2011年6月26日(日)

11R

2011年6月26日(日) | 4回阪神4日 | 15:40発走

第52回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

「少し時計は要したが伸びがよかったし、これなら満足。前走はたまたま出遅れたが、ゲートは心配無いので今度は好位置で運べると思う。ジョッキーもこの馬を手の内に入れているし、距離も問題ナシ。多少馬場が渋っても問題ないからね」(福島調教師)。 ◎天皇賞3着は評価できるが、メンバー構成は今一つだったことを考えるとあまり過大評価はどうか。ただ馬場が悪化すれば浮上も。
「追い切りの動きは文句ナシ。前走が一追い欲しい状態、しかも道悪馬場で厳しい競馬だったけど3着と善戦してくれたからね。幸い反動もなくすぐに馬場入りできたし、今は過去を含め一番いいデキだと思う。4歳馬との比較はつかないけど、稍重までならいい勝負になると思うよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎一叩きの効果は十分。昨年3着と好走しており、今回も注意は必要か。
「今日は調教駆けする馬を相手にシッカリ伸びてくれたし、動きもよかったですよ。前走後のダメージもなく、ここまで順調に調整ができましたから。ゲートの方も練習をしてきたのでもう大丈夫。ここにきてスッカリ本格化してきたし、あとは自分のリズムで走れれば」(角居調教師)。 ◎前走が一桁違う勝ち方。パワーアップ歴然でここも上位争いに。
「予定通りの追い切りができたし、動きも上々。前回の厳しい競馬にも我慢してくれたし、今は肉体・精神の両面の成長が窺えるからね。条件的には今回の方がこの馬に向いているし、最大目標としてきたレース。いい結果を、と思っている」(藤原英昭調教師)。 ◎天皇賞2着。復調を印象付けた一戦。距離短縮はプラスで上位争いの1頭。
「乗り手の指示に反抗するので、それを考えての調整。それでも以前に比べれば大分マシになってきたけどね。過去に重賞を2勝している馬だし、集中して走ればもっとやれていいと思う。ただ、距離はもう少しあった方がいいかも」(池江泰寿調教師)。 ◎近走内容から強調できる材料が無い。
「2週続けてビシッと追い切れたし、前走よりシボれた体で出走できると思います。今回は長期の休養明け。さすがにいい頃に比べるともう一つかもしれないけど、馬場が渋るのはいいかも。相手は揃っているけど頑張って欲しいですね」(寺島調教助手)。 ◎入念に乗り込まれているが、さすがに1年3か月振りでいきなりこの相手では……。
「今日の追い切りは完璧といえる内容。いい状態でレースに臨めるよ。ここにきて体がシッカリしてきたし、実績では見劣るかもしれないけど、能力ではそれほど差はないと思うので」(平田調教師)。 ◎今の勢いは認めるが、さすがに今回は相手が揃った。
「追い切りの時点から気負っていた前走と違い、今回はリラックスしているだけでもえらい違い。最近の中では一番いいんじゃないか。今回はモタレるところもなかったしね。距離の延長もいいし、信頼して送り出せる今回は是非、ファンの期待に応えたいと思う」(松田博資調教師)。 ◎前走は遠征帰りの一戦でアパパネに敗れたが、今回はジックリ調整。昨年2着のウップンを晴らすかも。
「前走は折り合いを欠いたことが全て。距離はむしろこのくらいの方がいいと思うし、鞍上の手替わりで新味が出てくれれば、とは思っているんだ。ただ心配なのは瞬発力勝負の馬だから、馬場が気になるね。良馬場でできれば切れ負けすることはないと思う」(橋口調教師)。 ◎天皇賞は折り合いを欠いたことが全て。距離短縮はプラスで改めて見直しを。
「この中間は球節の不安がないのでコースでしっかり追うことができた。坂路だけと違って今回は息の方もできているからね。状態は昨年よりいいと思うし、今回が最後くらいの気持ちで仕上げてきたワケだから、是非、いい結果を出して欲しいと思っている」(池江泰寿調教師)。 ◎ここ2走がもう一つ。コース相性はいいし、一昨年の覇者でもあるが、当時の勢いを望むのはどうか。
「追い切りは動く馬だけど、それにしてもよかったね。前走は出遅れを挽回しようとジョッキーが仕掛けたことで馬が走る気をなくした感じ。その点、今回の距離はゆったり運べるし、折り合いも問題ないと思う。ただ、相手は手強いけどね」(音無調教師)。 ◎ベストはマイル。この距離はやはり長い。
「前走後は放牧先で骨折したがスッカリ完治。この中間も手加減をせずにビシビシ追ってきたので仕上がりはいいよ。元々ポン駆けも利く馬だからね。さすがに休み明けでこの相手は厳しいけど、たった1頭の関東馬として意地を見せて欲しいね」(戸田調教師)。 ◎ポン駆けは利くタイプ。ただ超一流のメンバー相手ではワンパンチ不足。
「今日は併走馬を追いかける形。ラストの1ハロンで並び、そして抜くというスタイル。前走後は筋肉を痛めて放牧に出していたが、その後は順調に乗り込んできたし、太め感もなくいい仕上がり。素質の高い馬だし、この相手でも格好は付けてくれると思うけどね」(池江泰寿調教師)。 ◎取り消し後の一戦。ポン駆けは利く馬だが、条件的には厳しいか。
「前走は若さを出した感じ。前走後は短期放牧に出し、リフレッシュを図ったが、どうも暑い時季はよくないのか、日経賞当時に比べると覇気が今一つ。距離短縮はいいと思うので、今回はこの馬の地力に期待したい」(池江泰寿調教師)。 ◎転厩3走目。前走は折り合いを欠いたことが敗因で距離短縮はプラス。コース相性も抜群で巻き返しを期待したいところだが、本調子には一息かも。
「今日は併せた相手を追いかける形で最後の1ハロンを追う調教。動きがよかったし、追い切りの内容としては満足。ただ、今回は相手が相手。その辺りが課題になるだろうね」(池江泰寿調教師)。 ◎定量戦でこの相手では。
「前走はレースのアヤで外に出すタイミングが遅れたことが全て。この中間も順調だし、コース相性がいい阪神。一雨降って馬場が渋るようなら出番があっても……と思っている」(中村調教師)。 ◎相手が厳しい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。