2012年12月23日(日)

10R

2012年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第57回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

「今日は徐々にラップを上げていくという、理想の追い切りができましたよ。前走で減っていた体は回復しましたし、気配も上向いています。ジャパンCのようなことはまずないと見ているんですが……」(橋口調教師)。 ◎前走が大幅な馬体減。一頃の勢いは感じられず、今回も静観が妥当か。
「馬がリラックスして、集中して走っていたからね。動きも上々で言うことナシ。今回が今秋4戦目になるが、状態はダービーの時に匹敵するくらいと言えるんじゃないかな。繊細な馬だから、相性がいいジョッキーの騎乗は何より。それに彼もいいイメージを持って乗ってくれると思うので楽しみにしている」(藤原英昭調教師)。 ◎スローから急に速くなり始めたJCは流れに対応できず。今回も同じようなペースでは厳しいが、平均に速い流れになれば巻き返しは可能。
「放牧から帰厩後も順調の一言ですね。今日の追い切りも凄く良かったし、いい状態で本番に臨めますよ。折り合いの不安がなく長丁場は合う馬。それに馬場状態にも注文が付かないタイプ。強力な古馬相手の一戦ですが、菊花賞で見せたパフォーマンスからヒケは取らないと見ています」(友道調教師)。 ◎キャリアは浅いが夏を境にパワーアップ。コース経験もあり、活きの良さでこの相手でも見せ場以上の戦いができるかも。
「前走は位置取り、流れ共に良かったのにあの結果。正直、納得がいかないけど、衰えというよりは気持ちの問題だと思う。今週の追い切りの動きが良かったし、馬にもやる気が出ている今回、この馬らしさを出してくれれば……と思っている」(佐々木晶三調教師)。 ◎休み明けを2走したが、共に二桁着順と往年の冴えは見られず。既に7歳、一頃の勢いに翳りが見られ、上位はムリか。
「先週ビッシリやっているので、今週は馬ナリの調整だけどこれで十分。今は体調がいいし、瞬発力勝負では分が悪いけどスタミナ勝負の形になるようなら……と思っているんだ」(伊藤正徳調教師)。 ◎前走の5着は良く走ったと言える。ただ一線級相手では更に上は?で上位は疑問。
「間隔が詰まっているし、この後輸送もあるのでラスト重点の追い切り。馬房の中での旋回癖は解消しておらず、体が増えてこない。そういう点で大きな上積みは望めないけど、デキはキープしているからね。距離延長は問題ないので、中団辺りでうまく脚をタメる競馬ができれば」(池江調教師)。 ◎金鯱賞をレコード勝ち。ようやく素質の片鱗を覗かせてくれたが、今回は一気の相手強化。見せ場ならともかく、上位まではどうか。
「前走後も至って順調にきています。追い切りはやれば動く馬ですが、今日は馬場の中ほどを通ったので時計は出ましたが、これは予定通りの時計。折り合いに不安はないので距離は問題ないと思います。今回は更に相手が強くなりますが、前々で渋太さを生かせる競馬ができれば……。あとは道悪を苦にしないので、一雨あれば有り難いんですけど」(上原調教師)。 ◎中山は得意。GIでは正直荷が重いかもしれないが、前々で渋太さを生かせれば。
「今日は馬場が悪かったとは言え、時計がもう一つ出なかったし、思った程動きませんでしたからね。遠征の疲れはないと思いますが、その点で少し割引が必要になるかもしれませんね」(池江調教師)。 ◎アメリカ遠征後は軽目の調整で速い追い切りは今週の一本だけ。その点が気懸かり。
「追い切りの動きは合格点ですね。いい状態でレースに臨めますよ。折り合い面は問題ないので距離は大丈夫。課題はスタートになりますが、この中間は確り練習を積んできましたから。発馬を決めて流れに乗った競馬ができれば、という条件は付きますが、能力通りの競馬ができれば……」(角居調教師)。 ◎勝ち運がない馬だが、器用な立ち回りができない点がネック。中山の2500メートルのコーナー6回の内回りがどうかだが、早めに進出できれば。
「追い切りの動きは良かったし、今回がこの秋3戦目になりますが全く疲れを感じさせないし、好調をキープしています。前走でもラストは脚を使っていたことから距離にメドを付けてくれたことは何よりの収穫。小回りにも対応できる馬だし、脚質にも幅が出てきています。相手は揃っているけどGIで善戦した力の持ち主。楽しみはありますよ」(堀調教師)。 ◎左巧者で中山よりは東京向き。ただ、強敵相手に善戦してきた実績は侮れず、ここも要警戒。
「追い切りの動きは悪くなかったし、やはり冬場は走るタイプなんだね。集中力を高めるために今回はチークピーシズを着けたんですが、あまり効果は見られない反面、マイナスということもないですから。ただ、2年連続3着と中山のこの舞台は相性がいいし、今年も頑張って欲しいですね」(池江調教師)。 ◎寒くなると調子を上げるタイプ。昨年も有馬までは成績不振だったが、何故か有馬では善戦している。2年連続3着と相性がいいレース。今年も無視は危険か。
「ジャパンCはこの馬の競馬をしてあの結果だから、相手が強かったということだろうね。年齢的に大きな変わり身こそないが、今回がラストランの予定なのでビシッとやって目一杯に仕上げたよ。あとはこの馬の競馬をしてどこまでやれるかじゃないかな」(音無調教師)。 ◎近2走は見せ場がないまま。もう往時の迫力を望むのは無理かも。
「前走後は放牧に。体が増えて帰厩したのでしっかり調整ができたのは何より。先週併せ馬でビッシリ追い切ったので、今週は息を整える程度だけど、いい状態で出走できるよ。今回、初めて古馬の強敵との対戦になるけど、この馬も更にパワーアップしている。それに精神面の成長も窺えるし、距離・コースも問題ないからね。いい枠を引けたと思うので期待に応えられる結果を出して欲しいと思っている」(須貝調教師)。 ◎今回が初の古馬との対戦。ただ、ノビシロという点では古馬を凌ぐ勢いがあることは確か。距離・コース共に問題はなく、好勝負は必至か。
「追い切りの動きから引き続き好調をキープしていると見て間違いはないでしょう。ジャパンCは春の天皇賞をイメージした乗り方で7着でしたが、少しスパートするのが早かったかも。今回は中山に舞台が替わるので新たな作戦を考えなくては、と思っています。相手は揃うけど、ウチの馬も実績でヒケは取らないと思うので持ち味を存分に発揮できれば……と思っています」(中村調教師)。 ◎今回も自分のリズムで走ってどこまで粘れるかだが、後続が甘く見ると残り目も考えられそう。
「前走後のダメージが思ったほどなかったし、今は背腰がしっかりして更に成長を感じます。追い切りの動きは絶好だし、左回りより右回りの方がスムーズ。いい状態で臨める今回はこの相手でも……の気持ちは持っています」(三浦調教助手)。 ◎GIはダービー4着が最高。ただ、未だ連対を外していない中山で大駆けがあるかも。
「追い切りの動きは良かったですよ。いい状態で出走できると思います。今までは体質が弱くレース後に反動が出ましたが、体質が強化してきてからはその点も解消してきています。来年は天皇賞を含め、大きいところを、と考えている馬ですからね。力を付けていることは確かだし、現時点の力でこの相手にどこまでやれるかを試してみたいと思っているので、是非、来年に繋がる競馬をして欲しいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎大器と言われていた馬が前走でようやくGII勝ち。ただ、相手関係は更に厳しくなっている今回、ここで走れば本物と言えるのだが……。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。