2012年3月24日(土)

11R

2012年3月24日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第60回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

「今週は3頭併せで追い切ったがいい動きをしてくれた。前走はさすがに距離が長かったが、AJCCの内容が悪くなかったことからこのくらいの距離なら見直せるハズ。荒れ馬場は苦にしないし、中山も得意なので」(古賀慎明調教師)。 ◎まだ完全復調とは言えないのかも。
「疲れが見られたので放牧に。帰厩後は順調だし、動きもいいからね。荒れた馬場は良くないけど、この条件は悪くないので良馬場で競馬ができれば」(伊藤正徳調教師)。 ◎9歳。得意の中山でも一変はムリか。
「転厩馬で詳細は未知だけどここまでは順調。動きも悪くないですよ。ただ7歳馬ということで大幅な上がり目となるとどうでしょう」(土田調教師)。 ◎久々でこの相手。上位争いは疑問。
「ここまでは予定通りの追い切りを消化。今週の動きも良かったし、状態は悪くないと思う。今回は距離を考えて積極的な競馬をするつもりなので、何とかキッカケを掴んで欲しい」(二ノ宮調教師)。 ◎近走内容から強調材料が見当たらず。
「今日は他の厩舎との併せ馬を。いい動きだったし、状態は前走以上と言えるんじゃないかな。元々が叩き良化型だし、一昨年勝った相性のいいレース。天皇賞に向けていい結果を期待したいね」(国枝調教師)。 ◎一変はどうかだが、長丁場は走る。時計を要する馬場なら。
「先週の時点では今一つだったが、今週は攻め駆けしない馬にしてはいい時計が出たし、これなら大丈夫だろう。中山のこの距離は微妙だが、どんな競馬をしてくれるのか一度見てみたい」(松田博資調教師)。 ◎重賞だともうワンパンチが欲しい印象。
「今週はビッシリ追い切った。動きはマズマズで八分以上の仕上がりにあると見ていいと思う。アクシデント明けで何とも微妙だが、能力は高いし距離延長もプラス。滑る馬場はどうかと思うが、ダービーと同じような力の要る馬場ならいいレースになると思う」(中山調教助手)。 ◎前走は馬場を気にしたのか、馬ナリでのゴール。それでも勝ち馬から1秒差。立て直した今回は見直し必要。
「追い切りの動きはラストがシッカリしていたし、良かったと思う。ここも持ち前の渋太い先行力を生かして頑張って欲しいね」(星野調教師)。 ◎ここ一連の成績からオープンでは厳しいのかも。
「前走は前残りの競馬に加え、スタートでモタ付いて自分の競馬ができなかったからね。その後はここを目標にしてきたし、今日の動きも上々。ある程度の位置で競馬ができれば見直せると思うよ」(松山康久調教師)。 ◎結構きついローテーションだが、距離、コース共にこの馬向きで。
「放牧明けになるけど順調に乗り込んできたので仕上がりはマズマズ。中山は走る馬だし、距離も守備範囲。久々も苦にしないので楽しみだね」(伊藤伸一調教師)。 ◎中山は得意。久々、初の古馬相手になるがポン駆けは利くタイプ。無視は危険か。
「前走はマイペースの競馬ができたことが大きかったし、長丁場の適性もあったと思う。引き続き状態面はいいので再度同じ競馬ができるようなら」(田村調教師)。 ◎前走で破ったギュスターヴクライが先週阪神大賞典勝ち。鞍上の好プレイが目立った前走だが、再度スンナリ行ければ。
「ここにきて馬が一皮剥けた印象。毛ヅヤも良くなったし、馬が逞しくなってきたよ。道悪も苦にしないし、パワーアップした今、この相手でどこまでやれるか楽しみは大きいね」(清水英克調教師)。 ◎この舞台は得意。ただ今回は昇級初戦でこの相手。別定戦でもあり、押さえが妥当か。
「追い切りの動きは良かったね。一戦毎に完成の域に近付いてきているし、ここを目標にしてきたので仕上がりも申し分なし。本番に向けて是非、いい結果を出して欲しいと思っている」(清山調教助手)。 ◎実績ならここに入っても上位の部類。中山もOKでここも好勝負。
「前走は久々のぶん、仕掛けてからの反応が鈍かった。それに古馬と初の対戦だったからね。その後は放牧に出したがあまり体付きは変わっていないものの、落ち着きが出たのは好材料。中山は経験済みだし、折り合いにも不安はないので」(田代調教助手)。 ◎久々の前走が4着。体の成長はイマイチだが、叩き2戦目で一押しは可能。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。