2011年2月19日(土)

11R

2011年2月19日(土) | 1回東京7日 | 15:45発走

第61回ダイヤモンドステークス(GIII)

芝・左 3400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走はうまくこの馬のペースに持ち込めた。今回の距離に関しては未知だけど、東京はGIIを2戦2勝と相性がいいし、再度この馬のリズムで走れれば」(加藤敬二調教師)。 ◎一息と思われたAJCCで2着。距離は血統からOKで要注目。馬場が渋れば更に。
「ジョッキーの提言でこの条件を。折り合いに問題はないし、年齢的な衰えも見られないからね。ハンデ差を生かして頑張って欲しいね」(湯窪調教助手)。 ◎衰えはなくても上がり目は望めそうにない。
「ここまでは美浦でジックリ調整。精神面の成長が見られ、力を出せるようになったのは大きいよ。過去にオープン勝ちをしているし、昨年のこのレースで3着。力差はないからね」(清水利章調教師)。 ◎東京はとにかく堅実。あとは力関係だけ。
「前走後も順調そのもの。課題は行きたがる面があるので、前走同様、うまくなだめながら行けるようなら楽しみだよ」(畠山重則調教師)。 ◎長距離は走る。ハンデ次第では喰い込みも。
「追い切りの動きはよかったですよ。この距離は未知ですが53キロのハンデは魅力。斤量差を生かして頑張りたいですね」(武士沢騎手)。 ◎血統から距離は問題ないが、相手関係が厳しいかも。
「休み明けを2戦して状態面はアップ。馬体にも張りが出てきたし、ここにきて力も付けてきている。この相手でもどんな競馬をしてくれるか楽しみはあるね」(古賀慎明調教師)。 ◎昨年のこのレースで13着。叩き3走目だが一変までは。
「前走は出負けしたことで中途半端な競馬になってしまった。中間は牧場でも乗っていたし、いい仕上がりで臨めそうだし、距離は長いほどいいので改めて期待したいね」(菊川調教師)。 ◎前走はスタートで後手を踏み、リズムに乗れず。ステイヤーズS同様、前々で流れに乗れば侮れない。
「このレースを使うことで中間の攻馬を強化してきた。ここ2走が期待外れだが、ダービー4着からもっとやれていい馬。馬体が増えてきているのはいい傾向だし、この距離で改めて、の気持ち」(長浜調教師)。 ◎ダービー4着。その後が伸び悩み気味だが、太目が解消されていれば怖い。
「放牧明けになるけど、仕上がりはいいよ。折り合いが付く馬で長丁場は合っていそう。それに左回りもいいと思うんだ。ハンデ差を武器に頑張ってくれないかな」(宗像調教師)。 ◎ハンデ次第だが、今回はやや相手が揃った感も。
「追い切りの動き、時計ともに申し分なかったよ。長丁場は向いているし、今回も主導権を握って競馬ができれば」(石毛調教師)。 ◎軽ハンデで目黒記念2着がある。今回も流れに恵まれれば。
「前走はハミ掛かりがよすぎてしまったし、斤量の差も出た感じ。短期放牧明けになるけど、状態はキープできているし、この距離でもタメを利かせて切れ味を出せるようなら」(村山調教師)。 ◎毎回崩れずに走るが、もう一押しが利かない現状。勝ち負けまではどうか。
「状態は悪くはないんだが、如何せん芝の長距離に実績がないからね。51キロの軽ハンデを頼りにどこまでやれるかだよ」(寺井調教助手)。 ◎ダートがベストで芝では……。
「併せ馬での遅れは相手が攻め駆けする馬なので問題ないよ。2年前にこのレースでレコード勝ちしたことがあるし、ゲートを決めて流れに乗れるようなら善戦は可能だと思う」(松田国英調教師)。 ◎一昨年の覇者。近走は出遅れがネックになっているが、ゲートを決めて好位で流れに乗れば。
「今は本当に具合がいい。この距離は正直、やってみないと分からないが、血統からはこなせると見ている」(松田博資調教師)。 ◎長距離は堅実。今回は昇級初戦になるが、弥生賞4着の実績はある。相手が厳しいが善戦の余地も。
「相変わらずいい動きをしているし、状態は文句ナシ。瞬発力勝負では分が悪いけど、スタミナはある馬。2勝している東京、ハンデを生かして頑張って欲しい」(飯田雄三調教師)。 ◎相手が強いか。
「前走はペースが速すぎたよ。距離は菊花賞が示すように問題ないし、東京にも実績があるからね。改めて見直したい一戦」(中村調教師)。 ◎前走は太目もあったか。菊花賞3着の実績から絞れていれば見直し必要。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。