IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年7月15日(日)

11R

2012年7月15日(日) | 2回函館6日 | 15:25発走

第48回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

「気のいい馬で追い切りはやればやるほど動きますからね。それにしても今日はいい動きでした。この一追いで丁度いい仕上がりに持っていけると思います。北海道の競馬では抜群の成績を上げている馬だし、ゲートを普通に出てくれれば、と思っています」(川須騎手)。 ◎8勝中7勝が洋芝。このコースも得意で今回も好勝負は必至か。
「放牧先から直接入厩。向こうでも乗っていたし、今週の動きも良かったからね。夏場はあまり強くない馬だけど、こっちは気候がいいので問題ないし、滞在もいいと思う。パワータイプなので洋芝も気にならないし、力通りの競馬ができれば」(岡田調教助手)。 ◎小回りのこの距離はピッタリ。あとは洋芝の適性だけ。
「前走は出負けしたことで厳しい競馬になったが、よくあそこまで追い込んでくれた。デキ自体は特に変わってはいないが、距離延長はプラス。洋芝の適正は未知だが、ゲートを五分に出てくれるようなら一押しは利くと思う。あとはオープンでの力関係だろうね」(萩原調教師)。 ◎長期休養明けの前走が出遅れして少差の③着。ローテーションは厳しいが能力は高く、2走ボケさえなければ。
「例年以上に全てが順調にきていたが、期待していた前走がサッパリ。でもレース後すぐに息が入ったように、全く走っていなかったので参考外と見ています。追い切りの動きは前走を上回っているし、今回は舌を縛って臨む予定。洋芝は得意な馬だし、改めて見直したいですね」(今井調教助手)。 ◎前走が意外にだらしがなかった点は気になるが、どうやらハミを越していたことが敗因。今回は舌を縛っていくとの事で、見限りは早計かも。
「今日みたいな馬場はあまり動かない馬なのでこの時計でも問題ないですよ。状態自体は昨年(2着)の時とあまり変わらないけど、年齢的な衰えはなく元気ですからね。ハンデは1キロ重くなったけど力を出し切れれば、と思っています」(梅内調教助手) ◎叩き2戦目だが既に11歳。上がり目を期待するのは酷かも。
「先週に比べればだいぶ動きは良くなっていますが、まだ体は多少緩いかもしれません。それでも年齢のわりに若さがあるし、洋芝の適性も高そうなので、その点に期待したいですね」(丸山騎手)。 ◎近走内容が案外。やはり年齢的な衰えは否定できないか。
「追い切りは馬がリラックスしていて、動きも前走同様良かったよ。ここにきて精神面の成長が見られ、無駄に力を浪費しなくなり、我慢が利くようになっている。そのぶん最後にいい瞬発力を発揮できるからね。洋芝も問題ないし、距離も大丈夫。斤量も手頃で期待は大きいよ」(柴山騎手)。 ◎初の洋芝も気にせずアッサリ勝った前走。距離延長はむしろプラスで、ハンデ次第では連勝も。
「中1週でもビッシリ追い切った。動きは良かったし、元気があるね。長い休みを挟んでいたので年のわりには馬が若いし、ここも決め手を生かせる流れになるようなら」(沼田厩務員)。 ◎前走は出負けして自分の競馬ができず。前走の内容はマズマズだが、ガラリ一変は望み薄で。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。放牧先から直行で函館に入厩して、その後は順調に調整できている。洋芝は走る馬だし、距離も対応できると思うけど、休み明けの実績はもう一つ。コレを叩いた次(札幌日経オープン)に期待したいね」(大竹調教師)。 ◎元々が叩き良化型。距離もやや短いか。
「気候がいいのか馬の状態は上向き。洋芝は走る馬なのでコースは歓迎だが、最近は自分から走るのを止めているような面がある。今回はチークピーシズを着けるので、その効果に期待したいが、好調時の勢いにはもう一息かも」(二ノ宮調教師)。 ◎久々を叩いた上積みと洋芝は得意な点は認めるが既に9歳。大幅な変わり身となると……。
「今日はあまり速い時計を出さず、馬の行くがままにとの指示。動きは良かったし、モタれる面を出さずに真っすぐ走っていたのは何より。これは調子がいい証拠だしね。洋芝、距離は経験しているし、コーナーが4回のコースでも問題ないと思うので」(浜中騎手)。 ◎夏場の経験がない馬でその点がどうかも、前走の勝ち方が鮮やか。能力的には遜色はないが、この距離は少々微妙。
「前走後のダメージがなかったのでここに挑戦。11日に入厩した後も順調にきている。軽ハンデを生かし、積極的な競馬をして少しでも上を目指せれば、と思っているんだけどね」(黒岩調教師)。 ◎軽ハンデでも苦戦は必至か。
「今日は反応が鈍かったので気合を入れました。いい時の唸るような行きっぷりが見られないし、一叩きした上積みが感じられない点は不満だけど、ゲートを出て自分の形に持ち込めるようなら……と思っているんだけど」(藤岡佑介騎手)。 ◎叩き2走目だが、休養前の成績から一変はどうか。ただ、コースは得意なので前で流れに乗れるようなら。
「1週前に栗東で坂路でやっているので、今週は本馬場で。いい動きだったし、前走時のデキをキープしています。ただトビが大きな馬で、器用さがない馬。馬場が渋ると不安ですね。今回は小回りなので立ち回り一つになりますが、上手く捌けるようなら」(山田調教助手)。 ◎重賞ではもうワンパンチが欲しいが、ハンデ次第では喰い込む余地も。
「あまり大きな変わり身は見られないが、体が回復した点は好材料。距離延長はプラスだし、あとは52キロのハンデに期待を寄せたい」(茨木調教助手)。 ◎今年に入ってからの5戦に見所がなく、評価は下がる。
「夏場に調子を上げるタイプで、追い切りの動きは凄く良かったよ。昨年は54キロでこのレースを勝ったが、今年は56キロ。2キロ重くなるけど調子が上向いているし、今回は早目に動く競馬で好結果を出して欲しいと思っている」(鮫島調教師)。 ◎既に9歳。年齢的に上がり目は望めず。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。