2010年10月3日(日)

11R

2010年10月3日(日) | 4回中山8日 | 15:40発走

第44回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

「前回は調教をやりすぎたので今回はセーブ気味に。夏場の疲れも見られないし、状態は維持できている。信頼性に欠ける面はあるけど、GIでペースが速くなるのはこの馬には丁度いいかもしれないね」(松永幹夫調教師)。 ◎叩いた上積みは見込めそう。あとは展開一つ。
「中2週になるけど、今回はGIということでテンからビッシリ追い切りました。時計も速かったし、動きも上々。状態はいいですよ。3歳馬ですがこの強敵相手でも、の気持ちで挑戦します」(安田隆行調教師)。 ◎前走はジョッキーの好騎乗。今回は更に相手が強化され、上位は?
「今日は少し掛かり気味になった分、早めに抜け出したが、最後は互角併入と指示通りの追い切りができた。馬場を考えればこれで十分と言えるし、デキは悪くない。あとは展開が向いてくれれば」(大久保洋吉調教師)。 ◎この距離は微妙に忙しいかも。
「中間は短期放牧に。いい状態で帰厩したよ。今週の追い切りは馬場が悪くて時計を要したが、むしろいい意味で負荷はかけられたと思う。この条件は合っているし、楽しみはあるよ」(手塚調教師)。 ◎昨年の当該レースで4着。まだ衰えは見られないが、それ以上も?
「前走は内で包まれて脚を余しての負けですから悲観はしていません。動きはいいし、昨年2着した当時と比べても見劣らない状態で臨めると思います」(鳴海調教助手)。 ◎前走は包まれる不利。57キロは歓迎でスムーズなら見直せる。
「追い切りは上々。速いところをやる必要はないし、それだけの仕上がりにあると言っていいと思う。中山の芝も確かめられたし、成長途上とはいえ、サイレントウィットネスのようになってくれればと思っている」(ファウンズ調教師)。 ◎前走が59キロを背負って最速の末脚で2着。コース問わない馬で好勝負か。
「来日後は飼い食いが落ちて体重が減りましたが、今は食いも戻って馬体は回復しています。この馬は先手を奪えばかなり渋太い粘りを発揮するタイプ。そういう形の競馬ができれば、と思っています」(マンタム助手)。 ◎2走前にグリーンバーディーを破る。久々がネックだが比較的鉄砲が利くタイプ。ゲートを決めて逃げられれば。
「先週、今週と時計は勿論、動きに関しては思っていた以上と言えるよ。牝馬とは言え、風格が出てきたし成長の跡はハッキリ。予定通りの調整ができたし、今のところ何の不安もナシ。好結果を期待したいね」(藤岡健一調教師)。 ◎2連勝と勢いがある。短距離の適性は高く、ここも有力視。
「年齢と共にズブくはなっているけど、反面、大人になってきた感じ。調整もうまくいったし、状態なら昨年勝った時よりいいくらいだよ。57キロの定量戦なら実績からも勝負になっていいしね。ハナにこだわらなくても競馬はできるので」(昆調教師)。 ◎前走は遠征帰りで久々に加え、出負け。ゲート五分なら見限れない。
「休養明けになるが、帰厩後は予定通りのメニューを消化。仕上がりは悪くないと思う。ただ、一昨年に勝った時とは中間のステップが違うし、骨折明けでいきなりGIだからね。割引が必要じゃないか」(長浜調教師)。 ◎往時の勢いを望むのは酷かも。
「追い切りの動きは良かったですよ。リフレッシュ効果も見られるしね。あとはこの馬の持ち味である末脚が生かせる展開になってくれれば」(上原調教師)。 ◎末一手。展開の助けが必要か。ただ往年の切れは鈍った感も。ゲート難も割引。
「相変わらず動きはいいね。前走は久々で少し掛かり気味になっていたし、やはり行き切った方がいいかもしれない。坂も我慢できたし、自分の形に持ち込めるようなら」(西園調教師)。 ◎坂は問題ないが、GIでは見劣るかも。
「追い切りの感じから休み明けの中では今回が一番いいかもしれない。体重も輸送で10キロくらい減れば丁度いいと思うよ。あとはスムーズな競馬ができれば、だね」(中山調教助手)。 ◎どちらかと言うと、叩き良化型。条件はいいが、久々は割引かも。
「今日は時計が速くなったが、馬にやる気が出てきたし、元気一杯。セン痛で取り消した影響はないと見ていいだろう。ケアもうまくいったし、前走時の仕上がり状態をキープ。まだ強くなる余地はあるし、ここもいい結果を期待したいね」(橋本調教助手)。 ◎取り消しの影響はなさそう。今回も57キロ、GI連覇も。
「追い切りは早めに前を交わしてしまったけど、いい動き。体も増えているしね。今回は相手が揃っているけど、今のデキなら恥ずかしくない競馬をしてくれるのでは、と思っている」(坂本調教師)。 ◎ここにきてパワーアップ歴然。ただ今回は相手が揃った感も。
「牝馬にしてはタフで、夏場の疲れもなく好調をキープ。最近は逃げられなくても我慢が利くようになっているし、流れに乗って競馬ができれば」(鈴木康弘調教師)。 ◎重賞ではもう一押しが利かない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。