IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月25日(日)

11R

2012年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第32回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 |

「一度叩いた上積みは見込めるし、体付きもよくなっている。今回は好位でこの馬の持ち味である渋太さを生かす競馬をするつもりでいるけど、さすがに今回は相手が揃っているからね」(中村調教師)。 ◎取り消し後の一戦だったアルゼンチン共和国杯は直線盛り返したものの4着。叩いた効果は見込める今回、相手は強いが力の要る馬場にでもなれば見せ場くらいは。
「輸送の疲れが回復して、飼い葉食いの方も日増しによくなってきています。調教の動きもよかったし、日本の競馬のペースにも対応できると思っています」(ヴェリアン調教師)。 「いい枠を引けたし、この枠順なら早めにいいポジションを取れそう。満足しています」(カラン騎手)。 ◎海外のGIではやや苦戦の状況。速い決着の日本の馬場も苦にしそうで上位は?
「時季的なことを考慮して、いつもより強い負荷をかける調教をしたが、絶好の動きだったし、満足がいく追い切りだったと思う。状態としては今までで一番いいだろうね。能力を出し切るのには最高の舞台。テン乗りになるビュイック騎手にもこの馬の癖はシッカリ伝えてあるし、この馬の力を出し切れば……と思っている」(堀調教師)。 ◎一叩きの効果は見込めても既に8歳。ガラリ一変を期待するのは酷かも。
「初の古馬相手だった天皇賞は正攻法で僅差の2着。悔しさはあったけど内容が濃かったし、満足の行く結果だったと思う。幸いダメージが少なく、2週に渡って追い切った動きも言うことナシ。高いレベルで好調をキープしている。距離延長は問題ないし、立ち回りも上手な馬。相手は揃っているけど楽しみだね」(斎藤調教助手)。 ◎天皇賞は内、外と通ったコースの差が出て僅差の2着。距離延長は問題なく、連対を外していない東京なら可能性は十分ある。
「来日後も順調に調整ができているし、追い切りのスタイルも本国にいる時と同じパターン。馬はリラックスしているし、状態はいいですよ。この馬の持ち味であるパワーを生かせるようなら、と思っています」(ヘンソン調教助手)。 「あまり内枠すぎると揉まれ込む可能性があるので、このくらいの枠順ならいいと思います」(ムーア騎手)。 ◎血統的にスタミナ豊富で距離はいいが、パワー型。日本の軽い馬場は不向きかも。
「来日後も疲れは見られず、順調にきています。この馬は状態の変動が少ないタイプで、追い切りの動きもよかったことから、いい状態でレースに臨めることは確かですね。それに日本の馬場も合うと思いますよ」(トレヴァー調教助手)。 「この枠は問題ないと思います。今回は強敵が揃ってタフな競馬になると思いますが、デキのよさで頑張って欲しいですね」(ダンロップ調教師代理)。 ◎歴戦のツワモノといった感はあるものの、顔ぶれを考えるとやや格落ちの印象。上位までは?
「今日は馬場が悪かったから、攻め時計はこんなものでしょう。引き続きいい状態をキープしているけど、今回は相手が相手だからね。その辺りがカギになるんじゃないでしょうか」(荒川調教師)。 ◎ここは相手が相手で上位は?
「追い切りの動きは実にパワフルで、文句ナシ。ベリーグッドだね」(C.ルメール騎手)。 「前走同様、いい状態をキープしている。今までは勝ち運がなかっただけで、闘争心も蘇ってきているのも何より。枠順も内すぎず、外すぎずで理想的だし、前走同様ロスのない立ち回りができれば」(田代調教助手)。 ◎前走はジョッキーの好騎乗もあったが、鮮やかにインから抜け出した。距離はOKで平均に速くなる流れなら。
「今日の追い切りの動きはもう一つピリッとしなかった。やはり年齢的なモノがあるのかもしれないね。それに今回は相手も強くなっているし……。厳しい戦いになりそうだよ」(音無調教師)。 ◎前走が案外の伸び。やはり一頃の勢いは薄れたのかも。
「前走は少し体が立派すぎたかもしれない。一度叩いて絞れてきた今回は丁度いい体付きで出られると思う。先週速いところをやっているので、今週は仕掛ける程度だったけど、いい動きでしたよ。距離も問題ないと思うし、相手は強力だけど得意の東京なら」(橋本調教助手)。 ◎天皇賞がもう一伸びを欠いた印象。一息後を叩いた上積み+距離もOK、しかも得意の東京なら見限るのは早計。
「軽快な動きをしていたし、状態面に関しては満足しています。日本の速い馬場にも対応できると思っていますが、スタートがあまり速くないのでせめて中団辺りで脚を温存できる競馬ができれば……と思っています」(ルーシー・ポッティ調教師代理)。 ◎アメリカ、オーストラリア、そして日本と各国を回っての参戦。速い時計の裏付けがない点が気になるところで、日本の馬場に合うかどうかがポイント。
「前走後は短期放牧に。帰厩後は順調に調整ができたし、昨年のJCの時とは全然状態が違うからね。昨年は押せ押せのローテーションで使う毎に調子が下降したけど、今年はその反対。ユッタリしたローテーションを取ったことで上向いている。相手は揃っているけど、この馬の持ち味である瞬発力を生かせる流れになるようなら」(橋口調教師)。 ◎比較的メンバーに恵まれた前走が、久々とはいえ6着。一頃の冴えは見られず、上位は?
「今日は馬場が悪くなっていたし、オーバーワークを避けることを考慮してラスト重点の追い切りでしたが、前走を更に上回る動きをしてくれましたね。体の方もスッキリしてきましたし、鞍上の指示にも素直に反応してくれるし、(結果を出してくれている)ウィリアムズ騎手の騎乗も心強い限り。前走以上の状態で臨める今回は楽しみも……」(角居調教師)。 ◎前走は発馬で後手。しかも鞍上が腕を脱臼しての騎乗と運に恵まれなかったが、最速の末脚で少差の3着。馬場は問わない馬で距離も問題ナシ。宝塚記念(2着)で騎乗したクレイグ・ウィリアムズ騎手の騎乗もプラスで、見直す手は大いにある。
「初の海外遠征の疲れも取れてきたし、こちらの環境にも慣れてきました。前走の凱旋門賞はホームでの一戦でしたが、今回はアウェーでの戦い。(目に見えない)輸送による疲れがどの程度あるのか、分からない面がありますが、この馬にとって東京の長い直線は合っていると思いますよ。ゲートに問題がある馬ではないので、枠順は外目でも問題ないと思います。少し時計がかかれば尚いいですね」(ラフォンパリアス調教師)。 ◎凱旋門賞でオルフェーヴルを破った馬。まともならオルフェーヴルが勝っていたかもしれないが、現実に破っているのだから軽くは扱えない。あとは日本の馬場がどうかだけ。
「前走後はミニ放牧。レース後のダメージが少なく、帰厩後はすぐに調教を開始できたし、ここまでは予定通りの調整ができた。追い切りの動きも文句なかったし、古馬との対戦でも能力面ではヒケを取らないと思う。何より53キロで出られることは有利だし、良馬場で競馬ができれば」(石坂調教師)。 ◎エリザベス女王杯を見送り、敢然とJCに挑戦。昨年は女傑ブエナビスタが制しており、3歳牝馬とはいえ、53キロなら侮れない面も。
「今日の追い切りを見る限り、まだこの馬本来の迫力が感じられないし、パフォーマンスを見せる状態にはもう一息かもしれない。能力面では見劣らないけど、本当によくなるのはこの次辺りかもしれない」(池江調教師)。 ◎昨年と比べ臨戦過程で順調さを欠いた天皇賞。叩き2戦目の上積みに期待したいところだが、追い切りの動きからガラリ一変とまでは……。
「今までも調教でヨレたことはあるし、その点はあまり心配していません。状態は悪くないし、いい状態で臨めると思いますね」(池添騎手)。 「正直、もう1本(追い切りが)欲しいと思うけど、この状態なら(8分程度には)……というデキにまでは持ってこられたからね。あとはこの馬の競馬さえできれば結果は付いてくると思っている」(池江調教師)。 ◎実績は今更言うまでもない。先週、初めて坂路で速いところ。まだ完調とはいえないが、今週の一追いでほぼ仕上がるか。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。