sportsnavi

2011年12月4日(日)

11R

2011年12月4日(日) | 6回阪神2日 | 15:40発走

第12回ジャパンカップダート(GI)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 |

「気の悪さが出たにしても、追い切りでモタついていたように、いい頃に比べると気配はイマイチかな。ダート替わりはいいと思うけど、今回は相手が強力だし、厳しい戦いになるかも」(渋田調教助手)。 ◎この距離は忙しすぎる感がある。
「元々期待していた馬が、ここにきてようやくその片鱗を見せてきた感じ。追い切りでも動くようになってきたしね。それでも今回はメンバーが強力だからね。この相手でどこまでやれるかを試すいい機会だと思って挑戦するよ」(石坂調教師)。 ◎条件を勝ってオープン入り。コースもいいがこの相手で即通用とは。
「前走は発馬が一息で全くいいところがなかったが、叩いた効果でだいぶ気配は変わってきたし、追い切りはあまり動かないのでこれで十分。ただ、今回は相手が相手。砂を被らずに行ける外枠が望みだったが、内枠。早めに外に出せてどこまでやれるかだろう」(中山調教助手)。 ◎叩き2走目だが、今回は相手が強すぎる。
「今日の追い切りでほぼ万全といえると思う。前走は勝った馬が強かったし、仕方がない結果。牝馬のわりにパワータイプなので、できれば良馬場でやりたいね。相手は強いが持ち前の渋太さを生かして頑張って欲しい」(田代調教助手)。 ◎牡馬相手、しかもこの相手に入るとやや厳しいか。
「坂路では動かないのでこれで十分。前走は道中掛かった分、詰めを欠いてしまっただけで力負けではないからね。今回も折り合いが課題になるけど、前がやり合って差し馬向きの展開になるようなら」(村山調教師)。 ◎武蔵野Sを叩いてここは予定通りか。あとは速い時計に対応できれば。
「追い切りは騎手の判断に任せてやったけど、いい時計が出たし最後までシッカリ伸びてくれた。一戦毎に本来の調子を取り戻してきているし、1頭強敵はいるけど、今のデキなら十分やれると見ている。自在性もあるし、あとはレースの駆け引き一つじゃないかな」(安達調教師)。 ◎ようやく復調。今のデキで連対を外していない阪神・1800ダート、57キロなら逆転もある。
「ここまで順調に使ってきているし、前走との間隔が短いことを考えて調整をした。大幅な上積みこそないけど、デキは安定しているからね。ただ今回は1800メートル。この距離だと最後が少し甘くなるので」(大根田調教師)。 ◎距離は問題ないが、順調に使ってきているのであまり上り目は。
「レース間隔が詰まっているので追い切りは目一杯に追わなかったが、動きは良かったよ。前走は出遅れが痛かったけど、ビッシリ追われたことは今回に繋がると思う。ゲートを五分に出ればこの相手でも楽しみはあるね」(池江泰寿調教師)。 ◎昨年の4着馬。ただGIだともうワンパンチが欲しい印象。
「前走は勝ちに行く競馬をしての4着。あの競馬は今回に繋がると思うし、追い切りも悔いが残らないようにビッシリ追い切った。確かに相手は強いが、それらを目標にして運ぶつもりだし、望みを持って参戦する」(佐藤正雄調教師)。 ◎鉄砲はイマイチ。久々の前走は叩き台と見れば、今回は怖い存在。阪神も得意で上位争いの1頭。
「入厩当初は前走の疲れが多少見られたけど、今はスッカリ解消していい状態でレースに臨めそう。追い切りはあまり動かない馬にしてはよく動いたし、状態は上向きと見ていいと思う。コース替わりは問題ないし、今のデキでどこまでやれるか楽しみ」(押野調教助手)。 ◎ここに入るとやや力不足か。持ち時計も劣勢で。
「飼い葉をよく食べるので、坂路でビッシリ追い切ることができた。ここにきて精神面の成長も見られるしね。ただ今回は牡馬の一線級が相手だからね。正直、どこまでやれるかだろう」(田代調教助手)。 ◎前走の交流重賞でレコード勝ち。ただ今回は牡馬の一戦級が相手。
「今日の追い切りは指示したとおりにできたし、言うことはないね。前走で砂を被った経験が今回に生きると思うし、2頭を除いた他のメンバーとなら力差はないと思うよ」(大橋調教師)。 ◎堅実で相手なりに走るタイプ。ダートは未だ4着以下がなく、善戦は可能。
「前走で装着したブリンカーの効果はあったと思う。ただ前走は他馬の目標になってしまったからね。追い切りの感じから疲れは見られないし、今回は距離を考えてブリンカーは外すつもり。距離はこなせると思うし、有力どころを見ながらレースを運べるようなら」(池江泰寿調教師)。 ◎距離延長はプラスとは言えないし、斤量も1キロ増。過信は……。
「遅れはしたが、年齢と共に追い切りでは動かなくなっていることと、騎乗者の体重差を考えれば問題ないと思う。それでも動き自体は先週よりは良かったからね。芝ではいい脚を長く使えないが、ダートだと詰めの甘さをカバーできるからね。相手は強いけど楽しみは持っている」(河内調教師)。 ◎初ダートの前走が鮮やか。ここでもヒケは取らない力量があり、要注目。
「前走後も順調そのもの。前走は完敗とはいっても、交わされてから渋太く粘っていたし、初重賞を考えれば内容はあったと思う。今回は更に相手が強くなるけど、まだ伸びる余地がある馬。どこまでやれるかを試してみたい」(鶴留調教師)。 ◎軽快な逃げ脚が武器。オープン、しかも重賞で即2着とまだノビシロを感じさせる内容。マイペースなら。
「時計自体は平凡だけど、内容は完璧と言えるね。昨年と同様の状態にあると思う。脚質的に先手を奪った方がいいとは思うけど、今は控えても競馬ができるからね。それに広いコースの方が競馬をしやすいし、どんな流れになっても問題ないと思うよ」(安田隆行調教師)。 ◎前走は相手に上手く乗られた感じ。距離短縮もプラスでここもエスポワールシチーと双璧を張る存在。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。