2012年10月27日(土)

11R

2012年10月27日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第55回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

「前走は流れが向かなかったよ。ただ今回はメンバーがメンバーだからね。少しでも時計を要する馬場にでもならないことには……」(猿橋調教助手)。 ◎オープン特別の2戦を見る限り、クラス慣れが必要な段階か。
「一度叩いたことでガラッと変わった前走。ここにきて復調が感じられるし、再度発馬を決めて流れに乗った競馬ができれば」(松元調教師)。 ◎オープン特別なら通用するが、重賞ではもうワンパンチが欲しい印象。
「前走はラスト勝負に徹した競馬で、それなりに伸びていた。今回は距離が短くなるけど、前走の競馬が今回に繋がるようなら」(音無調教師)。 ◎復調のキッカケがなかなか掴めない現状。能力は足りるが、近走の内容からは強くは推し切れない。
「この距離は意外に合うと思うので、相手は強いけど、どこまでやれるかを試してみたい」(大久保調教助手)。 ◎今回も前々で運ぶことに。同型の出方一つだが、自分のリズムで走れれば見せ場くらいは。
「久々の前走を叩いたことで馬に落ち着きが出てきた点は好材料。距離は対応可能で改めて見直したい」(小島太調教師)。 ◎初距離は問題ナシ。ただ近走が近走でガラリ一変までは……。
「攻めの動きは絶好だし、何故走らないのかが不可解。距離短縮は問題ないし、精神面を含め全てが噛み合うようなら」(中山調教助手)。 ◎叩き2戦目で動きが変わった感アリ。この距離は久々でそれがどう出るかだが、前進は見込めそう。
「今日は坂路の状態が悪く、ポリトラックで追い切った。好時計が出たのは好調の証だし、距離を考えると折り合いも楽だと思う」(橋口調教師)。 ◎もう1ハロン欲しい感は否めないが、レベルが高い3歳馬。さらなる上積みに期待する手も。
「減った体は回復している。距離短縮で更に瞬発力を生かせると思うので、今回は更に楽しみ」(大久保龍志調教師)。 ◎今回が初距離。得意の京都で侮れないが、やはり前崩れの展開になるかどうかの注文は付く。
「絶好調と言えるデキだね。京都のこの距離は前半が速くなるのでこの馬には好都合。勝負になると見ている」(杉浦調教師)。 ◎前走が鮮やかな差し切り。距離も言うことなく、コースも外回りなら問題ないハズ。あとは流れ一つ。
「今回の距離はこの馬にピッタリ。着順のわりに内容がよかった前走に復調が窺えたし、期待は持っているよ」(大久保洋吉調教師)。 ◎昨年4着。距離はピッタリだが、一頃の伸びにやや翳りも。
「馬場状態を考えればよく動いたし、状態は凄くいいね。外回りなら距離は問題ないし、道中スムーズならやれてもいいと思っている」(佐々木晶三調教師)。 ◎ベストはマイル。決め手はヒケを取らないが、牡馬混合はやや割引も。
「以前より馬がシッカリしてきたので距離は問題ないと思う。要は自分の競馬ができるかどうかだけだろうね」(石栗調教師)。 ◎距離は守備範囲。逃げなくても競馬ができるのは強味。あとは相手関係だけだろう。
「オープンの速い流れの方がむしろ合いそう。素質ではヒケを取らないし、右回りでもたれる面を出さなければここでも楽しみ」(橋田調教師)。 ◎今回が昇級初戦でいきなりGII。勝ち負けは厳しいが今の勢いで見せ場くらいはあるかも。
「条件戦よりオープンの方がペース的にこの馬には合うんじゃないかな。あとは決め脚を生かせる展開になれば、だろうね」(武調教助手)。 ◎近走が堅実。ただ、さすがにこの相手に入ると即通用とは。
「今日の馬場を考えれば時計は悪くないし、折り合いも付いていた。叩いた上積みはあるし、本番(マイルCS)に向けて好発進を」(渋田調教助手)。 ◎前走は太めに加え、距離も不向き。叩き2走目、距離短縮もプラスで侮れない存在だが、京都に良績がない点がどうか。
「前走は流れが速く、この馬には厳しかった。今回はベストの距離だし、あの経験が今回に生きれば」(昆調教師)。 ◎距離はベスト。末一手で今回も展開が嵌るかどうかだけ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。