2012年11月11日(日)

11R

2012年11月11日(日) | 5回東京4日 | 15:30発走

第17回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)

ダート・左 1600m | 天気:小雨 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

「長距離の前走でも強いレース振りで勝ってくれたし、力を付けていることは間違い無いね。今回のマイルにも対応できると思っているし、どんなレースをしてくれるか楽しみにしている」(野村調教師)。 ◎距離がどう出るかだが、今の充実振りは著しく、一概に軽視は。
「前走はジョッキーの好騎乗。距離短縮はいいけど今回は昇級初戦で重賞だからね。現状はクラス慣れが先決かな」(柴田光陽調教師)。 ◎マイルは守備範囲だが、昇級初戦でいきなり重賞では厳しい。
「時計がかかる時間帯でこれだけ動けば文句ナシ。キャリアは一戦だけだが、ダートではまだ底を見せていない馬。この相手でも上位争いになっていいと見ている」(松田博資調教師)。 ◎初ダートだったジャパンダートD(GI)で2着。ダートの適性はかなり高そう。先行力もあり、要警戒の1頭か。
「追い切りはラストまでシッカリ走っていたし、いい状態で臨めるよ。前走がいい勝ち方だったし、この相手でも十分やれると思うよ」(堀調教師)。 ◎発馬を決めた前走が逃げ切り。再度同じ舞台なら可能性はある。
「前走は馬込みを捌くのに手間どって脚を余す結果に。マイルは守備範囲だし、東京に替わる点も問題ないと思うので改めて見直したいね」(樋口調教助手)。 ◎距離は克服可能だが、重賞レベルになるともう一押しが欲しいところ。
「追い切りの動きはマズマズ。攻めと実戦が結び付くタイプでこれなら問題ないと思う。広い東京は合うと思うし、距離延長もプラス。一押しを期待したいね」(高島調教助手)。 ◎中央の重賞レベルだと、もうワンパンチが欲しい印象。
「この中間は長めを入念に乗り込んできたのでマズマズの仕上がり。ただ、久々のハンデは否めないし、今回はこの馬の能力に期待したい」(藤沢則雄調教師)。 ◎フェブラリーS2着の実績は上位。ただ、以降の2戦がイマイチで中間の状態に注目。
「前走後は放牧に。帰厩後は順調に調整ができているのでいい状態で出走できると思う。前走のように後ろから突っかれる形の競馬ができれば、ここでも差のないレースができるのでは」(川合調教助手)。 ◎前走が思い切った逃げでレコード勝ち。57キロは歓迎で再度好レースに。
「使い込むと掛かり気味になり、コントロールが利かなくなる傾向がある。休ませた今回は立ち直っているし、仕上がりもいい。マイルは競馬をしやすいと思うので改めて期待したいね」(堀調教師)。 ◎今回は初の古馬相手。別定戦では楽な戦いになるかどうか。
「ここ2週の動きがよく、この馬本来の活気が戻ってきた。今回は走り慣れた東京のマイル戦。楽しみだよ」(橋田調教師)。 ◎条件はベスト。叩き2走目の上積みも見込め、好勝負は必至か。
「併せ馬の動き、内容ともによかった。今回の条件はこの馬にピッタリ。久々のハンデはあるが、差のないレースはできると見ている」(池江調教師)。 ◎ここ2走は芝。久々はさほど気にならない馬で、ダート替わりなら見直す手も。
「もともと調教は動く馬だからね。前走が落馬で、今回は休み明けと同じようなものだけど、仕上がりはいいから。この舞台はいいし、あとは久々がどう出るかだけ」(大橋調教師)。 ◎落馬後の一戦がどうかだが、昨年の勝ち馬。状態さえ維持できていればここも好戦は可能。
「前走は久々だったし、距離も長かったのかも……。一叩きした上積みは見込めるし、マイルに戻す今回は改めて見直してみたい」(鹿戸雄一調教師)。 ◎叩いた効果はあるが、近走からは狙い目立たず。
「今回は重賞で相手が強くなるし、距離も延びるからね。今回がこの馬にとって試金石の一戦と言えるだろう。それでもノビシロがある馬で、チャンスはあると見ている」(矢作調教師)。 ◎掛かる馬ではなく距離はOK。今の勢いなら重賞でも無視はできない。
「前走は久々と早めに動いたことがあの着順に。叩いた上積みは見込めるし、東京もOK。うまく脚をタメられれば……と思っている」(寺島調教助手)。 ◎オープン特別なら十分可能性はあるが、重賞だともうワンパンチが欲しい印象。
「仕上がり自体は悪くないが、久々になるし、この距離も微妙に長いからね。一度叩いてからだろう」(本田調教師)。 ◎今回は久々に加え相手も揃った。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。