IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月11日(日)

11R

2012年11月11日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第37回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

「体が絞れた前走が内容の濃い競馬で快勝。結果を出せてホッとしている。前走後も引き続き好調をキープしているし、距離もオークスでそれほど負けていないことを考えれば問題ないと思う。末の切れはここに入ってもヒケは取らないと思うし、再度この馬の競馬ができれば」(水野調教師)。 ◎府中牝馬Sを強烈な末脚で快勝。久し振りにこの馬らしさが見られた一戦。この距離に対応できれば可能性も……。
「追い切りの動きは折り合いが付いていたし、言うことナシ。前走で牡馬の強い相手に差し切り勝ちしてオープンでも通用することを証明してくれたし、鞍上も2度目の騎乗でスッカリ手の内にいれてくれた。タメれば切れる脚を使うし、心身ともに成長した今ならこの相手でも……と思っている」(畠山吉宏調教師)。 ◎前走で牡馬相手に快勝。外回りは歓迎で56キロを克服すれば。
「時計も悪くないし、ラストもシッカリ。満足がいく追い切りができたと思う。今は本当に体調がいいね。レース運びが上手なっているし、自分のリズムで走れれば最後はもう一伸びするようになっている。今年は例年ほど強敵がいないと思うので、楽しみはあるよ」(大久保龍志調教師)。 ◎前々でスムーズに運べれば、ここでも差のないレースに。
「前走後は短期放牧に。帰厩後はGI挑戦ということで悔いが残らないようにシッカリやってきたし、今日の追い切りも良かった。相手は強いけど末脚を行かせる流れになれば……と思っているんだ。そのためにも是非、良馬場で」(牧田調教師)。 ◎ゲートに課題。末一手で器用さに欠ける分、アテには。
「先週もやっているので今日はラストを伸ばす追い切り。追った後もすぐ息が入ったし、満足がいく調教ができたと思う。今夏の小倉からメキメキ力を付けているし、相手が強いのは承知の上でチャレンジをしてみるよ」(清水久詞調教師)。 ◎牡馬相手に善戦してきた経験が生かされるようなら、ここでも差のないレースは可能。先行力を武器にどこまでやれるか、楽しみは持てそう。
「前走から中1週でもレース後の回復が早く、いい状態をキープしている。ここにきて体質が強化され、ようやく素質を出せるようになってきたけど、まだこれから成長していく馬。現時点の力でどこまで通用するかだろうね」(野中調教師)。 ◎距離はいい。2階級上への挑戦がどうかだが、叩いた上積みは見込めそう。
「先週併せ馬でシッカリやっているので、今週はサッと流す程度だが、これで十分。動きはよかったからね。ここにきて本格化をしてきたし、ここを今年の最大目標にしてきた馬。牡馬相手でもヒケは取らないと思うが、今回は牝馬限定。まずは念願のビッグタイトルを、と思っている」(本田調教師)。 ◎牡馬相手の京都大賞典で僅差の4着は立派。牝馬限定で56キロなら可能性は十分。
「先週速いところを済ませているので今週は軽めの調整。それでも力強い走りだったし、動きもよかったからね。ただ今回は相手が揃うし、瞬発力勝負になっては分が悪い。前々で渋太さを生かす競馬でどこまでやれるかだろうね」(増井調教助手)。 ◎ここ一連の成績から特に強調材料が見当らず。
「1週前にもやっているし、今週の時計は地味でも中間はシッカリやれているので問題ナシ。前走は流れが向かなかったのであの結果でも仕方ナシ。今回、距離が延びることでレースはしやすくなると思う反面、相手は揃うからね。体調のよさを生かしてどこまでやれるかだよ」(石坂調教師)。 ◎もう一回り成長が欲しい感はある。コース替わりでどこまでやれるか。
「今日は併せ馬で追い切ったが折り合いが付いていたし、動きも良かったよ。前走後はプール併用でジックリ調整してきたし、体の方も回復傾向。昨年このレースに挑戦した時と力を付けている今とでは全然違うし、決め手を生かせる流れになれば……と思っている」(山田調教助手)。 ◎馬体減りが気になるところだが、戻っていれば差はないハズ。京都もプラスで。
「前走は体調自体がもう一つといった感じだったけど、今日の追い切りを見た印象から、全ての面で前走を上回っていると言えるね。マイルがベストだと思うけど、折り合いさえ付けば距離はこなしてくれるハズ。楽な相手ではないけど、変わり身を期待している」(田中清隆調教師)。 ◎前走が不可解な負けだが、早めの栗東入りで状態はよさそう。昨年は4着だが、更に力を付けている今なら、好戦は可能。
「息の入りがいいし、落ち着きもあって状態は前走時と同じかそれ以上と言えるね。前走で見せたように並ぶと渋太い勝負根性を発揮する馬だし、自在に立ち回れる器用さも備えている。今まで悔しい思いをしてきたが、3歳の代表として何とかタイトルを、と思っている」(友道調教師)。 ◎初の古馬相手でも問題ナシ。過去の実績から今度こそ。
「先週速いところをやっているので今週は馬ナリ。減った体も回復して状態は持ち直している。結果が出ないのは気持ちの問題だと思うし、スイッチが入って強かった時の状態にさえ戻れば変わってもいいと思う」(笹田調教師)。 ◎相変わらず結果が出ない。試行錯誤の成果が見られない状況で。
「体質が丈夫になってレース後の回復が早く、好調をキープできている。先週速いところをやっているので、今週は馬ナリだけどこれで十分。直線が長い外回りはピッタリだし、相手は強いけどデキのよさを生かして頑張って欲しいね」(畠山吉宏調教師)。 ◎順調に使い込んできているのであまり上り目はなさそうだが、近走は堅実。あとは力関係だけ。
「前走は枠順を考えれば上々の内容だったと思う。休養前と比べてもパワーアップしていることは間違い無いと思うよ。今回は1頭強い馬がいるけど、その他とは力差はないと思うのでこの馬にもチャンスはあると思っているんだ」(三浦調教助手)。 ◎重賞ではもう一押しが欲しい感はあるが、上位に顔を出している点は評価できる。叩き2走目の上積みも見込め、連候補に。
「前走は輸送距離が短い京都で馬が落ち着いていたし、直線が平坦ということもあって快勝。今は折り合いに進境が窺われるので距離は心配ないし、切れ味ならここでも上位と言えるモノを持っていると思う。相手は強くなるけど得意の舞台。流れ一つでは……の気持ちは持っている」(友道調教師)。 ◎馬体増はいい傾向。相性がいい京都なら見せ場は作れそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。