2012年5月20日(日)

11R

2012年5月20日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第73回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

「前走後は放牧に。体がフックラしていい体付きになって帰ってきたし、その後も順調にきている。今日の追い切りは予定より時計が速くなったけど、動きは良かったし問題はないと思う。桜花賞は上位2頭に伸び負けした形。それを考えて調教を工夫してきたし、距離も血統からはこなせると思う。あとはここ一番に強い鞍上の腕に期待したいね」(手塚調教師)。 ◎距離実績がない点は不安だが、毎年活躍する桜花賞組の3着馬。一概に軽視は危険か。
「桜花賞は理想的な競馬ができたが、伸び負けの格好。今回は中間の回復が早いし、十分に負荷もかけられたからね。状態に関しては更に上向きだし、距離も問題ナシ。立ち回りの上手さを武器に頑張って欲しい」(斎藤誠調教師)。 ◎あまり成長の跡が窺えない。
「先週速いところを追い、日曜にもやっているので今週はオーバーワークにならない程度に。動きは良かったし、状態面は問題ナシ。早くからこのレースを目標にしてきたし、確かに相手は揃っているけど好位でシッカリ脚をタメて抜け出す競馬ができれば、と思っている」(相沢調教師)。 ◎前走は前残りでうまく流れに乗れたことが好走の原因。1勝馬の身では……。
「立て直しを図るために前走後は放牧に。まだ完全に体は戻り切っていないけど、多少はフックラした感じにはなってきている。追い切りは遅れたけど、状態には問題はないので大丈夫。切れる脚はないけど、長くいい脚を使うタイプ。距離延長はプラスだし、馬体さえ維持できていれば」(橋本調教助手)。 ◎馬体の成長がイマイチ。大幅な変わり身は望めず上位までは?
「桜花賞は体も戻っていたし、直線でシッカリ伸びてきたように内容も良かったと思う。ここ2週の追い切りがイマイチだったので、今日はビシッと追い切ったけど、いい動きだったし、これで丁度良くなると思う。折り合いに不安がないので距離は問題ないし、更に上を期待したいね」(高橋義忠調教師)。 ◎体が回復したことは好材料。桜花賞5着でそれなりの結果は出したが、もうワンパンチが欲しい感。
「飼い喰いがいい馬なので、加減をせずに追い切りができるし、筋肉が付いて体付きも良くなっています。血統的にも体形からも距離延長は問題ないと思うし、ジョッキーも2度目の騎乗。馬の力を出し切ってくれれば楽しみはありますよ」(松田国英調教師)。 ◎先行有利なフローラSで3着。距離はOKであとは力関係だけ。
「今回も中2週なので芝コースで追い切った。前に馬を置いて直線で併せる形を取ったが、いい動きだったよ。体も回復傾向だし、競馬が上手になってきているのも何より。見た目は変わらないが力を付けてきているし、距離も大丈夫。相手は揃っているが楽しみはあるよ」(鹿戸雄一調教師)。 ◎3連勝と勢いはある。ただ一線級との対戦は今回が初。力関係がポイント。
「前走後は疲労の回復が早かったし、飼い葉の食いも旺盛。今日は余力をもってこの時計だからね。馬の雰囲気はいいし、更に上向いているよ。それに迫力も出てきているしね。距離に関しても前走の内容から全く問題ないと思うし、正攻法の競馬をして頑張って欲しいね」(小島太調教師)。 ◎スローペースを最速の末脚で差し切り。馬体増はさることながら、距離延長もプラスで今回も有力視。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩してからは順調に乗り込んでいるし、馬体減りもなくいい仕上がりだよ。今日の追い切りもラストまでシッカリした脚取りだったし、前走同様いい状態で臨めるよ。東京に輸送しても体が減らなったし、折り合いに不安がないので距離が延びても大丈夫。何とか桜花賞の雪辱を果たしたいね」(友道調教師)。 ◎勢いそのままに桜花賞2着。減り加減の体重もジックリ間隔を開けたことで回復しているハズだ。距離は歓迎で勝機も十分ある。
「アクシデント明けの前走で見せ場は作ってくれましたからね。前走を叩いたことで馬体に張りが出てきた感じがあるし、折り合いが付くので距離延長は問題ないと思う。決め脚はここなら上位だと思うので、いい結果を期待したいね」(加藤和宏調教師)。 ◎外傷明けのNHKマイルCを叩いての連闘。小柄な牝馬でローテーションは?だが、叩いた上積みは見込めそう。
「前走が負けすぎの感じはあるけど、この中間も順調に調整ができているのでいい状態をキープできている。相手は強いけどラストは切れる脚を持っているので、展開が向くようなら……とは思っているけどね」(小西調教師)。 ◎ここではさすがに荷が重い感じ。
「短期放牧に出したが帰厩してからは順調にきているし、いい状態をキープできている。今日も思った通りの追い切りができたし、動きも上々。距離も折り合いが付いていた前走から心配無いと思うし、前走がこの馬の力とは思っていない。変わっても不思議はないと思うよ」(石坂調教師)。 ◎前走の敗因が不可解だが、荒れた内目を通ったことか……。ただ、距離延長は割引で上位までは?
「前走後はジックリ調整ができたし、追い切りは少しモタ付いたけど時計的には動いているので問題ナシ。ここにきて体が成長しているし、距離も姉(ワンカラット)とは体付きも気性も違って出ているので問題はないと思うよ」(藤岡健一調教師)。 ◎血統から距離延長はプラスに出そうだが、相手関係からは上位までは?
「今日の追い切りは程良くできたし、これなら言うことはないね。姉のドナウブルーとは体の大きさが違うし、気性も大人しいので同じ3歳の時点を考えれば思い通りの調整ができる点は何より。距離延長は問題ないと思うし、すべきことは全てやってきたからね。好結果を期待したい」(石坂調教師)。 ◎熱発明けのチューリップ賞は参考外。それを見事に証明した桜花賞。距離は問題なく、初コースさえこなせば。
「順調に使い込んでいるけど、疲れが残らないようにしっかりとケアをしているので状態は悪くないよ。前走の末脚が見どころ十分。相手は揃ったけど持ち前の末脚を生かせる展開になれば」(伊藤正徳調教師)。 ◎既に12戦とキャリアは豊富。混戦になれば見せ場は作れそう。
「先週ジョッキーが乗って速いところをやっているので、今日は疲れが残らない程度に。いい動きだったし、納得のいく状態で臨めるよ。折り合いが付くので距離延長は問題ないと思うし、初コースでもうまく対応してくれると思う。ここでも素質は見劣らないと思うので、善戦以上を期待したいね」(山田調教助手)。 ◎前走後はプールを交えて順調に調整。距離はOKで前々で流れに乗れれば。
「桜花賞は目一杯の仕上げで臨んだが、馬体減が微妙に応えたのかも。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は予定通りの調整ができているし、今週の一追いで丁度良くなると思う。条件面は悪くないので、何とか好結果を、と思っているんだ」(吉沢調教助手)。 ◎一戦毎の体重減。母系から距離延長はOKだが、近走内容から上位は?
「予定より時計が速くなったけど、手応えに余力があったし問題ないと思う。前走が前々の競馬で結果を出したし、自在性が出てきた点は収穫。状態は維持できているし、距離も馬の後ろに付けていけば折り合いは付くと思うので克服できると見ている」(尾関調教師)。 ◎まだ1勝馬。キャリアも浅く一線級との対戦がない点もマイナス。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。