sportsnavi

2011年4月24日(日)

11R

2011年4月24日(日) | 3回京都2日 | 15:30発走

第16回アンタレスステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「ジックリ調整してきたし、追い切りも手加減せずにやってきたが、なにぶん超が付く久々。力を認めても今回は割引が必要」(西園調教師)。 ◎実力は認めても2年半に及ぶ休養明けでは。
「この中間も順調そのもの。前走は相手が強かっただけで悲観はしていないし、ここを勝って賞金加算といきたいね」(佐藤正雄調教師)。 ◎56キロでこの相手なら上位争いに。
「いい意味でズブさが出てきている。京都は実績があるし、今回も大崩れはしないと思うよ」(松田博資調教師)。 ◎もう一押しが利かない現状では。
「この中間も休めることなくビッシリ調教を積んできた。オープン2走目で、この相手でもヒケは取らないと見ている」(笹田調教師)。 ◎まだオープンではクラス慣れが必要かも。
「乗り込んで仕上がりはいい。鉄砲は利くので、あとは単騎の逃げが打てるようなら……かな」(川合調教助手)。 ◎自分で止める面があるので、集中力が持続できるかどうか。
「前走は前が詰まる不利で馬が嫌気を出したみたい。スムーズな競馬ができれば見直せると思う」(高島調教助手)。 ◎重賞ではワンパンチ不足気味。掲示板なら。
「前走はうまく自分の形に持ち込めたからね。中央に入るとまだペース慣れが必要かもしれないが、京都は相性がいいので」(池江泰寿調教師)。 ◎ここも先手を取ってマイペースで行けるかどうか。
「色々と調教のパターンを替えて調整。その効果が実戦で生きるようなら、と思っている」(千田調教師)。 ◎久々でこの相手では。
「ここを目標に乗り込んではいるが、まだ完全に筋肉が戻り切っていないかな。ただ力はあるのでその点に期待したいね」(羽月調教師)。 ◎末一手で信頼性に欠けるが京都は走る。要注意。
「一叩きした分の上積みは見込めるが、理想はこの次辺りになるかもしれない」(矢作調教師)。 ◎ガラリ一変は望めそうにない。
「乗り込み十分で仕上がりは良好。京都は初だが、器用な馬だから心配ないし、どんな流れにも対応できると思う」(池江泰寿調教師)。 ◎京都は初コースになるが、問題はない。速い時計もあり好戦可能。
「大柄な馬で体力があるから中1週でも大丈夫。バテるタイプではないし、追って渋太い馬だからそれを生かせる形の競馬ができれば」(松田博資調教師)。 ◎前走初めてダートで連対を外す。それでも掲示板は確保しており、重賞2戦目で。
「現時点では何も不満材料はないね。ダートでは底を見せていないし、ここでもチャンスは十分あると思う」(高島調教助手)。 ◎まだ奥の深さを感じる。昇級でも侮れない。
「今週の一追いで仕上がると思う。放牧に出さず栗東でジックリ調整してきたし、得意の京都で期待したいね」(庄野調教師)。 ◎距離延長、コース替わりで見直す手。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。