2010年9月26日(日)

11R

2010年9月26日(日) | 4回中山6日 | 15:45発走

第56回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 | レコードが出たレース

「馬場が悪かったこともあると思うが、時計が物足りないな。夏場を使ってきた疲れはないが、今回は相手が揃っているし、どうだろう」(音無調教師)。 ◎叩き良化型、夏場に強い馬ということで、依然として軽視はできない存在。
「追い切りは併せた相手が動かなかったこともあり、時計は遅かったが、デキは高いレベルで安定している。昨年は4着だったが、更に上を目指したいね」(大久保洋吉調教師)。 ◎叩き3走目。今回が一番の走り頃。新潟記念2着で弾みも付いた感じ。
「前走は正直、惨敗もあるかなと思っていたくらいでしたが、内容的には悲観すべき材料は何もなかったですからね。その当時の調整過程と比べれば、今回は十分に乗り込めたし、最終追い切りも満足がいく内容でした。斤量は59キロですが、今回は期待の方が大きいですよ」(池江泰寿調教師)。 ◎59キロだとラストの詰めを欠く傾向が。ただ、相手関係から連は外すまい。
「この夏は3回使っているので、追い切りはこれで十分でしょう。地方から戻ってきてここまでやれるのは血統のなせる技。逃げなくても競馬ができるようになったのもプラスで楽しみ」(藤沢和雄調教師)。 ◎昇級初戦のオープン特別で4着。この距離は合うし、前々で流れに乗って競馬ができれば。
「休み明けになるがしっかり乗り込んできたので、仕上がりはいいですよ。昨年のこのレースで3着。今年もそれなりの結果を、と期待しています」(戸田調教師)。 ◎久々は問題ナシ。昨年のこのレースで3着。ドリームジャーニーにアタマ差まで迫った実績は評価できる。
「中間は坂路で時計エラーもあったが、その時を含めても速い追い切りを3本消化。体は仕上がっている。コーナーが4つの中山でも当時と馬が違う今なら問題ナシ。単騎で行けそうだし、行き切れば粘り強いからね。距離も血統から心配無いと思う」(西園調教師)。 ◎距離はやや長いか。コーナーが2回のコースに良績が多く、今回の中山は微妙な印象。ただ、単騎逃げなら……残り目も。
「疲れもなく状態は維持できている。ここ2走は距離が長かった感があるので、距離短縮はプラスに出ると思う。一押しを期待したい」(清水美波調教師)。 ◎ここに入るとやや格負けは否めず。
「短期放牧明けになりますが、追い切りの動きは抜群。確かに今回は相手が強くなりますが、今のデキの良さでどこまでやれるかという楽しみはありますよ」(小島良太調教助手)。 ◎3連勝と勢いがある。今のデキならここでも遜色無しと言えるかも。
「この馬のいい時に比べればもう一つ。息の入りがイマイチなんだ。ただ、2度使った分の良化は見られるけど……」(小桧山調教師)。 ◎叩いた分の良化は見られるが、末一手でよほど前がやり合わないと。
「先週の金曜日、今週の月曜とやっているので今日はセーブ気味だけどこれで十分。前走は枠順と展開が向かなくて負けたが、相変わらず元気。中山も問題ないので、今後のためにも賞金を加算しておきたいね」(松元調教師)。 ◎勝てないが大崩れもしない堅実タイプ。相手なりに走る馬でここも警戒。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。