2011年4月2日(土)

12R

2011年4月2日(土) | 2回阪神3日 | 16:35発走

第29回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「一間隔開いたけどうまく調整ができたので仕上がりはいいよ。相手は揃っているがハンデ差を生かして頑張って欲しい」(栗田博憲調教師)。 ◎牝馬同士ならそれほどは見劣らず無視までは。
「状態はキープ。前走は道悪が全てで流れにも乗れなかったからね。良馬場を条件に改めて見直したい」(今調教助手)。 ◎ジリ脚で決め手勝負では分が悪そう。
「追い切りはさすがという感じ。予定の変更は問題ないし、斤量も克服可能。距離・コースもピッタリで楽しみ」(高野調教師)。 ◎決め手は抜群。ハンデが鍵だが、嵌れば突き抜けるか。
「今回は中間の調整パターンを変えてみた。距離はピッタリだし、この効果が実戦に反映されるようなら」(清水英克調教師)。 ◎一戦毎に馬体増。成長の跡が見られ、一概に軽視は。
「久々でも走れる仕上げ。ただ相手は揃っているので微妙だけど、今回も自分の競馬に徹してどこまでやれるかだね」(池上調教助手)。 ◎鉄砲一息。相手も強い。
「追い切りは自分が描いていた通りの調整ができました。状態は文句ないし、コースも不問。輸送も心配ないし、期待は大きいですね」(畠山吉宏調教師)。 ◎阪神がどうかだが、中山で勝ったことがあり坂は問題なさそう。能力的に見劣らず、ハンデ一つでは。
「この馬にしてはよく動いたと思う。斤量は少し見込まれたが良馬場なら可能性はあると見ている」(宮本調教師)。 ◎前走は出負けしてリズムに乗れず。マイペースなら。
「今回は格上挑戦になるけど51キロのハンデは魅力。斤量差を生かして頑張って欲しいね」(川島調教助手)。 ◎ハンデ差を見込んでも、いきなりオープンで通用はどうか。
「追い切りの動き自体は悪くないけど、この中間除外続きで体調管理が難しかったからね。その点がどう出るかだろう」(渋田調教助手)。 ◎少しイラツキ気味な点はマイナスか。
「追い切りは仕掛けてからの反応がよかった。今回は430キロくらいの体で出られると思うし、改めて見直したいね」(小島太調教師)。 ◎久々、輸送が敗因か。叩き2走目の上積み見込め、見直す手。
「小倉遠征後の中1週とローテションは詰まっているけど、状態面は維持できている。56キロは問題ないし、牝馬同士のレースなら崩れる事はないと思う」(藤原英昭調教師)。 ◎今年に入ってからの2戦が案外。特に強調はできないが、全くの無視までは。
「動きはいいね。今回はジックリ脚を溜めて終いを生かす競馬。軽ハンデだし、嵌ればの気持ち」(本田調教師)。 ◎オープン相手では……。
「ラストの伸びがよかったし、動きは文句ナシ。相性がいい阪神、牝馬同士の一戦なら56キロでも期待は大きい」(小島茂之調教師)。 ◎叩いた効果は見込める。牡馬相手に善戦の力は侮れないものがある。
「ここまでの調整はうまくいったよ。まだまだノビシロを感じる馬だし、この相手でも楽しみの方が大きいね」(笹田調教師)。 ◎阪神は走る。最近は馬体減りが見られないのはプラス。前走は直線窮屈になったもので、一概に軽視は。
「追い切りでは少しムキになって走っていたけど、動き自体は悪くないし、元気一杯だよ。だいぶ大人になってきたのも好材料。実績があるコースだし、時計面も上位。期待したいね」(中尾秀正調教師)。 ◎久々OK。牝馬同士の一戦なら十分勝負になっていい。
「久々になるが仕上がりは悪くない。ただこの馬は使いつつのタイプだし、まして重賞では厳しいかな」(佐藤調教助手)。 ◎コメント通り休み明けは割引。
「前走は馬場だね。間隔を詰めて使った方がいいタイプなので、中1週はプラスに出ると思う。牝馬同士の一戦なら」(音無調教師)。 ◎叩いた効果があるようなら、この相手でも勝負になっていい。
「この中間は短期放牧。その後は美浦を経由して栗東へ。仕上がりは悪くないし、牝馬同士なら善戦以上を」(和田正道調教師)。 ◎前走は太めかも。重賞好走の実績があり、絞れていれば。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。