2011年10月15日(土)

11R

2011年10月15日(土) | 5回京都3日 | 15:35発走

第46回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「休養効果で馬が大きくなったし、成長が窺える。兄(リディル)より気性が素直だし、距離に対する応用性もこの馬の方がありそう。将来性を買っている馬だし、今回も楽しみ」(橋口調教師)。 ◎リディルの弟。初戦の決め脚はなかなかで素質を感じる1頭。
「前走がチグハグな競馬だったが、ラストはシッカリ伸びてくれたからね。差す競馬で結果を出してくれたのは収穫だし、あれならマイルでも大丈夫。期待したい」(須貝調教師)。 ◎初戦が逃げ切り。2走目が追い込みと展開にこだわらず堅実な走り。距離の延長に対応できればここでも。
「前走後は放牧に出し、札幌で調整して栗東に。仕上がり自体に問題はないが、今回は初距離、初芝になるからね。その点がどうかだろう」(田島良保調教師)。 ◎一間隔開いたこと、ダート向きの血統から上位は?
「走法から芝は問題ないと思う。能力も備えている馬だが、今回は初の中央挑戦。相手も相手だから楽な戦いはできないかも」(柴田高志調教師)。 ◎血統的にもダート向き。芝でこの相手では。
「前走の勝ち時計は平凡だが、余裕があったからね。この馬がよくなるのはもう少し先だと思うが、現状でどれだけやれるかを見てみたい」(領家調教師)。 ◎前走はうまく自分のペースに持ち込めた。再度となると……。
「前走はエンジンが掛かったところでゴール。それでも最後の脚は一番だったし、着差を考えれば悔しい一戦。手前をスムーズに替えられれば動きたい時にスッと反応できると思うし、距離延長も問題ナシ。外回りも有利で改めて期待」(中山調教助手)。 ◎前走はもう少し前で運べたらの印象がある。最速の末脚で勝ち馬からクビ差なら可能性も。
「古馬を煽るほどの動きだし、成長を感じさせる追い切り。追ってからもシッカリ伸びる脚はあるし、マイルもピッタリ。ここでも期待は大きいよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎まだ荒っぽい面はあるが能力は高い。コンスタントに34秒台の脚を使うし、器用さもある。好戦必至。
「理想的な追い切りができたよ。完成度が高く、レース上手な馬。ゲートセンスもいいし、スピードもあるからね。今の速い馬場にも十分対応できると思う」(矢作調教師)。 ◎行きたがる性格から、掛からずに自分のリズムで運べるかが鍵。
「前走は発馬が全て。全くダメージはないし、スムーズな競馬ができればあんなことはないと思う。改めて期待を」(水元調教助手)。 ◎あまり時計が速くなると苦しい印象。
「まだ真面目に走っていないと鞍上。今回も積極的な競馬をするが、最後まで集中力を切らさないで走れればマイル戦でも、と思っている」(佐藤調教助手)。 ◎前々でうまく立ち回って3着。ここも流れ一つで。
「ここまでの調教量は十分。追って味がある馬だからマイルでも問題ないと思うし、ゲートを決めて流れに乗れる競馬ができれば」(飯田騎手)。 ◎距離短縮は微妙だが、差し脚はなかなか。前走が出負け気味だったので、発馬がポイント。
「前走が安心して見ていられる勝ち方。まだ奥を感じるし、逃げにこだわる馬でもない。この相手でもどこまでやれるか楽しみ」(清水久詞調教師)。 ◎前走がかろうじての逃げ切り。その2着馬が次走4着。この相手では掲示板候補か。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。