IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年9月23日(日)

11R

2012年9月23日(日) | 4回中山7日 | 15:45発走

第58回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

「前走は追い不足に加え、時計も速すぎましたね。一度叩いてシャキッとしてきましたし、体も絞れてきていますが、まだ本調子には一息かも。ただ、この舞台は合うのでその点に期待をしています」(宗像調教師)。 ◎久々を叩いた上積みは見込める。ただ器用さに欠け、中山よりは東京向き。外回りが救いと言えるが、牡馬相手はやはり不利。
「以前は使った後に反動が出ていたが、今は全くそんなところがない。それだけ馬がパワーアップしてきたということ。それに馬体も成長して、いい体付きになってきたしね。今日の動きも合格点だし、今後に向けていいスタートを、と思っている」(藤沢和雄調教師)。 ◎今春に復帰してからここまで6戦。内訳は3勝2着2回、3着1回と4着以下ナシ。ようやく本格化した兆しがあり、この相手でも要注目。
「前走後はリフレッシュ放牧に。帰厩後は順調に調整できたし、追い切りの動きも上々で力は出せる仕上がり。大柄な馬なので外回りのこの舞台はノビノビ走れる分、いいと思うけど距離が微妙だね。リフレッシュの効果に期待したいとは思っているけど……」(上原調教師)。 ◎コースはピッタリだが距離は微妙。もう少し短い方がいいタイプで。
「前走後も引き続きいい状態をキープしているよ。瞬発力勝負では分が悪いけど、前走のように自分のリズムで走ればかなり渋太いからね。重賞好走の実績もあるので、あとは自分の形で競馬ができれば」(高橋祥泰調教師)。 ◎得意の中山だが今回は昇級初戦。先行してどこまで粘れるかになるだろう。
「新潟は時計が速いし、前が止まらないからね。今回が叩き3走目で一番状態はいいと思う。距離は問題ないが、自分でレースを作れない脚質。展開の助けがあるようなら……だろうね」(佐藤調教助手)。 ◎あまり速い持ち時計がなく、高速馬場の今の中山は割引かも。
「筋肉痛で天皇賞を回避した後は放牧に。帰ってきた当時は体が少し寂しく見えたけど、徐々にその点は解消。ただ、いい頃に比べると体の張りはもう一つかもしれないけど、今後に繋がる競馬をしてくれれば」(国枝調教師)。 ◎既に9歳。しかも今回は久々。以前の活躍を望むのは酷かも
「前走後は放牧に。先週併せ馬でやった時はもう一つだったが、ビシッと追われた効果で今週の動きは良かったよ。状態だけなら前走以上と言ってもいいくらいかな。逃げて結果が出ているし、今回も自分の競馬に徹するつもり。マイペースなら」(戸田調教師)。 ◎ここも同型との兼ね合いがポイント。マイペースなら掲示板くらいはあるかも。
「放牧先でもシッカリ乗り込んで体を緩めなかったからね。久々でも追い切りの動きが良かったし、いい体付きにもなっている。中山の2戦が共に大敗と結果は出てないけど、前回の中山が道悪だったし、良馬場でもう一度様子を見てみたい」(松田博資調教師)。 ◎重賞で2着2回。やや勝ち味に遅いが、ここなら競馬になっていい馬。課題は鉄砲実績がない点だけ。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整。今まで坂のあるコースに勝ち鞍はないけど、路盤が硬くて時計が出る今の中山なら問題はないハズ。展開の助けがあればオープンでもやれると思うよ」(中竹調教師)。 ◎昇級戦、それにどちらかと言うと直線が平坦の方が切れるタイプ。課題は中山コースになるだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調にきているし、馬の状態も凄くいいよ。この舞台は悪くないし、速い時計に対応ができればソコソコやれても……と思っている」(古賀慎明調教師)。 ◎オークス以降がもう一つ。牝馬だけにガラリ一変も望み薄で。
「脚元に気になるところがあったので放牧に。帰厩後は坂路中心に乗り込んできたので仕上がりはいいと思います。ただ、様子を見ながらの調整ということで速い時計は少ないですが、力は出せる状態にはなっています。あとはうまくレースの流れに乗れるようなら」(土田調教師)。 ◎近走の内容に加え、鉄砲も案外で。
「放牧から帰ってきてからここまでは順調の一言。追い切りの感じも悪くなかったしね。この馬はラチを頼って走るので、そういうレースができないと集中力を欠く傾向があるんだ。前に馬を置いてラチ沿いを走れる形の競馬ができれば楽しみなんだが」(加藤敬二調教師)。 ◎全6勝全てが平坦コース。坂がある中山は多少割引かも。
「前走後はリフレッシュ放牧に。帰ってきてからは順調そのものだし、今日の追い切りの動きも満足がいくもの。落ち着きがあるのも好材料だしね。夏を越して馬のバランスが良くなっているし、この後に向けて是非いいスタートを切って欲しいと思っているんだ」(三浦調教助手)。 ◎鉄砲は利くタイプ。ここなら実績も上位で得意の中山なら。
「北海道で減っていた体は回復したけど、変わり身という点ではもう一つ。年齢的なものもあると思うしね。ただ今回はこの馬が一番得意としている舞台。その辺りに期待をかけてはいるけど」(伊藤正徳調教師)。 ◎年齢的に大幅な上がり目は望み薄で。
「北海道で乗っていた時と同じ状態を維持していますね。デキは悪くないので力は出せると思います。前走は自分が描いていたイメージと違って手応えがもう一つでしたが、集中して走れるようなら、と思っています」(柴田大知騎手)。 ◎転厩初戦がどう出るか。様子を見たい一戦。
「追い切りの動きは良かったよ。今回は56キロで出走できるし、中山にも実績があるからね。距離も問題なく、渋太さを生かせる競馬なら見直せると思う」(宮調教師)。 ◎叩き2走目、実績がある中山。距離もOKで注意は必要。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。