2012年9月2日(日)

11R

2012年9月2日(日) | 3回新潟8日 | 15:45発走

第48回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

芝・左・外 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

「前走は色々な要素がうまく噛み合って勝つことができたよ。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は暑さにも負けず順調に調整できている。左回りは勝っているが、新潟は初コース。その点はやってみないと分からないが、ゲートを決めて流れに乗れる競馬ができれば」(萩原調教師)。 ◎スムーズな競馬で金星をあげた前走。ゲートさえ五分に出れば今回も侮れない存在に。新潟は初だが、東京で勝っていることから、左回りに不安はないハズ。
「追い切りはいつも通りに坂路でラスト重点。いい伸びを見せてくれたし、叩いた上積みが十分見込める内容。今回は距離が延びるし、コース相性がいい新潟だからね。条件面がよくなる今回は楽しみ」(荒川調教師)。 ◎マイルは忙しかったか。春の新潟大賞典3着の内容から、距離延長の今回は要注意か。
「年齢と共にズブい面は出てきているが、今日の追い切りはラストの伸びが上々だったし、叩いた上積みを感じる内容。行きかけた時にブレーキをかけるとすぐに反応ができないタイプ。それを考えるとノビノビと走れる広々した新潟コースはよほど合うんだろうね。今回も3連覇に向けて頑張って欲しいと思っている」(木原調教師)。 ◎久々、58キロを背負った小倉記念が最速の末脚で3着。ハンデは気になるが、直線が長い新潟はプラス。そろそろ警戒が必要か。
「併せ馬では劣勢だったけど、相手が走っただけで問題ないよ。今回はオープン挑戦になるけど、52キロで出られる点は魅力。末脚を生かせる新潟コースも合うと思うので楽しみはあるよ」(南井調教師)。 ◎準オープンなら勝ち負けできる馬。今回は軽ハンデとはいえ、重賞挑戦で上位争いまでとなると……。
「この中間はゲート練習も積んだし、叩いた上積みもあるからね。少し乗り難しい馬だが、能力はここに入っても見劣らないし、あとは輸送で体が絞れてくれるようなら」(清水英克調教師)。 ◎前走は明らかに太目。叩いた効果は見込めるが、今回は牡馬混合で楽な戦いは。ハンデ頼みの一戦か。
「前走後は短期放牧。その後はここを目標に調整してきた。今日の動きも良かったし、いい状態で出られるよ。前走が4着でも差は僅かだし、新潟コースも問題ナシ。先行して渋太さを生かせる形になれば」(田村調教師)。 ◎やはり先手を奪った方がいいようだ。左回りは問題なく、自分の形に持ち込めれば。
「近走は条件が噛み合わないのか、結果が出ていないことを考慮し、放牧に出して立て直しを図った。追い切りの動きは良かったし、いい状態で臨めると思うけど、近走がもう一つ結果が出ていないからね。ただ、左回りは走るし、ここでもやれる力は持っている馬。改めて見直したいね」(吉沢調教助手)。 ◎一戦毎の馬体増。近走が案外なのは太目? 絞れているようなら見直しが必要か。
「前走後はリフレッシュ放牧に。帰厩後はジックリと調整してきました。ここにきて馬体に張りが出てきたし、動きも一追い毎に良化。いい状態で臨めそう。今回は初の古馬との対戦に加え、距離のことと課題はあると思いますが、新潟は得意だし平坦コースなら距離も我慢してくれるのでは、と思っています」(尾関調教師)。 ◎久々で初の古馬相手。ハンデは恵まれるだろうが、いきなりとは……。
「今日は併せた相手が動きすぎただけで、この馬としても動いているので問題ナシ。前走は動くに動けない競馬だったし、斤量を背負って瞬発力勝負の形になってしまったから、参考外の一戦と見ている。いい脚を長く使える馬で、直線が長い新潟はピッタリ。巻き返しを期待したい」(須貝調教師)。 ◎小倉記念で伸びを欠いたのは、ハンデ(57キロ)が影響したか。今回は得意の新潟コース。斤量次第で巻き返しも。
「追い切りは前走と同じパターン。いい動きだったね。元々が叩き良化型だから、デキは更に良くなっている感じ。気分屋の面があって、走るかどうかはその時の気持ち一つといった面はあるけど、夏場は走るし、一頃より精神面も成長しているから。初コースだけど楽しみ」(和田調教助手)。 ◎一叩きでガラッと変わった前走。今回はハンデが増量、初の新潟がどうかだが、夏場は走る馬で再度平坦コースなら。
「今日は併せ馬で余力を残して先着し、動きは良かったよ。今回は格上挑戦になるけど、元々の力からはヒケは取らないと思うし、52キロで出られる点も魅力だからね」(友道調教師)。 ◎元々高く評価されていた馬だが、今回は2階級上に挑戦。やはり様子見が必要な一戦。
「今回は骨折明けで長期休養明けの一戦だからね。順調に乗り込んではいるが、まだいい頃に比べるともう一つ。叩いてからじゃないかな」(宗像調教師)。 ◎久々、牝馬の7歳を考えると新潟は走るといっても?
「前走の末脚に復調を感じたし、その時のデキをキープしているからね。ハンデの55キロは少々見込まれた感じだけど、能力的に通用する力は持っていると思う。ここで結果を出せるようなら先々が楽しみになるね」(山田調教助手)。 ◎能力は秘めているが、今回は格上挑戦。ハンデ差を武器にどこまでやれるか。
「今日の時計は予定より少し遅かった感じはするが、動き自体は悪くなかったので問題はないと思う。叩いた上積みが見込めるし、距離も守備範囲だからね。良績がある新潟で楽しみ」(水野調教師)。 ◎新潟は走る。ただ今回は距離面がどうか。牡馬相手の不利はハンデ差で何とか相殺できそうだが……。
「新潟大賞典を予定していたが、レース前に肩を痛めて取り消し。針をして放牧に。その後はこのレースに照準を合わせて調整してきた。ここまでは順調にきているし、仕上がりはいいと思う。鉄砲も利くタイプだし、新潟も得意。何とかいい結果を、と思っている」(高橋裕調教師)。 ◎新潟大賞典を取り消した後の一戦。鉄砲は利くタイプで新潟にも良績はあるが、速い時計が少し不足気味な点は気になる。
「ここまで使い込んできたので、状態をキープすることを重点にした調整。ここにきて集中力がアップしてきたし、馬体もシッカリしてきたのは何より。左回りに良績がない点がネックだけど、馬場状態などがあったからね。パンパンの良馬場なら、と思っている」(藤原英昭調教師)。 ◎ここ2走が57キロで2着続き。ハンデ差で負けたといっていいだろう。左回りがどうかの不安は多少あるが、今回も大きく崩れることはないだろう。
「北海道から帰ってきた当初は少しバテ気味だったが、ここ2週の動きからその点は解消したと見ていいと思う。左回りは堅実だし、鞍上も手の内に入れたと思うので改めて期待したい一戦」(田所調教師)。 ◎前走は道中他馬に何度かブツケられる不利。そのぶん伸びを欠いたが、スムーズなら見直しが必要だろう。
「前走後も好調をキープ。牝馬らしく夏場は本当に状態がいいし、今回は良績がある新潟。ハンデの53キロも好材料だしね。相手は揃うけど、良馬場ならここでもヒケは取らないと見ている」(大久保龍志調教師)。 ◎ベストはマイルから1800メートル。この距離は微妙で、あとはハンデを武器にどこまで。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。