2012年10月14日(日)

11R

2012年10月14日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第17回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「前走は勝った馬が一枚上だったけど、折り合いが付いていたし、2着でも内容の濃いレースだったと思う。減っていた体も戻り、成長も含め太目のない体で臨めたこともよかったと思う。追い切りの動きは絶好だったし、何とか最後の一冠を取らせて上げたいと思っている」(友道調教師)。 ◎トライアルのローズSで2着。馬体の成長が見られたことは何より。叩いた上積みも見込め、今回も有力候補。
「いい追い切りができたし、前より調教で動くようになってきている。ここを目標に仕上げてきたし、精神面の成長も見られる。1頭強い馬はいるけど、その他の馬とならヒケは取らないと思う。流れに乗った競馬ができれば……と思っている」(佐々木晶三調教師)。 ◎牡馬混合の準オープンで3着。順調さで一歩リードしており、あとは力関係だけ。
「栗東入厩当初はさすがに喰いが落ちたけど、今は環境にも慣れてきてその後は順調そのものだよ。今日の追い切りも小気味のいい走りを見せてくれたしね。前走は直線で前が詰まり気味だったけど、前が開いてからはそれなりの脚を使ってくれたし、相手は強いけどスムーズな競馬ができれば、と思っているんだ」(鈴木康弘調教師)。 ◎今夏は休まずに使ってきている点で上がり目はもう一つかも。
「夏を越して馬が成長。今日の追い切りの動き、時計共に言うことナシ。体質が強化されて能力を出し切れるようになってきたことが何より大きいし、相手は強いけどどこまで戦えるかを見てみたい」(岡田調教師)。 ◎2連勝と勢いがある。2走前がレコード勝ち、前走が最速の末脚とそれぞれの内容が濃く、注意は必要かも。
「前走は調整ミスがあって大幅な馬体減。それにレース中落鉄しての3着だからね。前走後は体も回復しているし、追い切りの動きも上々。当日410キロ台をキープできていれば力を出せると思うし、楽しみ」(小島茂之調教師)。 ◎ローズSを3着は立派だが、馬体が減っていた点はやや不満。ただ前走後は栗東に滞在しており、馬体が回復しているようなら。
「前走はこの馬向きの流れになったこともあるけど、ジョッキーの好騎乗もあったよ。使いつつ状態は上向いているけど、カリカリした気性で輸送がネック。距離は何とか我慢が利くと思うけど、これ以上体が減らなければ……」(小西調教師)。 ◎叩き2戦目で牡馬混合の1000万勝ち。ただ今回は相手強化と長距離輸送がどうか。
「前走とは違い、今回はビシッと追って負荷をかける調整。追った後の雰囲気がいいし、落ち着きがあるのは何より。確かに相手は強いけど、鞍上の手腕に期待をかけてみたい」(高橋調教厩務員)。 ◎滞在効果は見込めるが、上位組とは少し力の差がありそう。
「速いところは済ませているので今週は感触を確かめる程度だったけど、内容が良かったし、雰囲気もいいね。状態は高いレベルで安定しているよ。今回も強い相手がいるけど、この舞台は紛れもあるからね。癖を掴んでいるジョッキーの騎乗も心強いし、ある程度の位置で運べるようなら」(清山調教助手)。 ◎ローズSは前々で渋太く粘り、少差の4着。もう少し成長が欲しい印象も掲示板くらいなら。
「追い切りは予定通りに消化できたし、休み明けを一叩きして馬がシャキッとしてきたよ。オークスは前が詰まる不利があってもラストはシッカリ脚を使っていたし、スムーズな競馬ができるようなら」(鹿戸雄一調教師)。 ◎叩いた上積みを見込んでも、ここでは相手が強いか。
「今日はラストをサッと流す程度の指示。少し控えすぎかなと思ったけど、気合乗りがよかったことで鞍上が手加減したのかも。それでも動きや気配、息の入りもよく、状態は悪くないと思う。体が減っていてもレースでは走ってくれるし、本当に勝負根性が凄い馬。体の方も増え加減だし、強い相手はいるけど持ち前の根性で頑張って欲しいね」(加藤和宏調教師)。 ◎この中間は感冒からくる腸炎にかかり、トライアルを取り消し。予定が狂ったことは大きいが、札幌記念4着の内容から全くの無視までは……。
「前走を使った反動が意外に大きく、疲労回復に時間を要したけど、今は問題ないし、体の方も戻ってきている。気性的に久々は苦にしないタイプ。追い切りの感触が良かったし、器用に立ち回れる馬なのでこの舞台も問題ナシ。持ち味の切れを生かせるようなら」(藤岡健一調教師)。 ◎オークス以来でブッツケは不利。相手も強い。
「既に速いところは済ませたし、この後に輸送もあるので追い切りは単走でサッと。前走は内が有利な開幕週で大外枠。外を回るコースロスが痛かった。中間の状態はいいし、成長も見られるのは好材料。強い馬はいるけど、ロスのない立ち回りができれば……と思っている」(相沢調教師)。 ◎オークス3着。久々を一叩きして上積みは見込めるし、長距離輸送をクリアできれば差のない競馬に。
「前走は函館からの輸送で大幅に体が減ってしまい、それを戻すことに重点を置いて調整しての結果だからね。その時と今回とでは順調さが違うし、デキはよくなっている。春はそれなりの競馬をしていた馬だし、デキが戻った今回はもう少しやれると思う」(高橋義忠調教師)。 ◎ここ一連の成績からは特に強調材料は見当らず。
「今日はラストを伸ばす追い切り。追えばまだ伸びるといった感じだったし、本当にいい動きだったよ。前走のダメージが予想以上に軽かったし、夏を越して心身ともに馬が成長しているのも嬉しい材料。ここまできたら是非、三冠を取らせてあげたいね」(石坂調教師)。 ◎馬体増は成長分。更にパワーアップしており、牝馬三冠はほぼ確実かも。
「前走後は放牧を挟み、ここを目標に逆算して調整してきた。青写真通りの調整ができたし、体もフックラしていい仕上がりで臨めるよ。オークスはレース中故障していたので参考外だし。力を出し切れば……と思っているんだ」(小島太調教師)。 ◎クイーンSを3着。ただ、馬体が減っていた点は気懸かり。間隔を開けて少しでも成長の跡が見られるようなら。
「今日は折り合いを重視の追い切り。いい動きだったし、叩いた上積みは見込めますね。前走は外枠でなかなか内に入れず厳しい競馬に。あの形だと苦しいよ。相手は強いですが、好枠を引いて内々でロスのない競馬ができれば……と思っているんだけど」(松田国英調教師)。 ◎久々のローズSで8着。芝でもやれないことはないが、上位までは……。
「追い切りは予定より速くなったが、問題ナシ。ここまでは順調の一言と言っていいと思う。春とは見違える程成長しているし、輸送にも動じない馬。鞍上の意のままに立ち回れる素直な馬だし、内回りコースでも大丈夫。能力を出し切ればチャンスは大いにあると思うよ」(手塚調教師)。 ◎春のクラシックで上位を賑わした1頭。古馬相手のクイーンS(札幌・GIII)を制した力は評価できる。今回も要注目。
「先週速いところをやっているので、今週はラストを伸ばす調整。落ち着きがあるし、いい雰囲気に仕上がっているよ。前走は他馬に何度も寄られ、スムーズさを欠いてしまったし、参考外の一戦とみていいと思う。相手は揃っているが、輸送で大幅に体が減らなければ……」(橋本調教助手)。 ◎久々の前走を含め、ここ数戦の内容からは推し辛い。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。