2012年10月8日(月)

11R

2012年10月8日(月) | 4回京都3日 | 15:35発走

第47回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

「放牧先でも乗ってきたし、最終追いの動きもマズマズ。一応の態勢は整ったと見ている。ただ何分、今回は長期のブランク明けだからね。その点の割引は必要だと思うよ」(徳江調教助手)。 ◎同馬も超久々。そのわりには乗り込み量が案外。まずは一叩き。
「前走が着差こそ僅かだったけど、久々にこの馬らしい渋太さを見せてくれたよ。今回は更に距離が延びるし、GI馬もいるメンバーが相手。楽な戦いにはならないと思うけど、どこまでやれるかを試してみたい。メドの立つ競馬をして欲しいね」(羽月調教師)。 ◎形の上では昇級戦だが、重賞で好走の実績(中山記念4着)があるので力差はないハズ。距離さえクリアできれば。
「フットワークが大きいので、芝も大丈夫と見てここに。引き続き状態はいいし、この相手で大きなことは言えないまでも、前々で渋太さを生かせる競馬ができれば……とは思っているんだけど」(渋田調教助手)。 ◎ここでは正直、厳しいだろう。
「来週の府中牝馬Sからエリザベス女王杯を考えていたけど、1週早めてここに。それでもここを使った場合の調整はできているので問題ナシ。前走の札幌記念は強力な牡馬を捻じ伏せて勝ったし、距離も折り合いが付けば大丈夫。今回も楽しみが大きい一戦だね」(中井調教助手)。 ◎牝馬ながら牡馬相手の札幌記念を快勝。順調さでも他馬を上回っているし、あとは距離を克服できれば。
「この中間は夏負けが長引いてもう一つ良くなってこなかったが、ここにきてようやくこの馬らしい元気が出てきたよ。京都のこの舞台はピッタリだと思うけど、まだ良化途上の段階。次に繋がる競馬ができれば……と思っている」(渋田調教助手)。 ◎日経新春杯3着はここでも遜色無し。遠征後を一叩きして上積みもあるハズ。
「先週辺りから急激に動きが良くなってきた感じ。ただこの馬はいきなりというより、使いつつ調子を上げるタイプ。力を付けてきていることは確かだけど、その点は多少割引が必要かも。ただ、能力的にそれなりの走りは見せてくれると思うけど」(佐藤調教助手)。 ◎阪神大賞典で初の重賞勝ち。天皇賞も5着と健闘し、フロックではないことを証明。ただ、久々のわりには乗り込みが少ない印象も……。
「前走は馬場に尽きるね。終始ノメリッぱなしで全く走っていないよ。その分ダメージがなかったし、状態・動き共にいいね。今回は開幕週で先行有利。この馬のパターンに持ち込めるようなら、と思っている」(高橋祥泰調教師)。 ◎相手が揃った感がある。
「追い切りはいつも通り。この馬は使い込むよりフレッシュな方が走る傾向がある。開幕週ということで絶好の馬場コンディションが見込めるし、条件面はこの馬に揃ったといえる。今回は楽しみな一戦」(橋口調教師)。 ◎昨年の覇者。ここ数戦の内容が内容で全幅の信頼とまではいかないが、距離・斤量・コースなどは間違い無くプラスに出るハズ。
「今日の追い切りは追い出すと頭を上げてしまった。以前だったら沈むようなフォームで走ったのにね。ラストも時計を要したし、走る気力に欠けているような感じ。休み明けは走る傾向がある点と相性がいい京都コース。今回はその点に望みを託してみるよ」(音無調教師)。 ◎過去3年連続出場して1、2、3着と相性がいいレース。ただ一頃の勢いとなるとやや?で過信は……。押さえの評価か。
「先週、爪の不安で予定していた追い切りができなかったが、日曜日にやったし、今日もラスト重点とは言え、この馬場で12秒台なら合格。いい動きをしてくれたし、これなら何の問題もないと思う。開幕週の高速馬場は歓迎だし、この後に向けていいスタートを切りたいね」(中村調教師)。 ◎スタミナは豊富だが、切れ味と時計勝負では分が悪い。開幕週の高速決着に対応できれば。格的には勿論上位だが。
「あまり調教では走らない馬にしてはよく動いたと思う。放牧先から入念に調整してきたので太目感はないが、さすがに今回は長期のブランク明けだからね。次に繋がる競馬をしてくれれば……と思っている」(大江原調教師)。 ◎昇級は形だけだが、超久々でいきなり重賞では。
「気性面で以前より前向きさが出てきたし、今は力も付けて勢いがある。自己条件も考えたが、デキのいい今のうちに、と思ってここに挑戦することにしたんだ。さすがにこの相手で勝ち負けとは思っていないが、立ち回り一つで見せ場は作れると見ている」(大久保龍志調教師)。 ◎ハンデ戦ならまだしも、別定戦。1000万の身では……。
「放牧先で挫石したために、予定より休養が長引いてしまった。ただ帰厩後は順調に調整ができているし、太いということはないからね。決め手勝負では分が悪いけど、スタミナ勝負なら渋太いからね。休み明けのハンデはあるけど、そういう形に持ち込めれば……」(岩崎調教助手)。 ◎ここ一連の成績が成績。強調し辛い。
「前走、追い上げていった脚に見どころがあったし、6着でも内容が濃い一戦だったと思う。状態の方も確実にアップしているし、脚質的に開幕馬場は合わないかもしれないけど、ラストは確実に脚を使うからね。距離は問題ないと思うので、あとは展開の助けがあれば」(佐藤調教助手)。 ◎近走内容から重賞でもGIIクラスではワンパンチ不足といった印象。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。