IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年8月12日(日)

11R

2012年8月12日(日) | 3回新潟2日 | 15:45発走

第47回関屋記念(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「元々が調教でそれほど動く馬ではないんだが、今日はよく動いたよ。長期の休み明けになるけどシッカリ乗り込んで仕上がりはいいからね。ただ、この馬は中山に良績がある馬で新潟はもう一つ。まずは一度叩いてからかも」(中川調教師)。 ◎今回は1年4カ月振りの一戦。さすがにレース勘がどうなのかの不安はある。
「中1週で新潟への再輸送になるので、追い切りは控え目でも、これで十分。強行軍の日程だけど、状態はむしろ上向き。前走はスローペースで展開に恵まれなかったけど、ある程度流れてくれる展開になれば、差の無い競馬ができると思うよ」(榎本調教助手)。 ◎前走は出負けの上にスローペースで不発。それでも最速の末脚で0.3秒差の5着は評価できる。今回は中1週で2度目の新潟輸送になる点がネックだが、叩き2走目の上積みは期待できそう。
「前走の敗因を上げるとすれば馬場が緩かったことか、あるいは一気の馬体増しか考えられない。でも見た目は太くなかったし、動きも良かったからね。引き続きデキはいいし、今回は460キロ前後で出られると思う。良馬場を条件に改めて期待したい」(坂口正則調教師)。 ◎前走は輸送減りを考慮した追い切りにしても、24キロ増はいかにも増え過ぎ。今回はベストの体重で出られるハズ。見限りは危険。
「併せた相手が予想以上に走ったから、最後はほぼ併入になったが、動きとしては悪くないと思う。マイルはいいし、新潟にも良績がある。ただ、今回は久々なのでその点がどうかな」(領家調教師)。 ◎重賞レベルではやや格落ちの感がある。
「前走は出がよすぎて掛かってしまったことが敗因。原因が分かっているので問題ないですよ。この中間も順調にきているし、追い切りの動きも上々。今回はベストのマイル戦で2戦2勝と得意の新潟。夏場は走る馬だし楽しみはありますよ」(芝崎調教助手)。 ◎宝塚記念は折り合いを欠き惨敗。マイルなら折り合いの不安はないハズで、あとは前崩れの展開になれば。
「前走は馬場が緩くて進んで行かなかったからね。状態自体は前走同様、好調をキープしているので問題ナシ。新潟は勝ち鞍があるコースだし、良馬場を条件に改めて期待したい」(南井調教師)。 ◎舞台は悪くないが、牡馬混合の重賞戦では厳しいかも。
「前走後も順調にきているし、中2週での新潟。それを考えてラスト重点の追い切り。状態はキープできているよ。あとはレースの流れに乗って競馬ができれば」(池江調教師)。 ◎マイルはさすがに堅実。ただ末一手で大崩れはないだろうが、展開の助けは必要かも。
「放牧明けになるけど向こうでも乗っていたし、体は仕上がっている。今日の追い切りの動きも良かったし、状態面はいいと思うよ。新潟は得意のコースだし、牡馬が相手でも、の気持ちは持っている」(水野調教師)。 ◎新潟は得意。ただ今回は牡馬相手の別定戦。その点がどう出るか。
「追い切りは見ての通りいい動きだった。今まで使いたいところを使えない歯がゆさはあったけど、今回は除外されることもなく使うことができたからね。前走は勝った馬に上手く乗られたけど、条件ピッタリのレースを使えたこのチャンスを生かし切りたいね」(岡田調教師)。 ◎ベストのマイル、新潟との相性もいい。重賞ではワンパンチ足りない印象も、流れ次第では。
「脚元の関係でビシッと追えない面はあるけど、使いつつ良くはなってきている。体の方も徐々に絞れてきているし、当日480キロ前後まで絞れているようなら粘りも違ってくると思っているんだけどね」(天間調教師)。 ◎一昨年の覇者。超久々を2度叩いて徐々に上向いていることは確か。自分のペースで運べるようならそろそろ注意が必要かも。
「心配していた夏負けにもならず、この中間も元気一杯。追い切りは、使い詰めできているので馬ナリの調整。あとはゲートを五分に出て、ある程度の位置で競馬ができればラストは必ず脚を使ってくれるから」(坂井調教助手)。 ◎前走は出負けした上にスローペースに嵌り、最速の末脚を駆使して0.3秒差。左回りのマイル戦はベストの条件で、嵌れば。
「放牧明けになるが、ここ2週に渡っていい時計が出たし、ほぼ仕上がったと見ていいと思う。正直、仕上がり自体は昨年の方が良かったと思うけど、この馬は使い込むよりフレッシュな方が走る傾向があるんだ。その辺りに期待をかけてみたいね」(鮫島調教師)。 ◎昨年の覇者だが今回は久々。中間の攻馬でも速い時計が不足気味。その点が気になるところ。
「前走後は放牧に。帰厩後は順調に調整ができているので、仕上がり自体は問題ないよ。ただこの馬は気性的に休み明けは動かないタイプ。直線が長いとはいえ、マイルは少し忙しい感じも。コレを叩いた次に期待かな」(佐藤調教助手)。 ◎コースはOKだがもう少し距離が欲しいところ。マイルは少々忙しいかも。
「先週シッカリやったので今週は流す程度。輸送を見込んでも430キロ前後で出られると思う。安田記念はこの馬にとって厳しい競馬になってしまったけど、今回は前走と相手が違うからね。左回りのマイル戦はピッタリだし、時計勝負も問題ナシ。改めて見直したい一戦」(古川調教助手)。 ◎安田記念は牡馬との差が出た感じ。しかしGIIIのメンバーが相手、54キロでの出走を考えれば見直しは必要だろう。
「爪を悪くして放牧に出していたが、帰厩後は順調に乗り込んできたし、追い切りの動きも悪くなかったからね。息の方もできているので、ほぼ態勢は整ったとみていいだろうね。ただ、この馬は末脚勝負の馬。直線が長い新潟はスローになる傾向があるのでその点がどうかな。ある程度流れてくれるようならいいが……」(古賀史生調教師)。 ◎久々は不利だが、GIIIなら通用してもいい力はある。あとは流れ一つと言えそうだ。
「今週はラスト重点だが、いつも通りの調整ができているからね。前走は着順こそ9着だけど、マクリ気味に上がっていった脚は見せ場十分。そろそろいいところを見せて欲しいと思っている」(安藤調教助手)。 ◎コンスタントに使っているが、思ったほど結果が出ず。
「新潟への輸送もあるので今日はラスト重点の追い切りだったが、いい伸びを見せてくれた。前走は馬場が緩かったし、馬が横を向いたときにゲートを切られて出負けしてしまい、この馬の持ち味を生かし切れなかった。新潟の外回りコースはピッタリの条件だし、ゲートを五分に出てくれれば見直せると思うよ」(池江調教師)。 ◎前走は出遅れて自分のリズムで走れず。ゲートを決めて、ある程度の位置で運べれば巻き返しは可能。
「今回が休み明け3戦目で一番状態がいいね。前走は内々の馬場の悪いところを走らされての負け。左回りのマイルは得意だし、馬場がいい新潟もプラス。相手関係も前走よりは比較的楽だと思うので楽しみはあるよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎叩き良化型。2戦2勝の新潟でそろそろ見せ場は作れそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。