IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年7月1日(日)

11R

2012年7月1日(日) | 2回中京2日 | 15:35発走

第48回CBC賞(GIII)

芝・左 1200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「前走は他馬にぶつけられる不利が痛かった。放牧明けになるけど、仕上がりに手間どらないタイプなのでいい状態で出られるよ。この条件はピッタリだし、動きも満足。前走のダメージがなければ勝負になると思う」(矢作調教師)。 ◎距離はベスト。高松宮記念で6着でも差は僅か0.3秒差。ハンデ差を生かせれば可能性も。道悪なら更に楽しみ。
「久々を一度叩いて状態は上向きだよ。今回は格上挑戦になるけど、52キロの斤量を生かして頑張って欲しいね」(大橋調教師)。 ◎準オープンでやや頭打ちの状態。例え軽ハンデでもオープンが相手では。
「NHKマイルCで落馬をしたが、その影響は全くナシ。レース後3日目から乗り始めたから。その当時よりトモに丸味を帯び、張りも出てきて逞しくなっているし、距離が短くなるのも好材料。3歳でも52キロなら十分やれると見ているんだ」(西園調教師)。 ◎NHKマイルCで転倒した後遺症はナシ。小柄なわりにパワーがあるし、距離もOK。ハンデ差生かせば面白いかも。
「追い切りで好時計。ここを目標にシッカリ乗り込み、仕上がりはいいよ。前走は馬場が緩かったためにハナに立つまでに苦労した分、ラストが甘くなったが、開幕週の馬場なら楽にいけるハズ。脚質的にも開幕週は有利だし、今回も行くだけ行く競馬。マイペースで行けるようなら」(坂口調教師)。 ◎未だかつてハナを譲ったことは一度もナシ。前走は相手が強力でバテたが、開幕週の高速馬場なら意外に粘れるかも。
「脚元に不安を抱えている馬だが詰めて使えるのはいい傾向だろう。能力は秘めているので、無事にいけば今後が楽しめる馬。そういった意味も含め、今後に繋がる競馬をしてくれれば……と思っている」(矢作調教師)。 ◎1年振りの函館を一叩きして函館から中京への参戦。条件的にハードな今回は割引が必要かも。
「追い切りは最後がシッカリ伸びていたし、動きは合格。格上挑戦になるけど、50キロのハンデは魅力だし、それが最後の決め脚に生きるようなら楽しみも出てくるね」(湯窪調教師)。 ◎今回は格上挑戦。ただハンデ差を見込んでも上位争いまでは厳しいか。
「福島からの中1週なのでラスト重点。疲れもなく状態は維持できている。ただ精神的なものなのか、最近は自ら止めているようなところが見られる。本来ならもう少しやれていい馬。何とかキッカケを掴んで欲しいが」(大久保調教助手)。 ◎古馬相手が今回で2戦目。ハンデ差はあるものの、前走がイマイチでクラス慣れが必要か。
「転厩馬で詳細は分からないが、動きは悪くなかったよ。左回りは悪くなさそうだし、条件馬だけに48キロで出られるし、この馬の武器である決め脚を生かせるようなら」(中村調教師)。 ◎距離はベストだが今回は格上挑戦。ハンデ差を見込んでも上位は?
「元来が仕上げに苦労しないタイプだけど、今回は半年振りのレース。やはり一度は使った方がいいだろうね。それに開幕週は前が止まらないし、52キロでもどこまでやれるかじゃないかな」(村山調教師)。 ◎既に8歳。あまり上り目は望めないか。
「今週は精神面を考慮して馬数が少ない北馬場で追い切った。メンタル面は問題ないけど、あまり馬が変わった印象がないし、この距離も少し忙しい気がするので……」(杉浦調教師)。 ◎良化がスロー。一頃の勢いも薄れた感じで。
「追い切りはラスト重点。年齢的な衰えを全く感じさせないくらいいい動きだったよ。それに夏場に良績がある馬だし、この馬の癖を知り尽くした騎手の騎乗も好材料。いい結果を期待したいね」(西橋調教助手)。 ◎展開一つだが、近走の内容から一頃の切れを望むのは酷かも。
「ここ2週に渡り速いところをやっているので今週はラスト重点。いい伸びを見せてくれたよ。今回の59キロは正直楽ではないけど、58.5キロでは勝っているからね。軽量馬に足元をすくわれなければ、と思っている」(安田隆行調教師)。 ◎鉄砲は利くタイプ。距離はベストであとはハンデがどうかだけ。
「中1週なので馬ナリの調整だが時計・動き共に良かったよ。短距離の方が最後まで諦めずに走ってくれるし、53キロのハンデならやれてもいいと思っている」(音無調教師)。 ◎集中して走れるぶん短距離の方が合いそう。前走より相手は強くなるが、ハンデ差を生かせば見せ場も。
「テンに飛ばしてラストが甘くなるのはいつものことだから。ここまでは順調にきているし、状態は悪くないよ。50キロのハンデが魅力でここに挑戦するが、揉まれ弱い馬でスンナリ行けるかどうかが鍵だろうね」(牧浦調教師)。 ◎同馬も格上挑戦。逃げられないとモロイ馬でここでは厳しいか。
「追い切りはラスト重点だがいい伸びを見せてくれた。この距離なら折り合いの不安がないし、競馬はしやすいと思う。坂も苦にしないし、楽しみは大きいよ」(岡元調教助手)。 ◎左回りは問題ナシ。ただベストは1400メートルで、この距離は少し忙しいかも。開幕週だが展開が嵌るようなら。
「帰厩当時に比べ、一追い毎に体が締まってきたよ。今日の追い切りも真っすぐ走っていたし、時計・動きともに良かったからね。このハンデは想定内だし、久々でも楽しみはあるよ」(中尾調教師)。 ◎久々より一度叩くとガラッと変わる傾向がある。休み明けがどうかだが、乗り込みは入念で、この相手ならいきなりからやれてもいい。
「中1週の競馬になるので手一杯はやらなかったが、動きは良かったし、それなりの時計も出たからね。今回は昇級戦で重賞と条件は厳しいけど、この距離は崩れない馬。左回りも問題ないし、55キロならやれても、と思っている」(藤岡健一調教師)。 ◎準オープンを連勝してオープン入り。坂があるコースは問題ないが、初の左回りがどう出るか、課題はその点か。能力面はハンデ差でカバー可能。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。