2011年7月24日(日)

11R

2011年7月24日(日) | 2回函館4日 | 15:25発走

第47回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 | レコードが出たレース

「今日はラスト重点の追い切り。使いつつ状態は確実に上向いている感じです。他にも逃げたい馬がいると思うけど、この馬もスタートは速いですからね。多少出しても掛かる不安はないし、今回はこの馬の持ち味である積極策からの粘り込みを、と思っています」(藤岡佑介騎手)。 ◎2度叩いて上昇ムード。洋芝は適性があり、前々で粘り込める形になれば。
「一旦美浦に戻っての再入厩になるし、既に仕上がっているので追い切りは控え目。でも調整はうまくいったので心配無いよ。函館も2走目になるし、前走と同じ52キロ。スムーズな競馬ができればここでも差はないハズ」(小島太調教師)。 ◎3着とはいえ、最速の末脚で0.1秒差。再度52キロなら可能性はある。
「先週は馬ナリだったので、今週はビシッと追い切りましたがいい動きでしたよ。今回は前走より斤量が軽くなるし、ジョッキーも2度目の騎乗になりますからね。もう一押しを期待したいですね」(梅内調教助手)。 ◎叩き2走目の上積みは見込めるが、さすがに10歳馬。一頃の勢いを望むのは酷か。
「七夕賞にも登録したが、馬場が速い中山を考えてここを目標に。状態は前走以上と言ってもいいくらいかな。故障などで出世は遅れたけど、元々期待していた馬だし、ハンデは重くなるがスッカリ手の内に入れた鞍上の騎乗だからね。力の要る洋芝も合うので楽しみ」(鮫島調教師)。 ◎51キロ、鞍上の好騎乗によるものもあったがGIIを制したのは立派。距離がどうかという点と洋芝に良績がないことが気になるが、再度早めのレースができれば。
「今回は気合を乗せるために最後まで併せる形。動き自体は悪くはないんだけど、この馬がいい頃に比べるともう一つ迫力に欠ける印象がありますね」(西谷調教助手)。 ◎取り消し後を2度叩いてジワジワだが上向き気配。得意の函館でソロソロ注意は必要か。
「負担を軽くする意味で本馬場での追い切り。でも動きはよかったからね。脚質的にうまく馬群を捌けるかどうかがポイントだが、小回りは捲りが決まりやすいからね。54キロのハンデは魅力だし、何とかいい結果を、と思っている」(相沢調教師)。 ◎昨秋の福島記念で突如の快走があるように、大駆けの怖さはあるが、既に9歳。さすがに一変までは。
「中1週で輸送もあるし、これで十分。久々を使ったこともあり、動き自体は悪くなかった。ただ、近走内容が今一つの感があるからね」(大久保洋吉調教師)。 ◎前走が休み明けでの馬体減り。それに左巧者で。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。その効果があって馬の状態・動き共にいいですよ。今回は52キロで出られるし、ハンデ差を生かして上を目指したいですね」(的場騎手)。 ◎一連の成績から特に強調材料がなく……。
「前走後は放牧に出していたが、ここを目標に調整。今回は馬に刺激を与えるためにブリンカーを装着して追い切った。道中は早めにゴーサインを出したが、最後までしっかり伸びてくれたし、久々を叩いた効果はハッキリ出ている。馬体増は成長分もあるし、距離延長はプラス。変わり身に期待したいね」(清山調教助手)。 ◎長期休養明けを一叩きしての上積みは見込めるが、ガラリ一変はどうか。実績がある点と、55キロなら全くの無視はできないが……。
「放牧明けになりますが、ここまで順調に乗り込み、走れる状態に仕上がりました。相手は揃っているけど久々は問題ないし、ある程度前で流れに乗る競馬ができれば」(窪田調教助手)。 ◎格上挑戦。芝自体は問題ないが、切れ味勝負になると分が悪そう。
「巴賞を叩いたが、年齢的なものなのか、ガラッと変わった印象はないね。着順はともかく、前走は今回に繋がる内容だったと思うし、今回は52キロでの出走だからね。その点に期待したいね」(北出調教師)。 ◎叩き2走目、52キロと条件は悪くないが、この距離は微妙に長いかも。
「元々調教では動くタイプだけど、それにしてもいい動きだったよ。前走の状態が維持できていることは間違いないね。多少ウルサイ面があるので、ゲートがポイントだけど、うまくスタートを切ってくれれば主導権を握ることも考えている。展開一つでは……」(早川調教助手)。 ◎久々の準オープンを快勝。オープンは形だけで55キロもプラス。2走ボケさえなければ。
「休み明けを一叩きしたことでだいぶ息遣いがよくなってきました。上積みはかなり見込めますよ。函館は初めてだけど、洋芝の適性はかなり高いと思うし、折り合い面の不安も無い馬。あとは脚の使いどころ一つでは……」(三浦騎手)。 ◎年齢のわりにレース数を使っておらず、8歳でも衰えはない。昨年の札幌記念で3着があり、洋芝で変わる可能性も。
「中1週なのでこれで十分。元々が叩き良化型だし、叩いて大分ピリッとしてきたことは間違い無いよ。ガラリ一変はどうかも、前進は見込めると思う」(早藤調教助手)。 ◎一叩きの効果はあるだろうが、オープン入りしてから頭打ちの状態で。
「前走後はここを目標に。今回は併せ馬でビシッと追い切ったが、もう一つ物足りなさを感じるので前日にサッとやるかも。ハンデは少し見込まれた感じもするけど、期待している馬だし、得意の距離。オープン相手でも斤量差を生かせば……と思っている」(梅田智之調教師)。 ◎格上挑戦のハンデは否めないが、54キロで出られる点は有利。
「今日は長めから外を回り、最後は気合を付ける形でしたが、いい動きでした。前走を使った反動はなく、更に上向いています。前走と同じ58キロで出られるし、他馬とのハンデ差はあるけど今のデキならチャンスは十分あると思います」(丹内騎手)。 ◎昨年の覇者。休み明けの巴賞を快勝し今回も58キロでの出走。ただ今回はハンデ戦。軽量馬に足元をすくわれなければ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。