2012年10月6日(土)

11R

2012年10月6日(土) | 4回京都1日 | 15:35発走

第47回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

「坂路で好タイムをマークしたように状態は言うことナシ。和田Jも好感触を掴んだようだしね。デビュー戦こそスピードの違いで逃げ切ったけど、前走は力で捻じ伏せて差し切り勝ちし、センスの高さを見せてくれた。あの競馬ができれば距離は問題ないし、ここも何とか突破して欲しいね」(西園調教師)。 ◎距離は問題ナシ。中間の動きも文句なく、ここも有力視。
「先週速いところをやっているので、今週は調整程度だけど動きはよかったよ。元々が1200メートルの馬ではない事を考えれば、前走はよく走ってくれたと思う。折り合いに注文が付かないし、距離延長はむしろ歓迎。ここも楽しみにしている」(日吉調教師)。 ◎2戦目で時計を大幅短縮。追って味があり、距離延長はプラス。あとは当日輸送で馬体キープなら。
「前走は馬が少し行きたがって、末が甘くなってしまった。前向きさが悪い方に出てしまった感じだね。瞬発力勝負では分が悪いけど、平均に流れる形ならいいと思うよ。平坦コースに替わる点はプラスだと思うので、内容のあるレースを期待したいね」(福永調教助手)。 ◎前走を見る限り、まだ末の粘りがもう一つ。ここは相手も揃っており、楽な戦いには。
「ここまで使い詰めできているので上がり目はあまりないけど、状態はキープできている。確かに大崩れをせず堅実に走る馬だけど、今回は相手が相手。それなりの走りは見せてくれると思うけど、上位争いまでは」(坂口正則調教師)。 ◎未勝利を勝っての連闘。相手ナリのタイプだが、さすがに今回は相手が強いか。
「放牧先でトウ骨が出たので予定より帰厩が遅れてしまった。追い切りは少し時計が遅かったけど、ここまでシッカリ負荷はかけられたからね。本格化は先だと思うけど前走の勝ち方から素質の高さを感じたし、現時点でどこまで戦えるかを見てみたい一戦」(渋田調教助手)。 ◎距離は経験済み。放牧先でも乗り込んでおり、仕上がりは問題ナシ。時計勝負に対応できれば。
「前走後は短期放牧。帰厩後は順調に調整ができているので、力は出せる仕上がり。前走は前がカベになっての3着だから内容はいいと思うし、掛かる馬ではないのでマイルもクリアしてくれると思う。好レースを」(徳江調教助手)。 ◎ゲートに難があり、距離延長はむしろプラスか。あとは時計勝負になった時にうまく対応できれば。
「先週思った以上に速い時計で追い切ったため、今週は軽めにしたが、これで十分だよ。前走は位置取りが後ろすぎたけど、狭いところを割って伸びたように勝負根性があるし、追って沈むようなフォームもいい。今回は相手が揃っているけど、ここでどれだけやれるか、試金石の一戦と見ている」(木原調教師)。 ◎前走の勝ち方が強かった。追って沈むフォームも好感が持てるし、距離も経験済み。好勝負になるだろう。
「来週のリンドウ賞も視野に入れていたが、いつでも出られる態勢にあったのでここに。この中間もすこぶる順調だし、飼い喰いも旺盛でデキは上々。勿論、相手関係を判断し、勝負になると見ての挑戦だからね。開幕馬場も合うし、新馬を勝ったマイルもいい。持ち前の切れを生かせばここでも」(須貝調教師)。 ◎素晴らしい瞬発力の持ち主。牡馬相手でもヒケは取らない器。
「今日は最後までシッカリとの指示。少し時計は物足りないけど、先週の時点で仕上がっていたので問題ないでしょう。前走は自分のリズムを守り通したことが勝ちに繋がったと思うけど、馬体増が示すように成長もありますからね。切れ味勝負の形ならヒケは取らないと思うし、この相手でどこまで戦えるか、楽しみにしています」(花田調教助手)。 ◎前走の決め脚はなかなか。距離はOKでここでも要注目。
「前走後はこのレースを目標に調整。色々な面を試すことができるからね。短距離の血が濃い血統だけど、前走が差して勝ったし、距離を含めてこの相手でどこまで戦えるかを見てみたい」(橋口調教師)。 ◎行くだけの馬ではないので距離は持ちそう。あとは力関係だけだろう。
「2週に渡り併せ馬でビシッと追い切っているので、今週は単走。札幌の時はダートでの追い切りで少しソエ気味だったが、帰厩後はCウッドでやれたので調整が楽になったよ。前走より状態は上向いているし、あとは当日輸送をクリアしてくれれば」(谷調教師)。 ◎実戦で勝負強いタイプ。マイルは問題なく、侮れない存在に。
「前走の馬体増は成長の証。先週速いところをやっているので、今週は馬ナリだけど、仕上がりは上々だよ。前走が掛かり気味でも最後まで頑張ってくれたし、力があることを見せてくれた。今回も牡馬混合になるけど、うまくタメを利かして末脚勝負の形に持ち込めれば」(佐藤正雄調教師)。 ◎前走が新潟に輸送して大幅な馬体増。それでも3着と好走したのは成長の証か。距離を経験している強味があるし、時計的にも問題ナシ。ここも上位争いの1頭。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。