2012年1月28日(土)

11R

2012年1月28日(土) | 2回京都1日 | 15:35発走

第17回シルクロードステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「9歳だけど衰えはないですよ。直線が平坦の京都はいいと思うし、あとは直線でうまく馬群がバラけてくれるようなら」(松永幹夫調教師)。 ◎小倉は相性が良く、前走差し切り勝ち。中央では展開の助けがないことにはどうか。
「前走は内々で上手く立ち回ることができたからね。今回は相手が更に強くなるけど、再度うまくかみ合った競馬ができれば」(浅見調教助手)。 ◎差し脚が武器で今回も前がやりあう形なら。ただ今回は相手が強化されたことは確か。
「早めの帰厩で余裕を持って調整できたので仕上がりはいいと思う。目標は先でも能力から格好は付けられると見ているが、今回はハンデがどうかだね」(小崎調教師)。 ◎気性的に鉄砲はOK。距離も実績も文句ないが、ハンデがどの程度になるかが鍵。
「時季が時季で体を絞りにくいが、乗り込みは十分だし、この一追いで丁度良くなるのでは。相手は揃っているが楽しみは持っている」(中尾調教師)。 ◎今回は久々での昇級戦。ハンデ差はあるといってもいきなりは……。
「この中間もシッカリ調整しているので、調教量は足りている。ただこの時季は体が絞りにくいからね。その点がどうかだ」(鶴留調教師)。 ◎中央場所ではもう一つ冴えが見られない。小倉巧者でコース面に課題があるのかも。
「今回は重賞挑戦に加えて京都も初と条件面は楽じゃないからね。ハンデ差を生かしてどこまでやれるかじゃないかな」(池上調教助手)。 ◎条件特別を勝ってオープン入り。今回は昇級で重賞。楽な戦いとは。
「今日は余力十分にいい動きをしてくれた。相手は揃ったけど力を付けてきているし、大目標に向けて好スタートを切って欲しいね」(安田隆行調教師)。 ◎控えて競馬ができる点は何よりの強味。ハンデ一つでここも突破か。
「追い切りの動きは絶好。使いながら着実に力を付けてきている。今回は相手が強くなるけど、本格化してきた今なら期待の方が大きいよ」(清山調教助手)。 ◎休養を挟み4連勝でオープン入り。まだノビシロはありそうで怖い1頭だが今回が試金石の一戦か。
「不振が続いていたのでリフレッシュ放牧に。その効果で動きは相変わらずいいが、以前ほど行けなくなっているし、今回も58キロだからね」(西園調教師)。 ◎今回もハンデは重くなりそう。最近は以前ほどの行きっぷりが見られない点にやや不満も。速い同型がいる点もどうか。
「相手は揃ったが今回は53キロ。上手く折り合いが付けばこの相手でも見せ場は作れると見ているが」(山内調教師)。 ◎一頃よりは上向き気配。ただ格上挑戦で……。
「日曜日にやっているので追い切りはサッと。今回は相手が強くなるけど、立ち回りの上手さを生かして頑張って欲しいね」(宮調教師)。 ◎オープン特別ならそこそこやれるが重賞ではパワー不足。
「坂路で無理をせずにこの好時計。状態面はいいね。ただ、今回は初距離で相手も揃っている。デキの良さでどこまで食い下がれるかだよ」(勢司調教師)。 ◎前走が24キロ増。叩き一変は望み薄で。
「先週速いところをやっているので、今週はコレで十分。ただ特別を勝ったばかりで57キロのハンデは見込まれたね。その点がどう出るかの不安はあるが、今回も自分の競馬に徹してどこまでやれるかだよ」(坂口正則調教師)。 ◎今回も行くだけ行く競馬。同型との兼ね合いだけ。
「馬場が悪かったので時計は出なかったが、状態面は悪くない。相手は揃ったけど、54キロなら楽しみはあるよ」(矢作調教師)。 ◎ここ2走の内容から復調は確実か。ここも要注意の1頭。
「元々調教は動く馬だけど、それにしてもいい動き。ただ大型馬だし、体形的なものがあるとはいえ、やや余裕があるね」(橋口調教師)。 ◎オープン入りして初の古馬相手だったCBC賞が52キロで8着。久々も考えるとまずは叩いてからか。
「取り消しの影響はないが、少し余裕があったのでビシッと追い切った。この一追いで態勢は整ったと思う」(柴崎調教師)。 ◎昨秋、京都のオープン特別を快勝。7歳だがまだ衰えは見られず展開一つでは。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。