神2日 | 15:40発走

第13回ジャパンカップダート(GI)

ダート・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 |

「今日は馬場が悪かったし、時計も時計で判断はし辛いが一度使ったことで馬がピリッとしてきたことは確か。性格的なものなのか前走は久々が応えたとしか思えない。ただ、一度使うとガラッと変わるタイプ。古馬と戦った経験は今回に繋がると思うし、良績がある阪神で改めて見直したいと思っている」(昆調教師)。 ◎前走は久々に加え、初の古馬相手。しかも速い流れに対応できずに惨敗。あの一戦だけで見限るのは危険かもしれないが、あまりに負け過ぎの感は否めず、いきなり上位までとなると……。押さえが一杯か。
「今日はラスト重点の追い切りだったが、シッカリした脚取りだったし、デキに関しては言うことないですよ。テンに行けない馬なので前半のポジションがカギになるけど、展開が嵌るようなら出番があっても……と思っています」(戸田調教師)。 ◎JBCクラシックはワンダーアキュートに5馬身差の差を付けられて2着。コース替わり、距離短縮共にプラスとは思えず、やや割引が必要かも。
「GI挑戦ということで今週はシッカリ追い切った。動きはよかったし、パワーアップもしているからね。立ち回りが上手で、勝負根性もある馬。昨年は6着だったけど、もう一度牡馬の強敵を相手にどこまでやれるか、楽しみを持って挑戦するよ」(田代調教助手)。 ◎船橋の交流重賞(牝馬限定)を捨てての挑戦。兄・ローマンレジェンドにはまだまだ及ばないが、強気の挑戦は評価したい。
「追い切りは少し行きたがったけど、うまく折り合いを付けてくれたし、時計・動き共によかったと思う。年齢的に上がり目はないけど高いレベルで状態は安定しているし、鞍上も癖は掴んでいるので問題ないからね。戦法は鞍上に任せているし、再度57キロなら恥ずかしくない競馬になると思う」(安達調教師)。 ◎7歳になったが衰えはナシ。今回は鞍上が手替わりになるが、癖がない馬で問題はないハズ。エルムSは斤量差で負けただけ。57キロなら見直せるハズ。
「冬場に調子を上げる馬らしく、日を追う毎に状態がアップ。それを裏付けるかのように最終追い切りの動きもよかったからね。今回は初めてのダート戦で、正直走ってみないことには分からないが、血統からはこなせると見ている。これを機に新しい側面が出てくれれば……と思っている」(兼武調教助手)。 ◎体重減は回復基調。ただ今回は初のダート。しかも距離も少々忙しい感じで、今回は様子見が妥当かも。
「先週速い時計を出しているので今週はラスト重点。仕掛けてからの反応がよかったし、叩いた上積みは十分見込めるよ。最近は馬がズブくなっているので距離延長は問題ないハズ。この相手でも力差はないと思うので頑張って欲しいね」(大橋調教師)。 ◎阪神は問題ないが、この距離は微妙。コーナー4回のコース形体もどうか。
「今日は馬場が悪かったので坂路ではなくポリトラックで追い切りました。久々を一度使ったことで動きが素軽くなったし、気持ちも乗ってきましたからね。間違い無く状態は上向いています。前走は行けなかったけど、やはりハナに行ってこそ持ち味が出る馬。今年は3連覇の夢がかかっていますが、自分の形で競馬ができれば実現できる可能性はあると思っています」(安田調教師)。 ◎JBCクラシックは久々の分、バテての3着。昨年はJBCの前に南部杯を快勝し、このレースを叩き3走目で制覇。今年は2走目での参戦とローテーションにやや違いがあるものの、まだ見限れない存在。
「追い切りの動きはよかったし、中2週でもゲート練習を含め、やれることは全てやってきたからね。輸送に関しても問題はないし、まだ完成途上だけど今後に向けて実のある結果を出してくれれば……と思っている。とにかくスムーズにゲートを出てくれれば」(堀調教師)。 ◎出遅れした前走が外々を回るロスで差し切り勝ち。古馬の強力メンバーをアッサリ退けた内容は高く評価できる。まだ伸び盛りの3歳馬。56キロなら。
「まだ完調手前だった前走であれだけの競馬をしてくれたからね。改めてこの馬の能力の高さを再確認したよ。追い切りの動きは前走とはまるで違うし、鞍上もこの馬を完全に手の内に入れている点も心強い。競馬センスが高く、立ち回りが上手な点がこの馬の大きな武器。この相手でも期待は大きいよ」(西浦調教師)。 ◎ハタノヴァンクールに対してこちらは初の古馬相手でも粘り強さを発揮してローマンレジェンドの僅差3着と見せ場タップリ。1キロ増の56キロになるが、流れ一つでは。
「癖を掴んでもらうためにデムーロ騎手に乗ってもらったが、重い馬場にしてもいい動きだった。彼からも好感触のコメントを貰ったからね。この馬は“走る”と思ってはいたけど、これだけ連勝するのは予想以上。さすがに今回は強豪揃いで楽観はしていないが、100%の仕上げで臨める。今年最後の大一番を是非、いい結果で締め括りたいと思っている」(藤原英昭調教師)。 ◎休養を挟み6連勝。未だダートでは連対を外さぬ堅実さ。再度57キロでの出走ならチャンスは十分。癖が無い馬で鞍上の手替わりも問題ないハズ。
「前走は久々に加え、急遽の乗り替わりだったことを思えばよく走ってくれたと思う。大型馬の2戦目で型通りに状態はアップ。この馬のベストはマイルまで、それに器用さに欠けるのでコーナー4回のこのコースもどうかと思うけど、最後は確実に脚を使ってくれるからね。その点に期待しているんだ」(兼武調教助手)。 ◎それなりにラストは伸びてくるが、もう一押しが利かない感じ。叩き2戦目の上積みは見込めるが、上位争いまでとなると展開の助けが必要。
「状態は高いレベルで安定。前走は輸送しても発汗が見られず、体重こそ大幅に減っていたが、あの体付きで丁度良かったと思う。今回は錚々たるメンバーが相手で簡単にはいかないと思うが、叩いた効果と輸送距離が短くなる阪神。そのぶん体は増えると思うが大幅に増えなければ大丈夫。昨年は出負けして2着だったが、何とか雪辱を……と思っている」(佐藤正雄調教師)。 ◎昨年のこのレースは致命的な出負けをしてトランセンドの2着。前走で交流重賞とはいえ、待望のGIを制覇。体が絞れたことが大きな勝因といえそう。今回も体が極端に増えていなければ再度金星を取れる可能性はあるだろう。
「今日は前に馬を置く形の調教。テンはユックリ入ったこともあって全体の時計はそれ程速くないけどラストがいい伸び。この馬本来のデキに戻った感があるね。前走は前が残る展開だったし、参考外の一戦。今回は斤量が1キロ軽くなる点も好材料で楽しみはありますよ」(安田調教師)。 ◎久々を叩いた効果は見込めるが、ここに入るとやや荷が重い感じで。
「先週もビシッとやったが、今週もシッカリ追い切って十分過ぎるほど負荷をかけた。GIでは中途半端な仕上げでは通用しないからね。この1年で更に馬が成長しているし、パワーアップしている。前走は仕掛けのタイミングが早かっただけで力負けとは思っていないし、期待を持って参戦するよ」(大橋調教師)。 ◎昨年9着。前走はローマンレジェンドより1キロ重い58キロでクビ差2着。今回は同斤の57キロでの出走。好位で流れに乗れれば今回も一概には。
「仕掛けてからの反応がよかったし、動きもよかったよ。前走は出入りの激しい競馬で、この馬のリズムで走れなかったことが応えたと思う。それに馬場も合わなかったからね。走り慣れた阪神コースに替わる点はプラスだけど、相手が揃っているから……」(和田調教助手)。 ◎ヴァーミリアンの弟とダート巧者の血筋だが、兄の域にはまだまだ及ばず。中央ではGIIなら通用してもGIではまだ力不足の感は否めない。
「元々が調教でそれ程動く馬ではないから、この程度で十分。前走が2走前と違い、追走に苦しんだところを見ると時計が速かったことが応えたのかも……。実績がある阪神コースに替わる点はプラスなので、少しでも時計を要するようなら」(橋口調教師)。 ◎メンバーが揃っただけにみやこSはさすがに厳しかったのか、勝ち馬から1秒3差の8着。今回は更に相手が強化されるので……。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。