IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年12月4日(土)

11R

2010年12月4日(土) | 5回阪神1日 | 15:45発走

第63回鳴尾記念(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「ようやくこの馬本来のデキに戻ったね。開幕週の馬場は何よりだし、重賞でどこまでやれるか、楽しみにしている」(本田調教師)。 ◎前走は鮮やかだったが、今回は昇級初戦で様子見が妥当か。
「先週速いところをやったので、今週は控え目に。前走は道中で不利があったし、スムーズな競馬ができればヒケは取らないと思うよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎ここ2走が不利続きとツキの無さがある。牡馬相手のハンデを克服できれば。
「前走後はこのレースが目標。追い切りはラスト重点だけど、これは予定通り。今回はベストの距離だし、期待は十分ありますよ」(友道調教師)。 ◎前走の末脚は見事。能力は重賞級で、ここでも好戦は必至。
「さすがにオープン相手であの距離は長かったかも。右回りは問題ないし、この条件も合うと思うので改めて見直したいね」(大久保洋吉調教師)。 ◎典型的な左巧者で、ここでは。
「ここまで手加減せずにビシビシ追い切ってきたけど、まだ余裕があるね。調教だけでは絞り切れないし、使いつつの良化を待ちたい」(橋口調教師)。 ◎長期の休み明けで今回は様子見が賢明かも。
「この中間、ハミを交換してからだいぶ行きたがる面はマシになったよ。とにかく、折り合いさえ付けばここでも好勝負は可能だからね」(村本調教助手)。 ◎もう一押しが利けば、といったレース続き。ただ、ここならチャンスは望めそうだ。
「前走後も体に柔らか味があるし、状態はキープしている。欲を言えばもう少し長い方がいいと思うけど、好位で流れに乗れれば差はないと見ている」(中川調教助手)。 ◎前走のレースで復調をアピール。流れ一つで喰い込みも。
「前走は内で包まれ脚を余す格好に。あの一戦は不完全燃焼だよ。頭数も手頃だし、外回りの1800メートルならそんなこともないだろうし、改めて期待したい」(高橋裕調教師)。 ◎ローカル重賞では健闘が目立つが、中央ではワンパンチが利かない。
「相変わらず追い切りの動きはいいね。最近は早めに来られて粘れないケースが続いているので何とも言えないけど、コースはピッタリだし、マイペースの競馬ができれば……とは思っている」(西園調教師)。 ◎この条件はピッタリ。自分のペースで行ければ残り目も。
「菊花賞は不利が大きかった。前走後は回復が早かったし、予定通りの調整ができたので状態は文句ナシ。距離・コースともに問題はないし、勝って有馬記念へ、と思ってる」(昆調教師)。 ◎菊花賞は流れと道中窮屈になる不利。この組み合わせを考えるとスムーズなら勝ち負けになっていい。
「この春は素質だけで走っていた感じ。一夏越して馬が一回り成長したし、追い切りの動きにも迫力が出てきたからね。久々になるけどいきなりから期待をしている」(清山調教助手)。 ◎ダービー5着。今回は久々、初の古馬が相手になるが、ポン駆けが利くタイプでいきなり勝負になってもいい器。
「前走後は多少順調さを欠いたが、追い切りの動きからその影響はなさそう。道中、馬込みで折り合って行けるようならやれていいと思う」(二ノ宮調教師)。 ◎昨年の覇者。この距離はベストで今回も要注目。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。