IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年10月21日(日)

11R

2012年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第73回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

「皐月賞馬として恥ずかしくない競馬をしてくれた前走。その後もいたって順調だし、万全のデキでレースに臨めると思う。この馬は心肺機能が高く、折り合いにも不安がないし、距離も大丈夫。徐々にギアをアップできるし、長くいい脚を使えるタイプ。ゴールを真っ先に駆け抜けるシーンを描いての参戦だよ」(須貝調教師)。 ◎デキ一息の神戸新聞杯を快勝。距離延長も全く問題なく、叩いた上積みも見込める。
「以前から期待していた馬がようやく馬体に実が入ってきた。追い切りの動きもよかったし、悔いのない状態でレースに臨めるよ。折り合いに問題がないので距離はこなせるし、相手は揃ったけど楽しみを持って挑戦するよ」(中川調教師)。 ◎休みを挟み3連勝は力の証。血統から距離はOKで、2走目の反動がなければ。
「体に硬さが見られた前走時と比べるとだいぶ柔らか味が出てきた点は好材料。折り合いに不安がなく、距離は持つので菊花賞は是非、使いたかったレース。本調子を欠いた前走のようなことはまずないと見ているので」(大久保龍志調教師)。 ◎前走は久々が応えたか。ただ、ここに入るとやや格落ちの感も。
「前走はプラス10キロが示す通り、体がボテッとした感じだった。一度叩いてだいぶ腹回りがスッキリしてきたし、状態面は確実にアップしている。相手は揃ったがロスのない立ち回りができれば……と思っているんだ」(山内調教師)。 ◎ラストはそれなりに脚を使ったセントライト記念。ただこの距離で末一手では勝ち負けまでは。
「既に体も息もできているので今日はラスト重点。動きはよかったし、状態に関しては言うことナシ。折り合いにも進境が窺えるので距離は心配していない。相手は揃ったが、鞍上の手腕に期待したいね」(加藤征弘調教師)。 ◎夏を越したがあまり成長が見られない現状で。
「ここ2週に渡りジョッキーに跨ってもらい、感触を確めてもらった。先週と違い、今週はビシッと追い切ってもらったが、いい感じだったよ。本格化はまだ先になると思うけど、だいぶ成長していることは確か。距離に関しては未知だけど、前走同様、立ち回りの上手さを発揮してくれれば問題ないと見ている」(田代調教助手)。 ◎評価は低かったが、それを覆した神戸新聞杯。まだ過信はできないが、距離は向いていそうで無視はできないか。
「先週速いところをやってあるので、今週はジョッキーに感触を掴んでもらう程度。動きはよかったよ。前走は位置取りが悪くなったことに加え、窮屈な場面もあったがラストは脚を見せてくれたからね。内容的には悪くなかったと思う。折り合いの不安がなく、血統的に距離も大丈夫。立ち回りの上手さを生かして頑張って欲しいね」(田代調教助手)。 ◎距離は問題なさそうだが、ここに入るとワンパンチ足りない感も。
「この中間も予定通りのメニューを消化できたし、いい状態で臨めます。上がりが速く、前走のように早めに来られると苦しくなるけど、自分のペースで走れて持久力勝負の形に持ち込めれば渋太さを生かせると思います。そういう流れになってくれれば、ですね」(古川調教助手)。 ◎今回も自分の形でどこまで粘れるかになるだろう。
「中1週なので追い切りはセーブ気味だが動きはよかったよ。以前と違って使った後の反動も出なくなってきたし、体質強化は間違い無いと思う。状態面は太鼓判をおせるし、課題の折り合いさえ付けば」(菊川調教師)。 ◎相手が強いか。
「前走は久々ということもあって馬が力んで走っていた感じでしたね。あの一戦でガス抜きができたこともあり、馬に落ち着きが出てきたことは何よりです。長丁場は折り合いがポイントですが、今の落ち着きなら問題ないでしょう。この馬の武器である切れ味を生かせるようなら」(兼武調教助手)。 ◎伸びを欠いたのは久々。叩いた上積みは見込めるので、あとは距離の適性だけだろう。
「前走後は放牧に。帰厩後はここを目標に入念に調整してきたので、いい状態で出走できるよ。青葉賞の結果を見ると距離は長いかもしれないけど、父系からはこなせてもいいと思う。あとはマイペースの逃げを打てるかどうかだけだろうね」(千田調教師)。 ◎同馬も行くだけ行く形を取るだろう。ここも展開がポイントか。
「前走後に骨折が判明して放牧に。スッカリ完治して帰厩したのが10月4日。以後は最善を尽くしてここに向けて調整してきました。今週の一追いでほぼ仕上がると見ていますが、多少余裕があるかもしれません。今回はブッツケ本番のハンデもあるし、この馬の地力に期待したいですね」(高橋義博調教師)。 ◎ブッツケで本番は条件的に厳しい感じ。
「追い切りは単走だったがいい動きをしてくれた。栗東入りしてから馬に落ち着きが出てきたし、いい雰囲気に仕上がったと思う。今回がクラシックのラストチャンス。何とかいい結果を出せるよう頑張りたいね」(萩原調教師)。 ◎一戦毎に体が減り加減な点はやや気になる材料。当日の体に注意したい1頭。
「今日は感触を確める程度の予定だったが、いい時計が出たように高レベルでの状態をキープできている。この距離に対しては未知な部分があって何とも言えないが、折り合いは問題ない馬。相手が揃っているので強気なことは言えないが、デキのよさで頑張って欲しい」(清山調教助手)。 ◎あまり成長が見られない点にやや不満が残る。
「時計もさることながら、今日の動きを見て満足しました。ここまで思い通りの過程を歩んでこられたし、癖がなく乗りやすい馬で距離も問題ナシ。楽しみを持ってレースに臨みますよ」(服部調教師)。 ◎前走の馬体減は輸送によるもの。ただ渋太く粘った内容は悪くなく、体が戻っていれば。
「2週に渡りシッカリと負荷をかけることができた。今日の動きも凄くよかったし、春と比べて成長したのか、調教でも動くようになっている。本当にいい状態で出走できるよ。折り合いに不安がなく、長くいい脚を使える馬。前走で時計勝負にも対応できたし、この相手でも好レースを期待している」(友道調教師)。 ◎距離延長はプラス。切れるというよりバテないタイプで、スタミナ勝負の形になれば。
「攻めの動きは前走時より数段よくなっているし、ここにきてパワーアップしていることは間違いないよ。スタミナがあるので長丁場は問題ないし、相手は揃うけど自分のリズムで走れるようなら……と思っている」(本田調教師)。 ◎未勝利から3連勝と勢いは認めるが、定量戦でこの相手では。
「この中間は坂路とコース併用でしっかりと乗り込んできたので、太めもなくいい仕上がりでレースに臨めると思う。距離面の不安はないと思うし、京都との相性も抜群。持ち前の末脚を生かせる展開になれば……と思っているんだ」(松田博資調教師)。 ◎相性がいい京都。ただGIだともう一押しが欲しい印象。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。