IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年2月25日(土)

11R

2012年2月25日(土) | 1回阪神1日 | 15:35発走

第21回アーリントンカップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 |

「前走スタート地点の芝の部分の走りが悪くなかったので、芝に替わる点は問題ないと思う。デキ自体はキープできているし、距離延長も問題ナシ。どんな走りをしてくれるか楽しみにしている」(庄野調教師)。 ◎血統的にダートの方がいい馬。初芝でこの相手では。
「前走は折り合いが付いたにせよ、ジックリ構えすぎた感じ。阪神は良績があるコースだし、今度は前を射程圏内に入れた位置で競馬をさせたいと思っている」(橋口調教師)。 ◎前走は完全に展開が向かず。まだ折り合いに難しい面はあるものの、阪神は4戦2勝、2着2回とパーフェクト。コース替わりはプラスで好戦は可能。
「追い切りはいい動き。ここを目標に仕上げてきたので状態は良好。前走は他馬と接触して怒ってしまい、折り合いを欠いたもので参考外の一戦。距離短縮は折り合い面でプラスになると思うし、見直せると思っている」(田代調教助手)。 ◎前走はイレ込みがきつく、掛かり気味の逃げで一杯。距離短縮で折り合えば。
「前走はイレ込みが全て。ただこの中間もイラ付き気味で落ち着きに欠ける面が見られるので……」(日高調教助手)。 ◎重賞になるとやや格落ちの感は否めず。
「芝のレースは前をカットされる不利があって少差の4着だからね。内容的には決して悲観するものじゃなかったと思う。課題の折り合いさえ付くようならこの相手でもヒケは取らないと思う」(谷原調教師)。 ◎芝は1戦してレコードに0.5秒差の4着。しかも逃げて粘ったようにスピードは十分。マイペースなら侮れないか。
「とにかく真面目に走る馬。前走は不利がありながらも諦めずに一生懸命走ったように気性の強さもある。今回は相手が強化されるが、外回りに替わる点はプラスだと思うし、どこまで戦えるか楽しみにしている」(矢作調教師)。 ◎前走は不利を克服して快勝と能力は認める。ただキャリア1戦でこの相手では。
「前走後は短期放牧に。その効果で馬が一回り成長してきたよ。追い切りの動きは良かったし、折り合い面を考えるとマイルはプラス。改めて見直したい」(寺井調教助手)。 ◎マイルはOK。折り合いを考えるとむしろこの距離の方がいいかも。
「この中間も順調そのもの。前走は珍しく先行したが大きく崩れなかったからね。今回はいい勝ち方をしたマイル戦だし、楽しみはあるよ」(鶴留調教師)。 ◎前走が意外に粘りを欠いたが、距離短縮はむしろいいかも。阪神も良績があり、見限りは危険か。
「前走後は疲れを取るため放牧に。その点に主眼を置いたのでどうかと思ったが、悪い馬場にしては動いてくれたし、これなら一安心。目標は先にあるけど、走れる態勢にはあるのでチャンスはあると思うよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎前走は大外枠が痛かった。それでも5着に食い込んだのは能力の証し。久々は苦にせず上位の存在。
「スタート地点の芝の部分の行きっ振りが良かったので、芝のここを使うことにした。血統的にも芝はマイナスにならないからね。馬具効果で集中して走るようになっているし、どこまでやれるか楽しみは持っているよ」(白井調教師)。 ◎今回が初芝。この相手にいきなりとなるとやや疑問。
「追い切りの動きは悪くないし、中間も順調にきている。ただレース当日にテンションが上がる傾向があるので、今回は落ち着かせる意味でパシュファイヤーを着けてみる。落ち着きさえあれば変わっても」(音無調教師)。 ◎重賞に挑戦した2戦が案外。距離はマイルより、もう少し短い方がいいのかも。
「前走は遠征競馬ということもあり、レース前にパニックになってしまった。今回は輸送距離が短くなるし、血統のわりに距離の融通性もある。当日落ち着いてさえいれば」(佐々木晶三調教師)。 ◎叩き2走目だが、体の成長度がイマイチで相手も揃った。
「一度叩いてだいぶ馬に落ち着きが出てきたのは好材料。舌を縛った効果でモタレル面もマシになったし、マイルの方が更に切れを生かせそう。ここで何とか賞金加算をしておきたいね」(須貝調教師)。 ◎前走は久々、初の右回りで少しモタレ気味。叩いた効果と右回り2戦目で変わり身が期待できるハズ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。